ラインドライブプロとは?使い方は?メリットや効果は?値段や口コミや評判も


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

バッティングにおけるスイング軌道やミートポイントなどを確認するための練習には、いろいろな練習方法があって、グッズも発売されていたりします。

 

ミートポイントが音で確認できるものや、レベルに振るためのティースタンドなどもありますよね。

 

今回紹介するのは、素振り感覚でそれでいて、実際にバットにあたった際の打球の方向などが確認できるという優れモノです。

 

アメリカ生まれの練習グッズで、ラインドライブプロといいます。

 

今回はそんなラインドライブプロについて紹介していきたいと思います。

ラインドライブプロとは?その使い方は?

ラインドライブプロはアメリカ生まれのバッティング練習用のグッズで、スイング軌道の練習に適した「新感覚のスイングトレーナー日本初上陸!!」というキャッチコピーが売りの商品です。

 

カズズ
正式名称はラインドライブプロトレーナー (LINE DRIVE PRO TRAINER)です。

 

このラインドライブプロは、ベルトでバットに装着するようになっています。

 

そしてボールをセットするための台のようなものがあり、そこに硬式のテニスボールをセットするようになっています。

 

でその使用方法なんですが

使用方法は!?

  • バットの芯の部分(先端から約8~10センチぐらいの位置)にしっかり留める。
  • ミートポイントでボールがピッチャー方向へ向くように調整する。
  • 実際のバッティングをイメージしながらスイングをする。

ということになります。

そうすると、ミートポイントでテニスボールが飛び出すようになっています。

 

カズズ
使い方についてわかりやすく動画がありましたので紹介しておきます。
YouTubeのURL

ラインドライブプロを使って練習する効果やメリットは?

ラインドライブプロを使う目的はスイング軌道の確認です。

 

インサイドアウトであったりレベルスイングといった理想的なスイング軌道を体感するためのグッズです。

 

よくあるスイングの悪い癖に、ドアスイングや極端なアッパースイング、ダイコン切りと称されるようなダウンスイングがあります。

 

ですがこのラインドライブプロを使い、このようなスイングをするとドアスイングならば正面寄りに、右バッターならばレフト方向寄りに。

 

アッパースイングやダウンスイングが極端だと正面より上や下にボールが飛び出します。

 

このようにして、大切なインパクトゾーンでの自分のスイング軌道、インパクトの際のバットの角度などが視覚で確認できるのでバッティングの基本であるセンターや逆方向へライナー性の打球を打つスイングを身につけることができます。

 

また、ラインドライブプロは、通常のバットならば、硬式、軟式、ソフトボール用を問わず、たいていのバットに装着できるので、マイバットを使って実戦に近い感覚の中で、練習をすることができます。

 

そして、テニスボールを使用するため、ネット等があれば、せまい場所や室内などでもバッティング練習が可能ですし、1人でもできるのもメリットですね。

ターゲットもあるの?

また、ラインドアイブプロに関連するグッズとして、打球方向に対する意識をはっきりさせるための、ターゲットと呼ばれるものもあります。

 

こちらは100センチ×100センチの正方形の布のようなもので、ネットなどに紐でつけれるようになっています。

ラインドライブプロの価格や口コミや評判は?

ラインドライブプロは、2019年10月25日現在、Amazonでは、税込9,900円と配送手数料で販売されています。

内容はラインドライブプロ本体と使用するための硬式テニスボール3個がセットになっています。

 

アメリカ生まれらしく、カラーバリエーションも多彩で、好みの色が選べるようになっています。

 

また、ターゲットは、税込3,850円と配送手数料となっています。

カズズ
この2つを合わせて、スターターキットとして税込、配送手数料込みで12,650円で発売されているものもありました。

 

気になる使ってみての感想ですが、野球グッズ等についての情報を発信しているYoutubeのサイトでも「過去最高の打撃ギア」として紹介されています。

 

また、Amazonのアメリカでのレビューでも星4つを獲得していて、シンプルで効果的だという声が寄せられていました。

 

カズズ
ツイッターでも色々感想がよせられてました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はラインドライブプロについて見てきました。

 

確かにこれだと、自分がどういうスイング軌道でピッチャーが投げたボールに対してアプローチしているかということを知ることができます。

 

つまり、求める結果に合わせてスイングを矯正していけるわけです。

 

素振りの合間やバッティング練習の前等に、このラインドライブプロで自分のスイングを確認していくのもいいかもしれませんね。

 

実際に、アメリカでは、メジャーリーグや大学、高校などでも普段の練習や試合前のイメージトレーニングなどにも使われているようです。

 

ちょっと変わった練習グッズとして、1つ取り入れてみてもいいかもしれませんね。

 

少年野球をされているお子さんなんかは、楽しく練習できるのではないでしょうか。

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です