グリップライト ヒットライトとは?使い方は?効果やメリットは?口コミや評判や価格も!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

バッティングでは身体とバットとの唯一の接点、グリップが大切なことは、もちろんですよね。

 

バットにパワーを伝えるにしてもコントロールするにしても、グリップが起点になります。

 

では、そんなグリップですが、正しいグリップというのは案外意識されないもので、ついつい握りやすい形でバットを手にしてしまいます。

 

それが正しいかと言うと案外、そうでもないことが多いんです。

 

ピッチングやバッティングにしてもそうですが、理にかなった正しいフォームというのがあります。

 

グリップにしてもそうで、そんな正しいグリップを体感させてくれるのがこのグリップライト ヒットライト(GripRite HitRite)です。

 

今回はそんなグリップライト ヒットライトについて紹介していきたいと思います。

グリップライト ヒットライトとは?その構造や種類は?

グリップライト ヒットライトはアメリカ生まれの野球練習グッズです。

 

Riteとは、元々宗教上の儀式や習慣といった意味があるようですが、正しいグリップを習慣づけて、いつも正しくヒットしよう!といった感じなのでしょうか。

 

バットの握り方には大きく分けて、2種類あると言われています。

 

手のひらで握るパームグリップと指の付け根から指を絡ませるようにして握るフィンガーグリップです。

 

メジャーリーガーなどを見ていると、フィンガーグリップが多いように感じます。

 

もちろん、手の大きさや指の長さは人それぞれですから、どの程度のフィンガーグリップがいいかと言うのは一概には言えませんが、メジャーリーグのピッチャーの投げる強いボールに負けないようにパワーを伝えやすくて、そして動くボールに対応するためのバットコントロールを可能にするのはフィンガーグリップだということでしょうね。

 

そんなフィンガーグリップを体感させてくれるのがこのグリップライト ヒットライトです。

 

素材はラバーのようなものでできていて、グリップする位置、指を絡ませる部分が分かりやすいようにラインがあって、そして指の反対側にあたる親指の付け根に当たる部分に大きな突起があります。

 

気になる種類は、まず右バッター用と左バッター用に分かれています。

 

サイズは手の大きさに合わせてラインナップされています。

サイズは!?

  • 小学生用のSサイズ(手の付け根から約16㎝以下)
  • 中学生用のMサイズ(手の付け根から約18cm以下)
  • 高校生以上成人用のLサイズ(手の付け根から約18㎝以上)

 

3つがあります。

 

カズズ
手の小さい方などはサイズダウンしたものを選ぶのもありなのかもしれませんね。

グリップライト ヒットライトの使い方や効果・メリットは?

グリップライト ヒットライトはバットのグリップ部分に巻き付けるようにして使います。

 

あとは、手の位置を合わせてグリップしてみます。

 

握ってみるとわかりますが、最初は違和感があるようで、力が入らないような便りない感覚を覚えます。

 

しかし、2~3日ぐらい使っていくうちに、慣れてきます。

 

実際に素振りをしてみたり、あるいはティーやトスバッティングで軽打することで、身体に正しいグリップの位置と感覚を覚えさせます。

 

そしてそれが

 

結果的につながることは!?

  • 強いインパクトと巧みなバットコントロール
  • ボールに対して正しい軌道でのアプローチ
  • 上半身と下半身が連動したスイング

といった感じで結果的に手や手首の故障の防止にも繋がってきます。

グリップライト ヒットライトの値段や口コミや評判は?

そんなグリップライト ヒットライトですが、Amazonでは、2019年10月9日現在、3,880円で手に入れることができるようです。

 

カズズ
これは、右打者用、左打者用、サイズに関係ないですね。

そして気になる使ってみての感想ですが、ネットなどで、グリップライト ヒットライトを使った後にバッティングをした際の感想として

 

感想は!?

  • 実際に打ってみると手に伝わる衝撃が、フィンガーグリップの方が少ない。
  • グリップに遊び感覚があって、それがバットコントロールに繋がる。
  • ボールの上や下を叩くことが少なくなった。
  • 力を入れている感じがしないのに、打球が強くなった。

といった感想がありました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

 

今回はグリップライト ヒットライトについて見てきました。

 

日本の武道でもそうですが、型を覚えることは大切なことだと思います。

 

そして、それは最初は非常に違和感を覚えるものかもしれません。

 

確かに野球の中で道具を使った動作の中で1番本能的とも思えるボールを投げるということにしても、手の大きさもありますが、最小はボールを手全体で握ってしまいます。

 

理にかなったとはいいがたいフォームで投げてしまいますよね。

 

バッティングの際のバットの握り方・グリップも、同じで、やり易いものが正しいとは限りません。

 

そんな時、正しい感覚を体感させてくれて、身につけるにはこのようなグッズを使うのが1番近道かもしれませんね。

 

興味がある方はぜひ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です