【野球】スポンジボール練習方法や効果とは?おすすめ人気4選の口コミ評判も

野球で使うボールと言えば、硬いのは言うまでもありません。

 

硬球は勿論ですが、軟球などでもある程度の硬さがあります。

 

練習ということでテニスボールなどを使っても、室内で打ちまくることができるかと言えばそうではありません。

 

しかし、室内や家の庭などの狭いスペースでもバッティング練習をしたいという希望を叶えてくれるのが、スポンジボールです。

 

今回は、そんなライバルに差をつけることのできる野球スポンジボールについて見ていきます。

【野球】スポンジボールとは?その特徴は?

スポンジボールとは、その名の通りスポンジでできたボールのことを言います。

 

スポンジで出来ていますから、柔らかく、飛距離が出ないという特徴があります。

 

大きさは野球のボールと同じような大きさのものが基本となってきます。

【野球】スポンジボールを使った練習方法は?

スポンジボールを使った野球の練習はバッティング練習が基本となってきます。

 

バッティングのための練習と言うと素振りは、勿論大切なことですが、やはり実際にボールを打って、バットの芯でボールの芯を捉える訓練が必要となってきます。

 

グランドで行うフリーバッティングやネット等を利用してティーやトスバッティングが出来ればそれにこしたことはないかもしれませんが、狭いスペースで、場合によっては建物の中でボールを打つとなると、周りに危険や迷惑を及ぼすことになりかねません。

 

そこで、利用されるのがスポンジボールです。

 

そんなスポンジボールには、先ほども紹介したように、「遠くへ飛んでいかない、当たっても痛くない、柔らかいため何かを壊すことがない」といった特徴があり、それを利用した練習としては次のようなものが考えらえます。

 

スポンジボールを使った練習方法は!?

  • トスバッティング
  • 置きティーでのバッティング
  • 正面からピッチャーが投げてのロングティー

いずれも、室内や狭いスペースでもバッティング練習ができるのでいいですよね。

【野球】スポンジボールを使った効果やメリットは?

また、スポンジボールはいくらフルスイングをしても遠くへ飛んでいくことがないため、次のような効果が期待できます。

 

スポンジボールを使った効果は!?

  • 遠くへ飛ばそうと力を入れすぎることがない。
  • 打球の行方が気になって目が離れるのが早くなったりしない。

 

そして、狭いスペースでもできることの他にも、「ボール集めに苦労することがない。」「大きな音がしないので夜でもご近所迷惑にならない。」といったメリットもあります。

 

また、バッティング以外にも特に野球を始めたての子供などの場合、次のようなメリットも期待できます。

 

野球を始めたての子供のメリットは!?

  • 柔らかいボールなので恐怖心がない。
  • グラブでボールをしっかりと掴む感覚を身に付けることができる。
  • 正しいフォームでボールを投げることを意識することができる。

 

おすすめの野球練習用スポンジボールの価格や口コミや評判を紹介!

では、おすすめの野球の練習用スポンジボールについて、価格や口コミ、評判などを見ていきます。

 

カズズ
なお、価格等は2020年12月10日現在のAmazonでのものになります。

 

GP (ジーピー) 野球 バッティング トレーニング ボール

こちらは直径が約7センチで重さが約5グラムとなっていました。

 

色は見やすいイエローとなっています。価格の方は、12個入りのもので、1,290円となっていました。

 

やはり「室内で使っても安心。」という声があがっていました。

 

また、こちらには直径42ミリサイズのものもあります。

 

ユニックス(UNIX) ベルボール

スポンジボールの中でもユニークなのはこのベルボールです。

 

スポンジボールの中に特殊なコアが内蔵されていて、芯でジャストミートすればパチンと音が鳴ります。ボールを捉える感覚を養うのには良さそうですね。

 

3個入りや6個入りなどもあり、直径約7センチのスタンダードなサイズが12個入りで、3,380円となっていました。サイズも色も様々あり、ジュニア用も用意されています。

 

やはり「芯で当たると音がするのがいい。」という感想がありました。

 

サクライ貿易(SAKURAI) Promark(プロマーク) 野球 トレーニングボール 練習球 スポンジ ボール

Promarkのこちらの商品もサイズは約7センチでカラーはイエローなのですが、2個入りで707円という価格になっていました。

 

カズズ
約9センチのものもありました。

 

「柔らかく、打球感あり、耐久性に優れているのでバッティング練習には最適です。」

 

という風に説明されていて、「柔らかさ、サイズ、反発力が申し分ない。」という声が寄せられていました。

 

SP-E20S 少年野球家庭室内練習球 スポンジボール

SPFから発売されているこちらのスポンジボールは、20個入りで3,622円となっていました。

 

「堅めのスポンジが採用されている。」「ミート力を身に付けるために直径6センチとしている。」

 

という特徴があるようで、ロングセラー商品です。

 

使われた方の感想も「堅めだが家の室内でも問題ない。」というものでした。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は野球の練習用のスポンジボールについて見てきました。

 

一口にスポンジボールと言っても、色々な種類があり、工夫もされているようですね。

 

野球の上達に近道はないかもしれませんが、スポンジボールを使って工夫をしながら練習をすることが大切なような気がしますね。

 

ぜひ試されてみてくださいね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です