カウンタースイングのデメリット!後悔しないように購入前に知っておきたいこと

動くボールを打つための野球のスイングを修正する、正しいスイングの身につけ方といのは、色々なものがあります。

 

例えば、誰かに見てもらうとか、最近だと動画で確認するとかいうのもあるかもしれません。

 

でも、スイングというのは、実は非常に微妙な動作で、動き方、バットの軌道やタイミング、力の入れ方等が絡まって出来上がっています。

 

それらは目で見たり、言葉で伝えるのが非常に難しかったりもします。やはり自分で経験する、感じていく中で修正していき、造り上げていくのが大切なような気がします。

 

そんな、練習器具の1つがカウンタースイングですが、そのカウンタースイング購入する前に知っておきたいことも多いと思います。

 

たとえばデメリットとか、買ってから後悔するのも嫌ですが、先にデメリットを知ってしまえばそれも限りなく少なくなります。

 

今回は、そんなカウンタースイングのデメリットについて見ていきます。

カウンタースイングとは?

カズズ
まずはデメリットを紹介する前に、カウンタースイングってどんな商品なのか説明していきたいと思います。

 

カウンタースイングとは素振りで正しいスイングを身に付けるための練習グッズです。

 

作っている本家の会社はサークルワンですが、アシックスからも発売されています。

 

 

形状としては、グリップと先端がバット状で、その間にシャフトがついていて、そのシャフトにリング状の重り、ウエイトが2つついています。

 

このウエイトが動くというのがポイントになってきます。

 

野球のスイングで言うと、構えている段階では、ウエイトはグリップ側にあるのですが、トップからスイングの始動によって、遠心力によってウエイトが動き、その時にウエイトがぶつかるカチッという音がするようになっています。

 

甲子園で大活躍して、広島東洋カープに入団した中村奨成選手が愛用していたことでも有名になりました。

カズズ
カウンタースイングについて詳しく書いた記事もありますのでぜひ読んでくださいね。
エンタイトルツーベースの意味とは? エンタイトルツーベースの意味とは?

カウンタースイングを使って練習する目的、効果やメリットは?

では、このカウンタースイングを使うことでどのようなスイングを身につけることが出来るのでしょうか。

 

ポイントはトップから切り返しでの脱力や身体の捻じれと、インサイドアウトスイング軌道を体感し、自分のものにしていくということです。

 

このカウンタースイングにはウエイトが2つついているという風に紹介しましたが、目指すものはカッと音が1回だけ鳴るスイングです。

 

カチッカチッと2回鳴ってしまうのはダメなスイングということになります。

 

そして、音が鳴る位置ですが、トップからの切り返し、すなわち頭の後ろで鳴るのが正解です。

 

瞬間的な動きの中で行われるバットスイングにおいて、タイミングや身体の使い方、バット軌道というのは非常に重要な要素であるにもかかわらず、何が正解かわかりにくいものでもあります。

 

それが、カウンタースイングを使うことで、自分で工夫しながら身に付けていくことができます。1人でも練習できるというのは大きなメリットですよね。

 

音が1回しかならないスイングは、次のようなことが出来ている結果です。

  • 切り返しで脱力しながら、素早い動作ができている。
  • スイング軌道がインサイドアウトになっている。
  • 従来の最短距離でバット出していくというのではなく、ヘッドを長く動かしていくことが飛距離に繋がるという現在の理論にマッチしたスイングとなっている。
カズズ
その結果、飛距離は勿論、ボールを呼び込んで打つことができ、色々なコースやボールの種類に対応できるようになります。

カウンタースイングを使って練習する時に気をつけなければいけないこと、デメリットは?

カウンタースイングを使う際には、次のようなことに気をつけた方がいいとされています。

 

  • 音を鳴らそうとして、力任せなスイングになること。
  • ウエイトを動かすために、つきあげるようにしてバットを動かすこと。
  • 音を鳴らすことに集中しすぎて、音がなった時点でスイングを一度、とめてしまう。
  • 勿論、音が2回なればNGです。

 

また、このカウンタースイングで正しいスイングを身に付けて、試合でのパフォーマンスアップにつなげるためには、次のようなことを意識しておく必要があります。

 

MEMO

・あくまでも試合で動くボールを打つためのスイングであるということを意識しておくこと。つまり、実際に使うバットを持ち打席に立った時に、自然な動作の中で正しいスイングができるようになること。

・習得するまでには、ある程度の時間が必要になるということを覚悟して練習を続けること。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

 

今回は、カウンタースイングについて見てきました。

 

カウンタースイングは、アシックスからも販売されていて、Amazonなどの通販サイトでも手に入れることが出来ます。

確かに、仕組みや目的を理解して、正しく使うことが出来れば、かならず大きな成果をもたらしてくれるものだと思います。

 

教えてもらうことも大切ですが、自分で感じて、工夫することで身につくものは大きいですよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です