ビヨンドマックスの歴史を詳しく紹介!種類が多くてわかんねーって人に笑

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

軟式球と言えば、飛ばないイメージがあります。飛ばし方、ミートの方法についても硬式球とは違うと言われています。

 

現に、普段、硬式でハイパフォーマンスを見せている選手でも、いざ軟式球を打つとすぐには対応できなかったりもします。

 

そんな軟式球に特化し、画期的な飛距離をもたらしたバットがミズノのビヨンドマックスです。

 

今回は、そんなビヨンドマックスの歴史について見ていきます。

 

歴史の前に、あらためてビヨンドマックスについて

それでは、まず最初に何故、ビヨンドマックスについて、その特徴とともに見ていきます。

 

ビヨンドマックスの特徴は、何と言っても打球部の柔らかさです。

 

一般的な考えでいえば、硬いものの方が反発して飛びそうな気がしてしまいますが、軟式球の場合は、これが当てはまらないようです。

 

バットにボールがぶつかった瞬間、ボールは大きく変形し、そして、それが復元されながら飛んでいくわけですが、このボールの変形が大きなエネルギーロスに繋がっているというのです。

 

そこで、打球部を柔らかくし、ボールの変形によるエネルギーロスを抑えることによって、それまでにない飛距離を実現しているのが、ビヨンドマックスです。

 

カズズ
その他にもビヨンドマックスについて記事を書いているので参考にしてくださいね。
ビヨンドマックス寿命を延ばすには?劣化すると飛距離は落ちるの!? ビヨンドマックスレガシーとは?効果や発売日は?価格や口コミ評判も 【ビヨンドマックスギガキング02】特徴や効果は?種類や価格や口コミ評判も 【ビヨンドマックスメガキング2】ソフトボール用の価格や口コミ評判を紹介 ビヨンドマックスEVの特徴とは?少年用?効果や口コミや価格も紹介! 【ビヨンドマックスオーバル】少年用もある?使い方と評判や口コミも紹介!

ビヨンドマックスの歴史

それではビヨンドマックスの歴史について紹介していきたいと思います。

 

初代ビヨンドマックスの誕生

ビヨンドマックスの特徴、何故、あんなに飛ぶのかといった点について、ご紹介しましたが、そんなビヨンドマックスの誕生は2002年にまで遡ります。

 

軟式野球では、ロースコアの投手戦が多いことから、(財)全日本軟式野球連盟からの要望により「飛距離の伸びる軟式バット」というテーマでミズノが開発に乗り出しました。

 

そして、FRP本体の打球部にエーテル系発泡ポリウレタンを使用することで反発係数が8%も向上し、飛距離の大幅なアップに繋がり、ビヨンドマックスは現在に繋がる大ヒット商品となりました。

 

歴代ビヨンドマックスシリーズについて

それでは、歴代のビヨンドマックスについて見ていきます。

 

2002年初代ビヨンドマックス発売開始

反発係数8%アップ

 

2005年金属タイプのビヨンドマックス

ビヨンドマックスの金属タイプで打感アップに成功

 

2006年ビヨンドマックスオーバル

芯材を楕円形にすることで面で捉えることができ、ヒット性確立30%アップ

 

2008年ビヨンドマックスキング

素材に微細セルエラストマーを採用することで従来に比べて、反発係数が6%アップ。金属バットに較べると、何と14%も反発係数がアップ。

 

2009年ビヨンドマックスクロス

芯材をクロス構造にすることで、凸部でミートすれば、打感を感じることが出来、凹部で打てば、より確実にボールを前に飛ばせるという、楽しさ、美しさを実現。

 

2014年ビヨンドマックスメガキング

素材を従来の微細セルエラストマーから新たにレガリアPUフォームに変えることで、反発性能をさらに3.8%アップさせることに成功。また、従来に比べて約12%の軽量化に成功し、スイングスピードアップにも貢献。

 

2015年バンプ構造のメガキングⅡ

軟式ボールは2006年の規格変更でディンプルがなくなり、滑り安くなったが、それを補うために、打球部に凹凸のあるバンプ構造を採用することで、打球時のすべりによるロスをなくし、雨天時の飛距離確保にも成功。

 

2016年メガキングアドバンス メガキングアドバンスⅡ

スイートスポットを10センチ拡大することに成功し、打率のアップにも貢献。

 

2017年ビヨンドマックスメガキング

素材にフラルゴPUフォームを採用、併せてFRP製芯材を改良することで前モデルよりも4%の反発数アップを実現。2018年からの新軟式ボールにも対応するものとなっている。

 

最新ビヨンドマックス事情について

それでは、最新のビヨンドマックス事情について見ていきます。

 

ビヨンドマックスメガマックスシリーズ

ギガキング、ギガキング02、オーバル商品。飛び派のバッターの強い味方、打球の変形によるエネルギーロスを抑えたシリーズ。

 

ビヨンドマックスレガシー

従来と較べて、芯材を細くすることに成功し、その分、打球部のウレタン素材の肉厚化に成功。ギガキングⅡに較べて約7%の反発係数アップに成功

 

ビヨンドマックスギガキングジュニア ビヨンドマックスEV2

少年軟式用に特化したビヨンドマックス。

 

カズズ
ビヨンドマックスについては下記のリンクからいろいろ商品がありますので、興味がある方は、ぜひのぞかれてくださいね。

 

 

まとめ

今回は、ミズノの軟式バット、ビヨンドマックスについて見てきました。

 

やっぱり野球の醍醐味はホームランで、飛距離は永遠のテーマですよね。勿論、技術を磨く、パワーアップも大切ですが、野球は道具を使うスポーツですから、その恩恵にあずからない手はないですよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です