ビヨンドマックスEVの特徴とは?少年用?効果や口コミや価格も紹介!

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

「飛ぶ!」という言葉は、野球人にとっては、いつまでも魔法の響きがある言葉ですね。

 

そんな飛ぶバットとして、大ヒットしているのが、ミズノのビヨンドマックスシリーズです。

 

初代が発売されてから、色々なタイプのものが出ていますが、多くのビヨンドマックスが、数え切れないほどのホームランを量産してきたことだと思います。

 

そんなビヨンドマックスシリーズの中から、今回はビヨンドマックスEVについて紹介していきます。

ビヨンドマックスEVの特徴とは?効果やメリットは?

ビヨンドマックスEVとは、どんなバットなのでしょうか?そして、どのような特徴、効果メリットがあるのか見ていきます。

 

ビヨンドマックスEVは、ミズノの軟式用バットビヨンドマックスシリーズの1つです。

 

そのビヨンドマックスシリーズについて、簡単におさらいしておきますが、その最大の特徴は、ボールが当たる部分が、ウレタン等の軟らかい素材でできているということです。

 

通常、バットというと金属にしても木製にしても、硬い方が反発がよくて、よく飛んでいくようなイメージがあります。

 

勿論、これは100%間違いというわけではないのですが、特に軟式球の場合、別の要素が加わります。

 

バットに当たったボールが、変形することによって、飛距離をロスしてしまうというものです。

 

変形したボールは、元に戻ろうとすることにエネルギーをロスしたり、あるいは抵抗を受けるため、飛距離をロスする、飛距離が伸びないというものです。

 

そこで、ビヨンドマックスでは、ボールではなく、バットの打球面を柔らかくすることでボールの変形を抑え、飛距離を伸ばすことに成功したのでした。

 

その打球部には、柔らかくて、それでいて反発力のある素材が、使われています。

 

そんな、ビヨンドマックスシリーズは、初代のビヨンドマックス以来、色々なシリーズが出ています。

 

そんな中でもビヨンドマックスEVはコスパのいいモデルとして登場し、少年野球の現場などでも多く使われるようになりました。

 

子供の頃というのは、成長も早いですから、新しいバットもすぐにアンダースペックになってしまいます。

 

しかし、その時の体格や体力にあったものを使わせたいという気持ちには変わりはありません。

 

そんなことを考えると、ビヨンドマックスEVのコスパの良さは魅力的ですよね。

 

また、ビヨンドマックスシリーズは、打球部分が軟らかいため、打感の点で好みがわかれるところですが、このEVシリーズは、他のものよりも硬質な感じで、打感の方もこちらの方がいいという方も多いです。

ビヨンドマックスEVの種類!重さや長さやバランスはどんなのがある?EVって少年用?

では、具体的にビヨンドマックスEVのラインナップ等について見ていきます。

 

ビヨンドマックスEVは、現在、ジュニア用のみの販売となっています。

 

しかし、ジュニア用といっても、多くの種類が用意されていて、2020年10月12日現在、ミズノの公式オンラインショップでは、11種類が用意されています。

 

もちろん、体力に自信のない方なら大人でも使えるかもしれません。

 

長さは、一番短いもので74センチ、ついで76センチ、78センチそして80センチとなっています。

 

次に、重さですが、550グラムから580グラムぐらいまでの幅で選ぶことができます。

 

最後にバランスですが、バランスが先端よりにおかれていてヘッドの効いたスイングが可能なロングヒッター向けのトップバランスモデル、バランスを中間部分に設定した中距離打者向けのミドルバランスとがあります。

 

もちろん、中距離打者向けと言っても、飛距離の出るビヨンドマックスのことですから、他の一般的な金読バット等に較べても、長打も期待できますね。

 

あとは、振ってみての好みみたいなものも大きいのかもしれませんし、モデルや発売時期によって、カラーリングが違ってくるようですから、それも選ぶ要素に加わるかもしれませんね。

ビヨンドマックスEVの価格や口コミや評判は?

では、そんなビヨンドマックスEVですが、価格の方はどうなっているのでしょうか。

 

2020年10月12日現在のミズノの公式サイトでは、本体価格18,500円、税込み20,350円となっていました。

 

これは同じビヨンドマックスの他のシリーズに較べてリーズナブルな設定です。

 

ちなみに、この時点で最も高価なものは、成人用ですが、ビヨンドマックスギガキングシリーズの限定阪神タイガースバージョンというのが、税込み55,000円となっていました。

 

同じ少年用で比較してみても、最も高価なものは、マックスギガキングシリーズで39,600円となっていますから、EVシリーズのコスパの良さは際立ちますね。

 

また、そのビヨンドマックスEVの評判ですが、やはりその飛距離についてのものが多いです。

 

軽く振っても飛距離が出る、芯に当たるとかなり飛距離が出るといった感じです。

 

そして、その価格について、安く買えて嬉しい、子供が自分のお年玉で買った、といった風に、コスパの良さを歓迎されている声も多かったです。

 

先ほどは、基準となるメーカーの公式サイトの値段を紹介しましたが、実際にはAmazonや楽天市場、Yahooショッピングなどの通販サイトでは、さらに安く買うこともできます。

 

リンクを貼っておきますので興味がある方は、リンク先にて検討してくださいね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

 

今回はビヨンドマックスEVについて記事を書かせていただきました。

 

今は、少年野球用のみとなってしまったビヨンドマックスEVですが、子供の頃の憧れは、誰もがホームランバッターだったはずです。

 

そんな野球少年の夢を後押ししてくれるのが、ビヨンドマックスEVです。

 

少年野球をされているお子さんにぜひビヨンドマックスEVを!そして大ホームランをかっ飛ばしましょう笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です