野球心ネットとは?使い方や効果と組立方法は?価格や口コミや評判も

どうもみなさん。こんにちは。カズズです。

 

バッティングは、試合で結果を出すには、やはり実際にボールを打つことが必要になってきます。

 

しかし、普段、バッティング練習をする際には、色々と制約が出てきます。

 

そんな制約を無くすためのボールなどもあるのですが、今回、紹介するのは、バッティング練習用のネットです。

 

バッティング練習用のボール等と組み合わせることで、効果的な練習が出来る商品です。

 

それでは、そんなおすすめの野球心ネットについて見ていきます。

野球心ネットとは?特徴や使い方や組立方法は?

野球心ネットは野球心から出ているバッティング練習用のネットです。

 

野球心は元プロ野球選手でコーチとしても活躍しておられた水口栄二さんの野球教室のことですが、水口さんは、小中学生を対象に、試合で結果を出すために色々な練習方法を取り入れられています。

 

そんな中で、開発されたグッズが、今回紹介する野球心ネットであり、野球心ボール、野球心マシーンなのです。

 

野球心ネットは、トスバッティングなどで使用するバッティング練習用のネットとは違って、ドームのような形状になっています。

 

奥行き6メートル10センチ、横幅4メートル、そして高さが2メートル50センチのドーム、カマボコ型となっています。

 

それにピッチャーが投げる用のネットもあります。ネット本体とポール、ロープやペグ、それにピッチャー用のネットがセットになっていて、簡単に組み立てたり、ばらしたりできるようになっていますから、持運びも出来ます。

 

野球心ネットを使ってのバッティング練習をする際には、野球心ボールを使い、ネットの中から投げられたボールをネットの中で打つことになります。

 

つまり、このネットの中だけでバッティング練習が完結することになります。

野球心ネットを使って練習する効果やメリットは?野球心ボールや野球心マシンと一緒に使うと効果的?

野球心ボールと一緒に使ってバッティング練習をすると次のような効果が期待できます。

 

期待できる効果は!?

  • 近距離からくるボールを打つことで、ストレートに負けないようなスイングを身に付けると同時に変化球への対応力がよくなる。
  • 数多くのボールを打つことができるので、スイング力を身に付けることができる。
  • ボールを近くまで引きつけることができるようになり、選球眼がよくなる。
  • 正面からくるボールを打つことができるので、実戦に近い練習になる。

 

そして、野球心ネットには次のようなメリットがあります。

 

野球心ネットのメリットは!?

  • 狭い場所でも、室内でもバッティング練習が可能となる。
  • ボールを集める手間が必要ない。
  • 守備をする必要がないため、少人数でもバッティング練習ができる。
  • 組立、持運びが可能となるため、練習が終了したら、撤去できる。
  • 打球の行方を気にしなくなるため、フォームを固めたり、ミートに意識を集中できる。
  • 付属のピッチャー用のネットを使うことで、安全にバッティング練習ができる。

 

そして、これらの効果やメリットは、野球心ボールや野球心マシンを合わせて使うことで、効率的に手に入れることができます。

 

野球心ボールや野球心マシンは、近い距離からのバッティング練習用に開発されたボールと、それ用のバッティングマシンです。

 

カズズ
野球心ボールは別記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。
野球心ボールとは?使い方や効果は?イップスにも?価格や口コミ評判も

野球心ネットの価格や口コミ、評判は?

バッティング練習の強い味方となりそうな、野球心ネットですが、2020年9月10日現在、楽手市場では、税込み送料無料で、38,500円で購入することができるようです。

野球心ネット(野球心ボール専用)バッティング練習 正面打ち実戦練習 バッティングゲージ 持ち運び可能 バッティングレベルアップ 反応練習 野球心ボール
created by Rinker

そして、この野球心ネットは、兵庫夙川ボーイズで使われています。

 

野球心ボールとあわせて使うことで、試合で打てなかったスピードや変化に対応できるようにと、使われていますが、近い距離で練習が行われるので、指導者も修正ポイントに対して声がかけやすい、指導がしやすいというメリットもあります。

 

確かに、実際のバッティング練習では、近くから声をかけにくいといったことがありますよね。プロが使うようなゲージを使うことも難しいですしね。

 

その点この野球心ネットはそれらを補ってくれる商品ですね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は野球心ネットについて見てきました。

 

結果を出すためには、出来ることは何でもするといのは、当たり前かもしれません。

 

自分達で出来ることは、何でもするのは、もちろんですが、出来ることの範囲を広げていくことも大切ですよね。

 

そんな意味でも野球心ネットやボール、マシンを使うことで、効果が上がることが見込めますよね。

 

興味がある方はぜひ試されてみては?

野球心ネット(野球心ボール専用)バッティング練習 正面打ち実戦練習 バッティングゲージ 持ち運び可能 バッティングレベルアップ 反応練習 野球心ボール
created by Rinker

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です