リストバンドの意味と効果とは?野球やスポーツに適した素材は?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

スポーツ観戦に行った際、興奮して腕を振り上げている観客の手首に、リストバンドがあるのを見たことはありませんか?

 

あれって、何のためにつけているのか気になりますよね。

 

そういえば野球選手も、リストバンドを愛用していたりします。

 

今回は、リストバンドについて、効果や意味を調べてみました。

リストバンドを着用するスポーツは?

 

まず、リストバンドをつけている選手が多いスポーツですが、野球をはじめ、テニス、バスケットボールなどが挙げられますね。

 

テレビなどで注意深く見ていると、多くの選手がリストバンドを使用している姿が確認できます。

 

リストバンドをつけるのはどうしてでしょうか?

 

ぶろ太
オシャレのためか?

リストバンドをつける意味とその効果について!

次にリストバンドをつける意味と効果について紹介して行きたいと思います。

1.汗を拭くのに便利なため

リストバンドは、そのほとんどがタオル地のような布製です。

 

なので、汗を吸収することができるようになっています。

 

ときどき、手首のリストバンドで額などの汗を拭っている姿を見たことがありますよね。

 

試合中はわざわざタオルを出すことはできませんし、首からかけておくわけにもいきません。

 

汗が流れるままにしておくと、手が滑ってプレーに影響が出るばかりか、ラケットやバットが飛んでしまう危険もあります。

 

サッカー選手があまりリストバンドをしていないのは、手に汗をかいても問題ないからかもしれません。

2.ケガを防ぎ、手首を守るため

次に、ふいに起こるデッドボールから手首を保護するという役目も考えられます。

 

大切な手首への衝撃を少しでも和らげるためにリストバンドは役立っているんですね。

 

骨折してしまうと、ケガが治るまで休養も必要になるため、手首を保護するのは特に重要なことと思われます。

3.ファッション性の追求

リストバンドのデザインは豊富で、球団のイメージにあったものや、個性を感じられるものも出ています。

 

ファンも多くがつけているリストバンド、音楽イベントでアーティストのグッズとして売られるものもあり、ファッション性は非常に高いです。

 

リストバンドのつけ方は、片方につける人もいれば両方につける人もいますし、短いものも長いものもあるので選ぶのも楽しいですね。

 

ぶろ太
俺は片方派やわ!

 

スポーツ用品の大手メーカーからも発売されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

リストバンドの素材は?

次に、リストバンドの素材についても考えてみましょう。

 

器用な人は自分でも作れるかもしれませんね。

 

汗を拭いたりケガを防ぐ目的がある以上、レザーやビニールなどの素材は不向きです。

 

スポーツをするときのリストバンドに向いているのは、タオルにも使われるパイル地ですね。

 

水分をよく吸収しますし、洗濯にも強いです。

 

綿100パーセントの他にも、ポリエステルやアクリルを含む素材もあるので、肌触りの好みで選びましょう。

 

メーカーによっては、抗菌・防臭効果を備えているものもあるようです。

 

自分に合ったものを探して、パフォーマンス向上に役立てましょう。

 

最近は、オリジナルグッズの作成を受けてくれる業者も増えていて、好きな言葉を刺繍してもらえたり、色を選ぶところから決められたりするそうです。

 

チームの団結を強めるためにみんなで作るのもよし、自分の個性を反映させたお気に入りの一品を作ってもらうのもよし。

 

愛着の湧くものを身につけているとメンタル面にもよさそうですね。

グリーンリストバンドについて

ところで、野球選手が着用するリストバンドの中には、特別な意味を持つものもあるそうです。

 

「グリーンリストバンド」といって、売り上げの一部が環境保護活動に使われているのだとか。

 

 

2008年に始まり、2018年現在も販売されているもので、NPBオフィシャルオンラインショップや球場などで売られているようです。

 

収益金で植樹が行われ、その名も「プロ野球の森」と名付けられた森が作られていきます。

 

任意ではあるそうですが、プロ野球選手たちも決まった日に着用することになっているそう。

 

スポーツを愛すると同時に環境問題にも関心を持ち、次の世代も野球を楽しめる世界にしていきたいですよね。

 

グリーンリストバンドについてはこちらをご覧ください。

 

他にもこんなエピソードも

リストバンドの色といえば、母の日の「ピンク」もありました。

 

東京六大学野球の公式戦において、選手たちや審判がピンクのリストバンドを着用し、お母さんに感謝の気持ちを表現したそうです。

 

少年野球から始まって、野球選手には家族の協力が不可欠ですよね。

 

特に、ユニフォームの洗濯や食事作り・送迎をするお母さんの陰の支えがあってこそ、選手たちも活躍できるのでしょう。

 

リストバンドで感謝を示すとは、ユニークで素敵ですね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は、リストバンドについて記事を書かしていただきました。

 

実用品としても、おしゃれの一つとしても、活動のアピールとしても使えるリストバンド。

 

小さくて軽くても用途はさまざまで、スポーツ選手の強い味方であることでしょう。

 

何気なくはめていた方も、この機会にリストバンドの効果を見直し、今後の練習時に役立ててくださいね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です