江川事件と空白の一日とは?どんな事件だった?わかりやすくまとめます


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

みなさんは1978年に起こった江川事件をご存知でしょうか?

 

野球ファンなら知っている事件ですね。江川問題や空白の一日として知名度の高い事件です。

 

今回は江川事件についてまとめてみました。

江川事件と空白の一日とは?わかりやすくいうとどんな事件だったの?

当時、世間に名をとどろかせた野球選手「江川卓」誰もが認めるプレイヤーであった。

 

江川卓は、ほぼ全球団からスカウトがかかっていたほどの実力でした。

 

そんな江川が世間からひどくバッシングを受けることになったのが江川事件です。

 

高校時代には、阪急からの指名を拒否し「大学へ進学したい」との江川の希望で法政大学へ入学しました。

 

そして大学4回生の時にクラウンライターから指名されるも、それも拒否し、江川は浪人生活を選びます。

 

1977年に江川は「九州が遠いから」といった理由で九州球団への入団を断ります。

 

入団を断った後、江川は大学を卒業しアメリカの南カリフォルニア大学へ野球留学に行きました。

 

社会人野球チームに入団すると約2年プロ野球への入団を禁止されるので、社会人野球への登録はせずアメリカへ渡りました。

 

1978年のドラフト会議は11月22日と決定しており、クラウンライターライオンズ(後の西武ライオンズ)の交渉期限が1978年(昭和53年)11月21日で切れてしまうため、江川はドラフト対象選手として指名を待つことになります。

 

そして次のドラフト、11月22日のドラフト会議前日の21日に巨人と午前に契約を結びました。

 

翌日が1978年のドラフト会議という状況下での電撃発表。

 

いわゆる巨人の抜け駆けの契約だったのです。

 

巨人と江川選手が契約を交わす11月21日。これが「空白の一日」江川事件です。

 

巨人の言い分としては「ドラフト会議の前日は自由の身なのでドラフト外選手としての契約であるため、この契約は可能である」ということなのです。

 

そして、巨人は江川事件が起こった当時はドラフト対象になる人物は、日本の中学・高校・大学に在学している人。

 

だったので、当時の江川は大学卒業を果たし、浪人生活を送っていたのでドラフト外である、と主張しました。

 

江川選手の電撃の契約に世間は驚きの声やバッシングの声の嵐でした。

 

ですが、その後にセ・リーグ会長が巨人との契約は無効であると告げました。

 

カズズ
日本のプロ野球リーグの一つ。かつてはCBLという略称が使用されていた。

 

 

【ドラフト会議】

→ドラフト会議とは、日本野球機構が開催している新人選手獲得のための会議。

正式名称は新人選手選択会議。毎年10月に開催される。

 

江川選手3度目のドラフト会議

この年のドラフトでは指名が多数あった場合、抽選をするという方式に変更されていました。

 

このドラフトを巨人はボイコットして反発しました。

 

巨人不在の中、巨人抜きの11球団で前代未聞のドラフト会議が開かれることになりました。

 

この年から採用された方法(複数の球団から指名が来た場合は抽選を行うというもの)で

 

南海ホークス、近鉄バファローズ、ロッテオリオンズ、阪神タイガースの4球団から江川選手は1位指名を獲得。

 

4球団からの抽選で見事、阪神タイガースが江川との交渉権を獲得しました。

 

当時のプロ野球コミッショナーの金子は改めて「巨人との契約は無効、江川選手の阪神との契約を確定する」と発表します。

 

それに対して巨人は「江川選手との契約は正当なものである」と主張。

 

日本野球機構の金子コミッショナーへ訴えました。

 

巨人のオーナーである「正力亨」は「江川選手との契約を認めないのであれば、巨人はセ・リーグを脱退する」「ドラフト制度に左右されることのない新リーグを制作する」と公言し、世間を騒がせました。

 

ドラフト制度は、選手が自分の好きな球団を選べないため憲法の「職業選択の自由」に反しているのではないか?

 

という議論が国会でも議題にのぼりました。

 

(後に選手が球団を選ぶことができる逆指名制度やFA制度を導入する)

 

騒動がありましたが、結果、江川選手の巨人への入団は認められず、阪神の交渉権獲得が確定されました。

 

ここで丸く収まったと思っていた矢先

 

11月22日の野球実行委員会で金子コミッショナーはある要望を提示します。

 

「江川選手は阪神と一度契約後、巨人にトレードさせる形で解決する」と。

 

誰も予想していなかった結果に、世間は大騒ぎ。前代未聞の事件となりました。

 

今後のプロ野球に支障が出ることを恐れ、問題を解決しようと考えていました。

 

巨人がリーグから脱退することは野球界にとって大きな問題であったと思われます。

 

※【トレード】

→チームがお互いの所属選手の交換を行うこと。(保有権の交換)

江川事件の犠牲者?小林繁

1979年1月31日に巨人と阪神は江川と小林の交換トレードを発表します。

 

結果、阪神は金子コミッショナーからの要望を受け入れることになったのです。

 

江川選手とトレードする選手として選ばれたのが「小林繁」でした。

 

このトレードによって江川は開幕日の4月7日に巨人へ入団します。

 

当時、エースであった小林と交換することで、江川事件は終わりを告げます。

 

ですがこのトレードが違反だと知りながら提示した金子コミッショナーへ指摘が入ります。

 

数回の指摘により、この要望を撤回、交換トレードではなく交換選手無しで小林繁選手は阪神へ移籍という形になりました。

 

「金銭トレードで江川選手の契約金を巨人が支払うことによって解決」

 

という結果に。

 

阪神は最初はこの案に反対していましたが、事態の悪化を防ぐためにこの提案に従いました。

 

前代未聞の事件であり、前例がなく急な展開だったためマスコミや世間は騒ぎ、ファンからは避難の声が多く届きました。

 

メディアでは江川の批判が強まる中、小林は悲劇のヒーローとして名を広めました。

 

江川と小林の初の直接対決は1980年8月16日に実現。結果5対3で巨人が勝利。江川が完投。

 

小林繁選手は完全に江川事件の被害者、犠牲者であるといえます。

 

江川選手と小林選手は大人の事情に挟まれ野球界に人生を左右された二人です。

 

※【金子コミッショナー】

→金子鋭(かねこ とし)1900年3月17日誕生。

日本の銀行家、第六代プロ野球コミッショナー。

江川事件のキーパーソンの二人

江川卓(えがわ すぐる)

1955年5月25日に福島県いわき市に誕生。

元プロ野球選手(投手/右投右打)現在は野球解説者として活躍。

1980年代のセ・リーグを代表するエース。

身長183㎝/体重90㎏

 

 

大学時代は法政大学のエースとして、1年目から活躍。通算47勝。

 

高校在学中からエースとして活躍し、完全試合2回やノーヒットノーラン9回など

 

数々の優秀な記録を残している。

 

6月1日に一軍選手登録をされ、6月2日の阪神戦で初登板。

 

小林繁(こばやし しげる)

1952年11月14日に鳥取県東伯郡赤碕町に誕生。

元プロ野球選手(投手)1971年にプロ入り。

身長178㎝/体重68㎏

2010年1月17日に死去。(享年57歳)

 

 

1973年~1978年の間読売ジャイアンツに所属。1979年~1983年の間阪神タイガースに所属。

 

読売ジャイアンツから阪神タイガースへとトレード移籍。

 

移籍した年の対巨人戦では、8勝負けなしという成績を収めた。

 

引退後はプロ野球コーチとして活躍。(近鉄バファローズ、大阪近鉄バファローズ、SKワイバーンズ、北海道日本ハムファイターズ)

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は江川事件と空白の一日について記事を書かしていただきました。

 

今の時代とは違う昔の野球界においての事件。

 

過去の野球の歴史は様々な出来事や事件が起こっていたんですね。

 

つくづく野球の世界は奥深く興味深いですね。

 

だから楽しんでしょうけど。

 

プロ野球の世界はグラウンド内だけでなくグラウンド外でも、とても影響力があることがわかりましたね。

 

次はどんな事件が起こるんでしょうか?

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です