クリーンヒットの意味とは?野球の意味やクリティカルヒットとの違いも紹介

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

野球の用語の中でも、野球以外でも使われる言葉があります。

 

どちらが先かはわかりませんが、そんな言葉に1つにクリーンヒットというのがありますよね。

 

野球でもそれ以外でもよく耳にする言葉ですね。

 

今回は、そんなクリーンヒットについて紹介していきたいと思います。

クリーンヒットの野球以外の意味は?

まずは、野球以外の普段の生活のなかで使われるクリーンヒットという言葉について見ていきます。

 

クリーンヒットとは、とてもポジティブな意味に使われている言葉です。

 

何かがうまくいったとか、出来がよかったという時に、その出来事や商品などを表現する言葉です。

野球でのクリーンヒットの意味とは?

では、野球でのクリーンヒットとはどういうものを言うのでしょうか?

 

まずは、クリーンヒットでないヒットとはどういったものを指すのかということから見ていきます。

 

クリーンヒットでないヒットはジャストミートした、それほどいい当たりでなかったヒットのことを指します。

 

代表的なものとしては、野手と野手の間にフライが落ちるポテンヒット、テキサスリーガーズヒットがあります。

 

また、内野ゴロでも当たりが悪かったり、あるいは野手と野手の間に転がっていったといった転がったところがよくてバッタランナーの方が先にファーストベースに到着したケースなどがあります。

 

どれもいい当たりではない、むしろ当たりが悪かった、弱かったがためにヒットになったようなものです。

 

これらはクリーンヒットではないです。

 

ですから、クリーンヒットはこれ以外のヒット、つまり「いい当たり」のヒットということになります。

 

バッターがナイススイングをして、強い打球を打つことができ、そしてそれがヒットになれば、クリーンヒットです。

 

また、たとえ、いい当たりでも野手の正面をついたりしてヒットにならなければ、勿論、クリーンヒットではありません。

 

クリーンヒットとは、いいスイングをしていい当たりが打てたというプロセスと、そしてそれがヒットになったという結果が合わさって、誕生するものです。

クリーンヒットの類義語のクリティカルヒットってどんな意味?違いは?

}9— 安堂ふきん (@hukinshin_rona) December 6, 2018

クリーンヒットと似た言葉としてクリティカルヒットというものがあります。

 

クリティカルヒットとは、コンピューターゲームなどの世界で用いられることが多い言葉です。

 

意味としては、確率は低いけれども、相手に大きな、そして決定的なダメージを与えることができた攻撃のことを指す言葉です。

 

このような攻撃があることで、力の差があっても相手を倒すことができるという緊張感やスリルが生まれます。

 

ゲームの世界から派生して、相手に対して決定的なダメージを与えることができる言葉やモノ、出来事を意味する言葉として使われます。

 

クリーンヒットと比較すると、どちらかと言うと、クリティカルヒットの方が確率が低い、めったに現れないものになります。

野球以外でのクリーンヒットの使い方の例は?

では、実際にはクリーンヒットは野球以外ではどんな場面で使われるのでしょうか。

 

カズズ
想像通り、あるいはそれ以上にいい結果を残した場合につかわれるのですが、いくつかの例を合わせて紹介しておきます。

 

商品やサービス、企画

次のような使われ方をします。

 

「今回、新販売された、あの〇〇は発売以来、累計〇万個を売り上げるクリーンヒットとなった。」

 

「来月から始めることがきまった、新しいサービスは、多くのお客さんに喜んでいただけるクリーンヒットとなるような気がします。」

 

「〇〇さんが考えた今回の企画は、クリーンヒットだったね。」

 

映画等の興行

映画や舞台などの興行の世界では、支持された、観客動員数が多かった場合に使われます。

 

「〇〇は、上映開始以来、〇〇万人の観客動員を記録するクリーンヒットとなった。」

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はクリーンヒットについて見てきました。

 

野球の世界でのクリーンヒットのところで説明しましたが、どちらも努力、プロセスとそれに結果が伴ったものを指します。

 

偶発的にいい結果が出ても、それはクリーンヒットではありません。

 

やはり、野球でもクリーンヒットを目指して、練習をし、打席に入りたいものですよね。勿論、野球以外でもそうです。

 

できれば、何度も何度もクリーンヒットを重ねていきたいですよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です