ビールかけの由来とは?本物?やり方は?本数や費用は?未成年は参加できる?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

プロ野球で優勝が決まった瞬間に喜びを表現するものと言えば、何を思い出しますか?

 

やはり「胴上げ」ではないでしょうか?

 

そして、優勝が決まった瞬間ではないですが、胴上げの後に行われる「ビールかけ」もやっぱり恒例のものですよね。

 

大人が集まって、ビールをかけあって喜ぶ、はしゃいでいる姿というのは、なんだか心が躍るものでもありますよね。

 

今回は、そんな「ビールかけ」について紹介していきたいと思います。

ビールかけとは?由来は?いつ頃から始まったの?

ビールかけはプロ野球のチームが優勝の時に行う恒例行事です。

 

MLBを始めとする海外のスポーツでは、優勝チームや選手がシャンパンをかけ合って喜びをわかちあう、いわゆるシャンパンファイト」と呼ばれる習慣がありました。

 

F1レースなどでも、表彰台でシャンパンファイトが行われたりもしますよね。日本では、そのような風習はなく、せいぜいビールなどで乾杯をする程度だったようです。

 

そんな中、ビールかけが始まったとされる時期については、2つの説があります。

 

1つは、1959年に、南海ホークス、今の福岡ソフトバンクホークスがリーグ優勝を決めた時だというものと、もう1つが同じく南海ホークスが1959年に読売ジャイアンツを破って日本一となった時だというものです。

 

どちらも場所は、当時、ホークスが宿舎として使っていた東京都中野区の「中野ホテル」というところのようです。

 

そして、ここで行われた祝勝会の際に、当時ホークスにいたカールトン半田という選手が、シャンパンファイトの風習をまねて、エースの杉浦忠投手をはじめチームメイトにビールをかけてまわったのが最初だとされています。

 

半田選手は、ハワイ生まれの日系二世でマイナーリーグ時代にシャンパンファイトの経験があり、「せっかく優勝したのに、乾杯だけでは勿体ない!」ということでやってしまったようです。

 

ちなみにこの時、祝勝会が行われていたのは畳の部屋だったらしくて、宿舎の方からめちゃくちゃ怒られたという風に、参加していたノムさんこと野村克也さんは当時を思い出して語られています。

ビールかけはどこでやるの?ビールは本物?そのやり方、本数や費用は?

最初は、宿舎の畳の間でやってひんしゅくを買ってしまったビールかけですが、今は当然のこととして、前もってビールかけ用の会場が用意されるようになりました。

 

例えば、宿舎のガーデン等の屋外や球場の駐車場などが使われることが多いようです。

 

また、球場で行われることあったようで、1979年に初めてリーグ優勝を果たした近鉄バファローズの当時の本拠地の1つだった日生球場、1991年の広島東洋カープの広島市民球場、2015年の東京ヤクルトスワローズの神宮球場では、ファンが見守る中行われたそうです。

 

また、ビールかけに使われるビールは、果たして本物なのだとうかという疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、あれはれっきとした本物のビールのようです。

 

瓶ビールの口を手でふたをして泡立ててから、勢いよく周りにかけたり、頭からそのまま、かけたりといった感じで行われていますよね。ゴーグルをして参加する選手の姿も見かけますよね。

 

そして、だいたい一度のビールかけで、3,000本から6,000本ぐらいの瓶ビールが用意されると言われています。

 

そうなると費用の方も気になるところですが、多くの場合は、メーカーの方から、広告宣伝やラベルや瓶の不備などで不良品とされたものの処分として提供されるようです。

ビールかけは未成年も参加できるの?掃除とかって大変そう?!

ビールと聞くと、未成年も参加できるのだろうかという風に思ってしまいますが、飲むのでなければ問題はないようです。

 

清原和博選手や桑田真澄選手、坂本勇人選手なども未成年でビールかけに参加していたようです。

 

ただ球団によっては、未成年の参加を認めなった例もあるようで、2012年日本ハムの近藤健介選手や2018年広島カープのアドゥワ誠選手、高橋昂也選手などは参加していないようです。

 

ビールかけは、一種のお祭りですが、やはり祭りの後の始末は、大変なようです。

 

当然、清掃等しなければいけなくなるのですが、中には、ビールを排水として流すことができなくて、バキュームカーを用意したケースもあったようです。

 

カズズ
また、以前にダイエーホークスが優勝した際には、親会社が食品を扱うスーパーということで実施されなかったようですね。

 

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はビールかけについて見て来ました。まあ、確かに実際の飲み物ですから、「粗末に扱っている」だとか色々な意見はあるかもしれませんが、たまにはこんなお祭り騒ぎを見るのは悪くないような気がします。

 

そして、それがご贔屓のチームならばなおさらで、自分ではできないですし参加することはできないですが、一緒に喜ぶことができますよね。

 

そういえば、最近行われるようになったサヨナラゲームなどの時に、ペットボトルのミネラルウォーターをかけるシーンもお馴染みのものとなりましたよね。

 

あれも同じようなものですよね。選手達にとっては、ビールかけの瞬間は、何ものにも代えがたいもののようですね。2020年シーズンは、どこのチームのビールかけを見ることができるのでしょうね。

 

ビアジョッキメガネ【おもしろメガネ おもしろサングラス パーティーグッズ 面白メガネ ビールかけ 祝勝会 お花見 余興 おもしろグッズ】定形外発送可 1p350円 マジックナイト EL320930
created by Rinker

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です