タイカップ(フレア)バットグリップとは?効果やメリットや巻き方は?おすすめ人気3選も

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

バットにも色々な種類がありますよね。

 

木製や金属といった材質の他にも長さや重さや形にも色々なものがあります。

 

そして、細かい部分にも色々な仕様のものがあったりします。

 

バットの先端がくり抜いてあるものもそうですし、グリップもそうです。

 

中でもグリップエンドに向かってスソがひろがっていっているようなものを見かけられたことがあると思います。

 

タイカップ型と言ったり、フレア型といったりします。

 

今回は、そんなタイカップ(フレア)バットグリップについて紹介していきたいと思います。

タイカップ(フレア)バットグリップとは?その特徴や他のグリップエンドのタイプについて!

タイカップ(フレア)バットグリップとは、グリップエンドの形状をタイカップ(フレア)型にするために使うものです。

 

公式戦では使えなかったりもしますが、これをつけるだけで、バットをアレンジすることができます。

 

タイカップとは、大リーグで大活躍した強打者の名前で、彼がこの形のバットを愛用していたことから、この名前がつけられました。

 

グリップエンドには、他にもストレートタイプといったものがあり、そちらの方が一般的かもしれません。

 

グリップ部分がストレートになっていてグリップエンドとの間に段差があるものです。

タイカップ(フレア)バットグリップの効果やメリットは?

タイカップ(フレア)バットグリップは装着するだけで、ストレートグリップのバットをタイカップ(フレア)型に変えることができます。

 

以前は、タイカップ型はどちらかというとミートを重視するバッターに愛用されていましたが、最近では長距離打者にも使われています。

 

例えば、北海道日本ハムファイターズの中田翔選手などがそうです。

 

バットのグリップエンドを余すことなく握るのですが、それによって、利き手と反対側の手の小指に余計な力が入らないようになります。

 

そして、それが利き手のパワーを最大限発揮できるようにしてくれるそうです。

 

昔は右バッターならば左手、左バッターならば右手といった利き手と反対の手をメインにしてスイングを行っていたのが、最近では利き手の押し込むようにして打つという風にバッティングに対する考え方に変化が出てきたことがその背景にあります。

巻き方は?

タイカップバットグリップは、グリップエンド部分に挟み込んだり、はめ込むことようにして装着します。

 

製品によっては、その上からグリップテープを巻きつけていくことになります。

 

カズズ
巻き方については詳しい動画がありましたので紹介しておきますね。
YouTubeのURL

タイカップ(フレア)バットグリップのおすすめ人気3選を紹介!価格や口コミ評判は?

それでは、タイカップ(フレア)バットグリップのおすすめの商品について見ていきます。

 

カズズ
なお、価格等は2020年4月20日現在のものです。

 

ZETT(ゼット) 野球 バット用 グリップエンドゴムアール BTX15

まずは、ゼットの製品です。

 

グリップエンドの部分に挟み込むようにして使用するものになります。

 

ゴムで出来ていて、両面テープでグリップに取り付けて、その上からグリップテープを巻いていくことになります。

 

価格の方は、495円となっていました。

 

Amazonのカスタマーレビューでは、50%の方が星5つをつけられていて、そして17%の方が星4つをつけておられましたから、満足度は高いようです。

 

「バットとグリップの間に隙間がなくなっていい。」「使い安くなった。」といった声がありました。

 

なお、グリップに挟み込むようにして使うため、バットの径によっては隙間が開くそうですが、その上からグリップテープを巻いていけば問題ないという意見が寄せられていました。

SSK エスエスケイ バットアクセサリー フレアゴム BATTL 

次は、SSKのフレアゴムBATTLです。

 

こちらも、先ほど紹介したゼットのものと同じような製品です。

 

上からグリップテープを巻いて使います。

 

そして少し小さめのMサイズ、BATTMという製品も用意されています。

 

価格の方は、610円となっていました。

 

Amazonのカスタマーレビューでは、平均で星4.4、星5つが54%という高評価となっていました。

 

「柔らかくてフィット感がある。」「グリップエンドの段差が無くなった。」「振り抜きがよくなった。」といった声がありました。

Grip-N-Rip グリップリップ

次は、少し特殊な形状のものとなります。

 

グリップNリップはグリップエンドにはめ込むようにして使います。

 

ゴムで出来ていて、少しひろげながらグリップエンドから被せていくようにします。

 

一般的なフレア型と違って、指を絡ませるための溝のようなものがあります。

 

その効果もあってグリップ力が向上するようです。形やカラーリングの方も色々なものがあります。

 

価格の方は935円と送料という風になっています。

 

カスタマーレビューでは平均で星4.5、星5つが74%という風になっていました。実際に使われた方の感想として、「握りやすくなった。」「打球に伸びが出てきた。」といった声がありました。

 

カズズ
グリップリップについては別記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。
グリップリップとは?付け方や外し方や効果は?少年野球でも使える?口コミ評判も

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

タイカップ(フレア)グリップについて見てきました。

 

手の形や左右の力加減など人それぞれですから打ちやすいバットの形というのも違ってきます。

 

でも、バットの形を変えることはできませんから、こんなグッズで好みのバットにアレンジしていくのもいいですよね。

 

興味がある方は試されてみては?

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です