ミズノ野球スパイクの特徴とラインナップを紹介!価格や口コミや評判は?

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

色々なスポーツでそれぞれの特性に応じたシューズが使われています。

 

最近だとマラソンではナイキの厚底シューズの登場によって、大きくタイムが縮まったりしたように、競技におけるシューズの役割というものは大きなものがあります。

 

野球で高いパフォーマンスを発揮するためには、スパイクはなくてはならないものです。

 

もちろん、怪我や故障の予防にもなります。

 

そんな訳で、今回はミズノ野球スパイクについて見ていきます。

 

カズズ
ミズノ野球スパイクには、色々なグレードがありますが、それぞれ紹介していきたいと思います。

ミズノ野球スパイクとは?特徴や効果やメリットは?金具スパイクとポイントスパイクがあるの?

野球のスパイクは色々なメーカーから出ています。

 

もちろん、野球用品と言えば、必ず名前が出てくるミズノからも発売されています。

 

野球スパイクは、土や芝の上で行う野球ではなくてはならないもので、底の部分に金属や樹脂による突起、ポイント、スパイクがついています。

 

野球で必要な動きということになると、ダッシュしたり、ストップしたり急に向きを変えたりといったことになります。

 

これらは、比較的似た環境で行われるサッカーも同じことかもしれませんが、野球の場合は、バッティングやピッチングの際の動きにも対応することが求められます。

 

野球スパイクには、金属スパイクとポイントスパイクがありますが、グリップ力では金属製の方が優れているため多くのプレーヤーに使われていますが、近年はポイントスパイクの性能も上がってきていますし、ポイントスパイクの方が疲れにくい、足腰に優しいといった特徴があります。

 

そして、金属の中にも、スパイクが固定されているものと、交換できるものとがあります。

 

交換できるタイプのメリットとしては、自分のタイミングで金具だけを交換できることをあげることができます。

 

また、固定式タイプについてですが、金具がすり減ってくるころには、甲の部分、アッパーもダメージを受けていることが考えられるという意味では、合理的とも言えます。

 

その甲の部分ですが、カンガルーといった高級天然皮革から合成皮革、合成繊維のものなど、色々とあるようです。

 

また、形状としては、通常、よく見られるローカット、それにくるぶしの上のほうまであるハイカット、それにその中間のミドルカットと呼ばれるものがあります。

 

最も動き安いのがローカットですが怪我や故障の危険性が高まります。

 

ハイカットは怪我や故障の防止に役立ちますが、動きづらさや重さが気になる人もいます。

 

ミドルカットは、ちょうど両者の中間のような位置づけとなっています。

 

野球用品のトップブランドのミズノのスパイクは、スパイクに求められる基本的な条件を満たしていることは勿論ですが、日本人が高いパフォーマンスを発揮するためのスパイクを製作してくれています。

 

高いパフォーマンスを発揮できて、疲れにくい、故障や怪我もしにくさを追求したものとなっているのですが、ミズノスパイクの場合、「フィッティング」「軽量」「丈夫」という3つの点にポイントが置かれています。

 

そして、PSシリーズは、打撃力向上のために、「フラットに立てる安定感」「踏み込み時に足ががっちり止まるグリップ力」「フォロースルー時には自然な回転をアシスト」といった特徴が。

 

QSシリーズは「プレーにキレを求めるあなたに」ということで、「地面が蹴りやすく、あと一歩が届くグリップ性」「足と一体化し、体の一部のように感じるフィット性」「さまざまな動きに対応するための柔軟性」といった特徴があります。

ミズノ野球スパイクのラインアップと価格や口コミや評判は?少年野球用や高校野球用は?

では具体的にミズノ野球スパイクのラインナップについて見ていきたいと思います。

 

カズズ
なお価格は2020年4月17日現在の公式サイトを参考にしています。またAmazonのリンクも貼っておきます、購入の際は、リンク先の商品の方が安い場合ありますので確認してくださいね。

 

ミズノプロ

言わずとしれたミズノのトップブランド、ミズノプロシリーズのものです。

 

ミズノプロQSというモデルとミズノプロPS2、ミズノプロPS1というモデルがありました。

 

例えば、このうちQSについては、「天然皮革のカンガルーレザーを採用。足になじむ柔らかさで、動的フィッティングを象徴するモデル。」という風に紹介されています。

 

カラーはQSがホワイトとブラック、PS1,2がブラックという構成になっています。

 

価格ですがミズノプロはミズノの中でも最高位に位置するものですから、価格もそれに見合うようになっています。

 

価格は!?

  • ミズノプロQS 26,400円
  • ミズノプロPS2、ミズノプロPS1 23,100円

 

カズズ
高校野球対応と言った商品も、たくさんありましたのでリンク先から確認してくださいね。

 

グローバルエリート

コストパフォーマンスの良さで人気のグローバルエリートシリーズですが、スパイクは14のモデルがラインナップされています。

 

それぞれにPSやQSに見られる要素も組込まれています。

 

また、GEトライブ TPUというモデルは、「刺さるグリップ力。足の負担を軽減するポイントソールとクッション性。」という風に紹介されている通り、金属ではなく合成樹脂のポイントがついています。

 

カラーはミズノプロと同じで、ブラックとホワイトが基本になるのですが、GEキャンバーPSというモデルには、ホワイト×ネイビーやホワイト×レッドと言ったモデルがあります。

 

グローバルエリートについては、10,450円から22,000円という価格帯になっています。

 

カズズ
こちらも高校野球対応と言った商品も、たくさんありましたのでリンク先から確認してくださいね。

 

プライムバディー

プライムバディーシリーズには、プライムバディーWTとプライムバディーの2種類があります。

 

どちらにも「はじめてでも思い通りの動きに近づけるやわらかさ。」というコピーがありました。

 

WTはホワイト、プライムバディーには、ブラック×ブラック、ホワイト×ネイビーそしてホワイト×レッドといったカラーがあります。

 

価格は!?

  • プライムバディーWT ¥9,350
  • プライムバディー ¥8,800

 

カズズ
こちらも高校野球対応と言った商品も、たくさんありましたのでリンク先から確認してくださいね。

 

ネクストクロス

ネクストクロスシリーズには、ネクストクロスCQとネクストクロスCQ MIDの2種類があるのですが、「持続するグリップ力。」という説明がありました。

 

硬いステンレス材を溶接することで耐摩耗性がアップしているようです。

 

カラーは色違いのランバードのラインが入っています。

 

価格は!?

  • ネクストクロスCQ ¥9,790
  • ネクストクロスCQ MID ¥10,890

 

カズズ
チームカラーに合わせて履きたいですね。
MIZUNO(ミズノ)ネクストクロス CQ(11GM1662)(野球/ベースボール/スパイク/合成底/金具埋め込み式/一般用)
created by Rinker

 

ドミナント

ドミナントには、「突き刺さるグリップ性と負担軽減のクッション性でプレーを快適に。」という説明がありました。

 

ベルトがあるものと、紐だけのものがあります。

 

足に優しいモデルとなっているようですね。

 

価格は!?

  • ミズノドミナントTPU BLT ¥9,900
  • ミズノドミナントTPU ¥9,900

 

カズズ
見た感じもほぼスニーカーなので草野球や普段使いもできそうで、値段もお手頃なのでいい感じですね。
【あす楽対応】ミズノ 野球 3本ベルトスパイク スタッド底スパイク ベルクロ ミズノドミナントTPU 11GP1920
created by Rinker

 

ウエーブセレクトナイン

こちらも、紐タイプに加えてベルトタイプの追加されました。

 

「次の自分へ加速せよ。グリップ性とクッション性が向上。」という風に説明されています。

 

やはり今はベルトタイプも人気がありますね。

 

結構、色々なカラーバリエーションがあるようで、ブラック×ブラックやブラック×ホワイト、ホワイト×ネイビーといった定番的なものの他にホワイト×ネイビー×ゴールドといったものもあります。

 

価格は!?

  • ウエーブセレクトナイン ¥6,600
  • ウエーブセレクトナインBLT ¥7,590

 

カズズ
カラーバリエーションも豊富なのでチームカラーに合わせられやすそうですね。

 

ウエーブセレクトナインジュニア

こちらはウエーブナインセレクトのジュニア用です。

 

ゴム紐×ベルトによってフィット性を向上させているようです。サイズの方も18センチからあります。

 

ウエーブセレクトナインジュニア ¥6,050

【ミズノ】 少年用 ポイントスパイク 野球スパイク ウエーブセレクトナイン ジュニア キッズ 子ども 3E相当 ※Pカバー加工不可 11GP1925
created by Rinker

 

セレクトナイン

こちらの商品は、21センチから30センチまでと幅広いサイズがあります。

 

「一歩でも早く」ということでニューソールが搭載されています。

 

セレクトナイン ¥6,600

 

セレクトナインジュニア

こちらは、ベルトのみのモデルとなっています。

 

そういえば、小さい頃はわりかし、靴紐がちゃんと結べなかったりもしますもんね。

 

ミズノスパイクのラインナップについて見てきましたが、ちゃんとジュニア用も用意されていました。

 

小さくてもミズノはミズノの存在感がありますよね。

 

そしてもちろん、高校野球にも対応しているものもあります。

 

今までのブラックのものに加えて、2020年春からは熱中症対策でホワイトも解禁になったようですから、選択肢が広がりますよね。

 

セレクトナインジュニア ¥6,050

 

口コミや評判ですが

 

ミズノスパイクについては、やはりそのパフォーマンスの良さや履き安さに対して高評価が集まっていました。

 

おもな口コミや評判は!?

  • 履きやすい
  • 軽い
  • フィット感抜群
  • 耐久性が高い

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はミズノスパイクについて見てきました。

 

さすがミズノといった内容のラインアップになっていましたね。

 

グラブもそうですが、スパイクの手入れなどもいいプレーヤーになるためには欠かすことのできないもののような気がします。

 

一流選手などのエピソードを聞いてみても、スパイクの手入れも自分できっちりとする話なども聞くことができますよね。

 

ミズノ野球スパイクと、そんな自分を手に入れてみませんか?

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です