インサイドアウトバットとは?使い方や効果は?価格や口コミや評判も

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

身体の近くから巻き付くようにしてバットが出てくる、そして押し込むようにして強い打球を打つというのは、バッティングの理想ですよね。

 

指導される際にも、よく「バットが外から出てきている。」「ドアスイングになっている。」といったことを指摘されているシーンを見かけますよね。

 

しかし、分かっていてもなかなか矯正できない、できたとしても身につかない、長続きしないというのが現実です。

 

やはり、感覚的に理解していく、そして楽しみながら練習を継続していけるというのが、ナイスバッティングへの近道のような気がします。

 

その手助けをしてくれそうなのが、フィールドフォースから出ている、その名も「インサイドアウトバット」です。

 

今回は、そんなインサイドアウトバットについて紹介していきたいと思います。

 

インサイドアウトバットとは?その特徴や使い方は?実打も可能?

インサイドアウトバットはフィールドフォースから出ている、野球バッティングのトレーニングバットで、その名のとおりボールの内側を押し込む感覚や手首の返しを正しく矯正する商品です。

 

インサイドアウトバットは、グリップ部分とボールを打つ部分、その間のジョイント部分に分かれているような構造になっています。

 

ポリウレタンとグラスファイバーでできていて、ジョイント部分は手でも簡単に曲がるぐらい柔らかくて、大きくしなるようになっています。

 

それによって、自然とインサイドアウトのスイングを体感できるようになっています。

 

インサイドアウトバットを使っての練習方法は素振りの他、トスバッティングやティーバッティングでも使用することもできます。

 

それも、スポンジなど専用の柔らかいボールではなくて、もちろん、本格的なバッティング練習では使うことはできませんが、軟球、硬球それにソフトボールでも使うことも可能なようです。

 

カズズ
このインサイドアウトバット、長さは84センチ、重さが約360グラムとなっていますから、大人はもちろん、子供でも使えそうですね。

 

インサイドアウトバットを使って練習する効果やメリットは?

インサイドアウトバットは大きくしなるということを紹介しましたが、その特性を使ってインサイドアウトのスイングを身に付けることができます。

 

身体の近くから、巻き付くようなスイングをしないと、うまく振る、ボールにコンタクトすることはできません。

 

少しでもバットが外から出てきたり、いわゆる手首をこねるような動作が加わると、ボールをうまく捉えることができません。

 

あくまでも内側から、押し込んでいくような感覚で振る必要があります。結果、インサイドアウトバットを使うことで次のような効果が期待できます。

強い打球が打てるようになる!飛距離アップにつながる!

インサイドからスイングをすることを身に付ければ遠心力を利用することができます。

 

それに、手首の返しのタイミングを掴むことができるとともにボールを押し込む感覚を身につけることもでき、飛距離アップ等につながります。

ミート力アップ

インサイドアウトのスイング軌道を身に付けることで、バットが理想的な角度で出せ、無駄のないスイングにつながります。

 

そして、その結果ミート力アップに結び付くことになります。

ボールの見極めが良くなる

ボールまで最短距離でバットを出せるため、ボールを引き付けて、長くボールを見ることができるようになります。

 

そして、その結果ボールの見極めがよくなります。

 

また、このインサイドアウトバットは、ただ柔らかいだけでなく実際に本物のボールを打つことができるため、練習方法にバリエーションをつけることもできます。

 

カズズ
なので自宅での自主練習などに取り入れても、楽しみながら取り組みを継続することができそうですね。

 

インサイドアウトバットの価格や口コミや評判は?

では、そんなインサイドアウトバットの価格等について見ていきます。

 

Amazonでは価格の方は、2020年4月9日現在、本体価格4,400円となっていて、それに送料がかかるようです。

 

また、Amazonのカスタマーレビューやフィールドフォースの公式サイトでは、使われた方の感想として、「バットの先が遅れてくるような感覚でスイングする感覚が身につく。」「小学生でも使える。」「ボールを打てるからいい。」といった声が寄せられていました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はフィールドフォースから出ているトレーニングバットのインサイドアウトバットについて記事を書かせていただきました。

 

プロ野球選手などのフォームを動画で見ていても、バットがしなって出てくるような感じがあります。

 

もちろん、硬いバットですから、実際に大きなしなりがあるわけではないと思いますが、その反動を使ってボールを遠くまで飛ばしている部分もあるのだと思います。

 

また、よく言われるボールを押し込む感覚というのは、普通のバットでボールを打つだけでは、実感できません。

 

それが実感できるような、このインサイドアウトバットがあれば、何かがつかめるような気がしてきますよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です