バッティングネット庭で使えるネットの選び方とおすすめ商品を紹介!

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

チームが揃ってする練習よりもライバルに差をつけるのは自主練、特に家での練習ですよね。

 

もちろん家で出来る練習には限りがあるかもしれませんが、そんな中でも、バッティング練習は、方法によっては取り組み安いものかもしれません。

 

例えば、バッティングネットを使ってのバッティング練習などがそれに当たると思います。

 

今回は、そんな自宅のお庭などでも設置できるバッティングネットについて見ていきたいと思います。

バッティングネットとは?

まずは、簡単にバッティングネットについておさらいしておきます。

 

バッティングネットとは、トスやティーバッティングなどの際に使用するネットのことを言います。

 

使い方は、バッターの前において、打球を受け止めるために使います。

 

打ったボールがネットに当たって集まるポケットのようなものを備えたものなどもあり、バッティング以外でも守備練習やピッチング練習などにも使えるものもあります。

バッティングネットを自宅の庭で使うメリットやデメリットは?

バッティングネットを使って自宅でバッティング練習を行うメリットとしては、次のようなものをあげることができます。

 

メリットは!?

  • 自宅にいる時も、バッティング練習をすることが出来るので、ライバルに差をつけることができる。
  • 素振りやスポンジボールを使った練習と違い、実際のボールを打つことで、練習に対する集中力が違ってくる。
  • ボールを集める手間がいらない。

あと、自宅でする場合に限らないですが、バッティングネットをめがけて打つバッティング練習の場合、打球の行方、飛距離を気にせずに練習が出来るので、余計な力みなどがなくなり、フォームチェックなどには、最適だとも言われています。

 

現に、プロ野球の選手でも、ネットを使ってのティーバッティングなどは欠かすことができないメニューの1つでもありますよね。

 

一方、デメリットとしては

 

デメリットは!?

  • バッティングネットの設置場所が必要。
  • バッティングネット自体が邪魔になることがある。

といったことを挙げることができるかと思います。

バッティングネットを庭で使う場合の設置方法や選び方は?

では、バッティングネットを自宅の庭で使う場合の設置方法ですが、次のようなパターンが考えられます。

組立タイプ

ペグなどで固定するタイプ

 

そして、組み立てや設置の手間についても、色々なものがあります。

 

組み立てや設置に手間や時間がかかるほど丈夫だとも言えるのですが、練習が終われば、バッティングネットを片付けなければいけない場合等は、その当たりの事情も踏まえてネットを選ぶ必要があります。

 

例えば、ある程度バラして収納しなければいけないとか、移動させて、どこかに立てかけておくだけで済む場合等状況に応じて選んでください。

バッティングネットのおすすめ商品は?

では、バッティングネットのおすすめについて見ていきます。なお、価格等は2021年5月12日現在のAmazonでのものです。

フィールドフォース バッティングネット FBN-2016N2

まずはフィールドフォースから出ている最もオーソドックスなものを紹介します。

 

サイズは高さ200センチ×幅160センチとなっています。スチールのフレームにネットを通すもので、こちらは軟式用となっています。価格の方は10,780円となっていました。

 

LAKARU(ラカル) 野球練習ネット 野球ネット バッティングネット

次は組み立ての簡単を謳ったものです。サイズは208センチ×203センチとなっていて、価格の方は、8,899円となっています。

レビューを見ても、組み立ては、慣れれば比較的簡単なようですね。

30秒設置 折り畳み式 防球ネット専門メーカーSpornia社のバッティングネット(ターゲットネット付)

こちらの商品は、なんと30秒で設置が出来るようです。

 

サイズは150センチ×150センチとなっています。

 

小さ目ですが、小学生などが使うにはちょうどいいかもしれませんね。

 

価格の方は13,500円となっていました。レビューでも平均で4.2という高評価となっています。

UNIX(ユニックス) ワイドネットデカネット BX77-75

最後に少し大きめのネットを紹介しておきます。

 

ネットが大きくなるメリットはやはり安心感です。万が一ネットの外へ打ってしまうというリスクが格段に下がります。

 

UNIXのこちらの商品は、サイズが250センチ×200センチとなっています。

 

比較的大きな商品ですが、スリーブロック方式という、ネットの端っこが筒状になっているため、設置の際の手間が省けるようになっているようです。

 

価格の方は、ターゲットボールやヒットウェイクロスベルトといった付属品がついて28,070円となっていました。

レビューでは、頑丈さを確認することができました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

 

今回は自宅の庭に設置することができるバッティングネットについて見てきました。

 

色々なタイプがあるようですから、お庭の状況や目的にあったピッタリの商品が見つかるはずです。家でバッティング練習ができることは、やはり幸せなことですよね。

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です