野球ベルトのおすすめ人気10選!口コミや価格や評判は?切り方や外し方も紹介!少年用も!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

野球をするのにはなくてはならないものがあります。

 

ボールはもちろんですが、バットやグラブ、ヘルメットといった道具類の他にユニフォームやスパイクなどが必要となってきますが、野球用のベルトというのもなくてはならないものです。

 

スライディングなどの際には切れてしまうこともある野球用ベルト、今回は、そんな野球用ベルトについて紹介していきたいと思います。

 

野球をやったことのない方の中には、野球用のベルトがあることすらご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、そこには色々な製品が出ています。

野球用ベルトとは?素材や種類は?

野球用ベルトとは、野球のユニフォームのパンツをとめておくためのベルトです。

 

スライディング等がプレーの中で避けられない野球では、ただ単にベルトがずり落ちないようにするだけでなく、丈夫さ等が求められます。

 

また、チームや連盟によって色やデザインが決められている場合もあります。

 

素材としては、革製や人工皮革がメインになってきますが他の人工的な素材が使われることもあります。

 

素材の特徴としては革製は丈夫ですが、値段が他の素材に比べて高いです。

 

逆に人工皮革は革製と比べると耐久性が低いですが、値段が安いので、その辺は使う頻度や環境に合わせて選んでいきたいですね。

 

あとゴム製なんかもあります。使いやすくサイズの調整がしやすく、比較的安価なため人気がありますが、こちらも耐久性が低いので、上手に選んでいきたいですね。

 

カズズ
タイプとしては、まっすぐなストレートタイプの他、腰の部分が太くなっているパワーベルトと呼ばれるものなどがあります。

野球用ベルトの選び方は?切り方や長さの調整方法、バックルの外し方は?

野球用ベルトを選ぶ場合にはサイズに注意が必要なことは言うまでもないですが、色やデザイン等チームや連盟による決め事がないか調べておく必要があります。

 

カズズ
ベルトもユニフォームの一部ですから、チームで色等を統一する必要もありますので。

 

そして、サイズは細かく分かれていなくて、ベルトの穴の範囲で収まらなければ、切って調整することになります。

 

バックルは手では外せませんが、マイナスドライバーなどを使えば、外すことができます。

 

カズズ
切る時には切りすぎに注意しましょう。

 

ユニフォーム上下やアンダーシャツ等の厚みもありますから、ユニフォームを着ている状態で調整するのがいいと思います。

 

カズズ
調整方法について詳しい動画がありましたので紹介しておきます。
YouTubeのURL

野球用ベルトの人気おすすめ10選の価格や口コミや評判は?少年野球用も紹介!

それでは、野球用ベルトについて人気おすすめの10選について見ていきます。

 

カズズ
なお、価格等は2019年11月5日現在のAmazonでのものです。

ミズノ

野球用品最大手のミズノから3つの商品を紹介します。

パワーベルト

まずはパワーベルトです。

 

パワーベルトとは、腰の部分を太くすることでパフォーマンスの向上や腰痛の予防を図ろうというものです。

 

重量挙げの選手などが腰につけているのもパワーベルトと呼ばれます。

 

こちらの商品にはスムースタイプとエナメルタイプというのがあります。

ミズノ パワーベルトST(スムース)(12JY5V02)

created by Rinker

ミズノ パワーベルトDX(エナメル)(野球) ブラック Mizuno 12JY5V21 09

created by Rinker

サイズは72センチから90センチ対応のMと84センチから103センチ対応のLとからなります。

 

カラーバリエーションはスムースタイプがブラックとネイビーの2色、エナメルタイプはこの他に5色あるようです。

 

どちらも人工皮革でできていて、表面処理の違いがあるようです。

 

価格はスムースタイプが色やサイズによって差があるのですがブラックのLで2,749円となっていて、エナメルタイプが2,371円となっています。

 

評価の方は数は多くないのですが星5つが100%となっています。

 

カズズ
その他にもDXタイプなどもあるようです。

ミズノ パワーベルトDX(エナメル)(野球) ブラック Mizuno 12JY5V21 09

created by Rinker

ストレートベルト

次にストレートベルトですが、こちらはワンサイズで100センチまで対応となっています。

MIZUNO ミズノ ストレートベルト(野球) [ 12JY5V0427 ]

created by Rinker

カラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ネイビー他全7色となっていて、価格はブラックで1,740円となっています。

 

カズズ
また、長尺で125センチ対応のものもラインアップされているようです。

野球 ベルト 一般用 MIZUNO ミズノ ストレートベルト 長尺 125cm対応

created by Rinker

カスタマーレビューでは平均星4.1、星5つが54%という評価を得ていて、「ミズノ製品は失敗がない。」といった声があがっていました。

バイオギア

ミズノの野球ベルトの中でも高機能をうたっているのがこの商品です。

 

「プレーを解き放て」というのがキャッチコピーになっていて

 

ぶろ太

プレーを解き放て!かっけえええええええええええええ!

 

「高性能な伸縮性エラストマーをベルト芯材に採用することで、ストレッチ性と耐久性を兼ね備えながら、プレー中の不快な締めつけ感を抑制するというこれまでになかった全く新しいコンセプトを持つベルト」となっています。

 

従来品と比較して、「腹部等への圧力が緩和・分散」させているようです。

 

サイズは100センチまで対応可能で、カラーバリエーションはブラックとネイビーで、価格は3,999円となっています。

Yahooショッピングでは、「今までに使ったことのない生地感。フィットする。」といった声が寄せられていました。

コアテクノロジー(NEWコアエナジー2)

ベルトにフィット感等だけでなく更なるパフォーマンスアップを期待できるのがこの、コアテクノロジーのコアエナジー2です。

 

こちらの商品は、メジャーリーガーやプロ野球選手にも、その効果を認められた商品となっています。

 

ウエストは105センチまで対応が可能で、なんとスイングスピードが、MAXで7キロアップとあります。

 

その秘密は、適度な締め付けによってインナーマッスルに腹圧をかけ、パワーをチャージするとあります。

 

要はこのベルトを締めることで、体幹の収縮力が高められパワーアップや動作に速さや滑らかさをもたらす効果が期待できる感じです。

 

カズズ
ナイロンやポリウレタンでできた6層構造の素材がこれを可能にしているようです。

 

カラーバリエーションはブラックやレッドその他のベルト本体の色の他にバックル部分もゴールドとシルバーが選べるようです。

 

価格は、やはり高くなっていて、10,450円となっていますが、カスタマーレビューでは、平均星4.6、星5つが55%という評価を得ていて、体幹が安定してパフォーマンスがあがったという意見がありました。

《コアエナジー 公式ショップ》リニューアルモデル 野球 ベルト サポーター コアエナジー2 CoreEnergy

created by Rinker

デサント(高校野球対応、野球ソフトボールベルト)

デサントから出ている野球ベルトについて見ていきます。

 

まずは、高校野球対応というコピーがついていますから、高校球児でも安心して使えますね。

 

こちらの製品は合成皮革でできていて、レギュラーサイズで110センチとなっています。

 

カラーバリエーションは、ブラックやブルー、レッドを含む8色が用意されています。

 

価格は、1,650円が基本のようですが、例えばブラックなら1,545円といった風に若干の差があるようです。

【デサント】ベルト コードレ(レギュラーサイズ)〜110cm 高校野球対応 野球・ソフトボール 一般用 C-992 [DESCENTE]

created by Rinker

カスタマーレビューでは、平均星4.9、星5つが87%という評価がされています。

 

感想は!?

  • 丈夫で壊れない。
  • カラーバリエーションが豊富なので欲しい色が見つかった。
  • 締めたとたんに腰にフィットした。

 

といった感想が見られました。

カズズ
130センチの長尺サイズもあります。

【デサント】ベルト コードレ(エキストラサイズ) 長尺ベルト〜130cm 高校野球対応 野球・ソフトボール 一般用 C-992E [DESCENTE]

created by Rinker

(ロングベルト) SeaLand 野球ベルト

野球用品メーカーではないですが、SeaLandというところから出ている野球ベルトです。

 

すべて日本(自社)で製造したオリジナル製品で、バックルは簡単にサイズ調整が出来るワンタッチバックルとなっていますし、素材は汗などでの色落ちのしにくい合成皮革を使用しています。

 

また軽くて耐久性にも優れているようです。

 

そしてサイズが130センチとなっているのが大きな特徴でもあります。

 

価格は、1400円となっていて、カラーバリエーションはブラック、ネイビー、ブルー、レッドとなっています。

《ロング 大きい サイズ》SeaLand 野球 ベルト サイズ130cmまで:幅40mm 【ブルー】 日本製

created by Rinker

カスタマーレビューでは平均で星4.6、星5つが55%となっています。

 

「野球用品メーカーではサイズがなかったので助かった。」という声が寄せられていました。

ZETT ゼット 野球ベルト(つや消し)

ZETTから出ているつや消しタイプのベルトです。

 

つや消しですが、カラーバリエーションはブラックの他、ネイビー、レッド、ロイヤルブルーの計4色となっています。

 

カズズ
価格は、ブラックが1,056円他の3色が1,430円となっています。

【ポイント5倍】ZETT(ゼット) 野球 ベルト (つや消し) BX93 ネイビー

created by Rinker

こちらの商品はAmazonではベストセラー1位を獲得している人気商品となっていて、カスタマーレビューでは、平均で星4.3を得ていて、星5つが61%となっています。

 

「丈夫で、ガンガンヘッドスライディングとかできそう。」「つや消しでお洒落。」といった声が寄せられていましたし

 

「野球用なので丈夫で汗等にも強そうなので、作業用に買った。」というケースもあるようです。

少年野球用のベルトを紹介!

つづいて少年野球用について見ていきます。

 

少年用ということで、サイズはもちろんですが、使い安さにも気を配っていて、柔らかくなっていますね。

カズズ
それでは少年野球をされているお子さんにおすすめです。それでは見ていきましょう。

SSK(野球ジュニアベルトYV170J)

野球ブランドSSK(エスエスケイ)のジュニアベルトです。

 

こちらの商品はウエスト80センチまで対応が可能となっています。

カズズ
価格は1,210円となっています。

【野球 アクセサリ・小物 エスエスケイ】 ジュニアベースボールベルト(YV170J)

created by Rinker

 

3枚の素材を貼り合わせで耐久性がアップしているようです。

 

カラーバリエーションは、ブラックの他にブルー、ネイビー、レッドの4色となっています。

 

カスタマーレビューでは、平均で星4.7、星5つが86%という評価を得ています。

 

口コミは!?

  • 革ではないので柔らかくて使いやすい。
  • 見た目もかっこいいので、野球以外でも使っている。

 

という声が寄せられていました。

ミズノ(ジュニア用ストレートベルト12JY5V11)

ミズノから発売されているストレートタイプのベルトです。

 

サイズは79センチに対応していて人工皮革でできています。

 

価格は1,404円となっています。

ミズノ(MIZUNO) 12JY5V11 ジュニア用ストレートベルト(79cm対応) 25%OFF 野球用品 2019SS

created by Rinker

カラーバリエーションは、ブラックの他ネイビー、バステルネイビー、ブルー、グリーン、レッドといった風になっています。

 

カスタマーレビューでは、星3.8という高評価を得ています。

 

口コミは!?

  • 先が尖っているので通しやすくて使い安い。
  • つくりがしっかりしていて、使いやすい。長く使えそう。

といった声が寄せられていました。

ZETT(少年用野球ベルトBX17)

ゼットから発売されているものです。こちらは、ウェスト80センチに対応していて、幅は36ミリとなっています。

 

カズズ
価格は1,210円となっています。

 

【定形外郵便可350円】【ZETT(ゼット)】【アクセサリー】野球 ジュニア ベルト 少年用ベルト(z-bx17) クリスマス プレゼント

created by Rinker

 

裏付き加工により、ベルトの脱着がスムーズにできるようになっています。

 

カラーバリエーションは、基本のブラックの他にブルー、ロイヤルブルー、ネイビー、レッド、エンジとなっていますから、多くのチームカラーに対応することが出来そうですね。

 

カスタマーレビューでも星3.8という高評価を得ていて

 

口コミは!?

  • バックルに裏生地がついているので使い安い。
  • 5歳の子でも脱ぎ履きしやすい固さだ。
  • やっぱりメーカー品でしっかりとしている。

といった声が寄せられていました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は野球ベルトについて見てきました。

 

単にズボンがずり落ちないようにしているだけでなく、そこには色々なものが含まれているのですね。

 

一流の選手ほどユニフォームの着こなしが上手だといいます。

 

そんなユニフォームの着こなしを最後に左右するのが、この野球ベルトなのですね。

 

道具等はもちろんのことですが、ベルトといった細部にまで、こだわりを持ち続けていたいものですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です