【ボールケース】野球の種類は?刺繍もしてくれる?おすすめ人気4選も紹介

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

野球になくてはならないものと言えば、ボールですよね。

 

そんな大事なボールですが、練習などでは、沢山のボールが必要となってきます。

 

そんなとき練習前の準備や練習後の片付けを段取りよく行うと同時に効率的に練習を行うには、ボールケースなどのグッズ選びも大切になってきます。

 

もちろん、遠征などがあるということも頭に入れておかなければいけませんからね。

 

今回は、そんな野球ボールケースについて紹介していきたいと思います。

野球ボールケースとは?種類(バッグ、座れるタイプ、カゴタイプ)やメリットは?

野球ボールケースとは練習や移動の時などにボールを入れておく、収納しておくためのケース、バッグです。

 

タイプとしては、肩から下げるバッグのようなものと、バケツのようで座れるもの、カゴのようになっているものなどがあります。

 

バッグのようになっているものは、持ち運びが便利ですし、座れるタイプやカゴタイプは練習の時の効率があがります。

野球ボールケースの選び方は?

野球ボールケースには3つのタイプがあると言いましたが、それぞれ選ぶ際には次のようなポイントを押さえておけばいいと思います。

用途で選ぶ

例えば、ボールの持ち運びがメインになってくるのか、あるいは練習時にも使うのかなど、メインとなる使い方によってタイプを選ぶ必要があります。

 

容量で選ぶ

沢山ボールが入ればいいというものでもありません。

 

あまりにも沢山のボールを入れてしまうと重くなりますし、そもそもそんなに沢山のボールを入れる必要がない時もありますから、ボールが何個入るかといった容量も適当なものを選びましょう。

 

素材で選ぶ

ボールケースは雨に濡れる、そして汚れたままのボールも収納するという前提で選ぶ必要があります。そのため防水性能や土や砂、泥で汚れたままのボールを入れても大丈夫そうなものがおすすめです。

ぶろ太

エナメルの素材がよさそうやな!

野球ボールケースのおすすめ4選の価格や口コミや評判は?

それでは、ボールケースのおするめ4選の価格や口コミ、評判などについて見ていきます。

 

カズズ
なお、価格等については、2019年12月23日現在のものです。リンク先にも色々ボールケースがあるので探してみてくださいね。

 

ミズノ(MIZUNO) エナメルボールケース 1FJB8022

まずは、ミズノのかっこいいボールケースです。

 

こちらは素材が合成皮革でできていてエナメル調になっています。

 

サイズは直径が26センチ、高さが30センチの円筒状になっています。

 

ボールが3ダース収納できるようです。カラーはレッドとブラックがあって、ミズノのランバードのマークが入っているとてもカッコイイものです。

 

方からかけるようになっていて使い勝手もよさそうですね。

 

価格は、Amazonで4,699円となっていました。

 

また、楽天市場で、思っていたより軽くて便利だという感想を見つけることができました。

フィールドフォース エナメルボールケース

先ほどはミズノから出ているものを紹介しましたが、フィールドフォースから出ているエナメルのボールケースも紹介しておきます。

 

直径25センチ高さ29センチの円筒形で軟式球なら3ダース収納が可能です。

 

価格の方は楽天市場で3,300円となっていました。

最大10%引クーポン 野球 練習 デカ文字刺繍サービス エナメルボールケース 軟式・硬式・ソフトボール対応 ボールバッグ ボール入れ 名入れ 名前入れ ネーム加工 FBC-36 フィールドフォース
created by Rinker

 

そして、蓋部分に刺繍で文字を入れてくれるようですから、チーム名やスローガンなどを入れても素敵ですね。

 

フィールドフォース 座れるボールバケツ FBKT-3039

次は、フィールドフォースから出ているバケツタイプのものです。

 

こちらは、 直径約30センチ、高さが約39センチでポリプロピレンでできたバケツタイプとなっています。

 

持ち運びに便利なように取っ手がついています。約50個のボールが収納できるようです。

 

そして、この商品の最大の特徴は、バケツに座ることができるように、フタの部分に薄いクッション素材を使用していることです。

 

そのため、座ってトスバッティングの練習を行うことができるようです。

 

価格の方はAmazonでは、1,980円と送料となっています。

 

フィールドフォース 折りたたみ式ボールカゴ FSBC-3

先ほどの座れるバケツは座ってトスをする際に便利なように考えられていましたが、次は、ノックやバッティング練習でボールを投げる時に便利なボールケースです。

 

折りたたみ式で持ち運びが便利なようになっています、高さが90センチ、横幅が約52センチとなっています。

 

広げると袋状のネットにボールが約50個収納できるようです。

 

カズズ
ボールを捕るのにイチイチかがまなくていいですから、楽ですよね。

 

価格の方は楽天市場で4,400円となっていました。

野球 練習 折りたたみ式ボールカゴ ボール別売り 専用収納バッグ付き 約50球収納可 ボールケース ボールバッグ FSBC-3 ラッピング不可 フィールドフォース

 

使われた方の感想としては、かがまなくてもいいから楽だというものがありました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は野球ボールケースについて見てきました。

 

確かに色々なものが出ていて、それぞれ選び方や使い方によっては、より効果・効率的に練習などができそうですね。

 

一度、チームのボールケースについても見直してみてはいかがでしょうか。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です