ティーバッティングのメリットやデメリットと効果的な練習法とは?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

みなさん野球のバッティング練習してますか?

 

バッティング練習は色々あって

 

トスバッティングやティーバッティングなどがありますが

 

今回は野球の練習方法のティーバッティングの効果や練習方法などを詳しく紹介していきたいと思います。

ティーバッティングとは?

まず野球の初心者などでティーバッティングって何?

 

っていう人のためにティーバッティングについて説明したいと思います。

 

ティーバッティングとは

 

野球において棒の上に乗せたボールを打つバッティング練習のことを言います。

また

 

斜め前から軽く投げられたボールを打つ練習のこともティーバッティングと言います。

ティーバッティングと言えばこの2種類のことを言います。

 

この記事の中では

 

棒にボールを乗せて打つ方を

 

置きティー

 

軽く投げられたボールを打つ方を

 

ティーバッティング

 

として説明して行きます。

ティーバッティングの目的とは?

ティーバッティング練習の目的は何でしょうか?

 

どんな練習でも、目的を持って練習することで効果は違ってきます。

 

目的をしっかりと理解しながらする練習と、ただがむしゃらに練習するとでは上達に差が出てきますので

 

ティーバッティングの目的を説明していきたいと思います。

 

ティーバッティングの目的とは

 

自分がボールを打つポイントやフォームを

 

正しい形に戻すことを目的とした練習方法です。

 

打つポイントやフォームは、日々微妙に変わっています。

 

それは、試合などでピッチャーとの対戦により崩されたり

 

体調などの悪化によって変わったりと、微妙に変化したフォームや打つポイントやタイミングを修正する役割があるのです。

ティーバッティングのメリットは?

ティーバッティングの練習のことをひととおりわかったところで

 

ティーバッティングのメリットを紹介していきたいと思います。

ミートポイントを掴める!

先程も少し説明させていただいたと思いますが

 

ミートポイントを掴めるというメリットがあります。

 

これは投げてもらうコースを

 

自分の得意としているコース

 

 

苦手としているコース

 

に投げてもらい自分のポイントで打つことにより

 

得意なコースをより確実なもの

 

苦手なコースを克服できる練習となっています。

 

カズズ
苦手なコースは繰返し同じコースに投げてもらい苦手を克服しましょう!

正しいフォームに戻すことができる

こちらも先程少し説明させていただきましたが

 

フォームを修正することができるというメリットがあります。

 

自分のフォームがバラバラになり定まらない

 

しっかりとしたスイングができない

 

という人には効果的な練習方法と言えます。

 

しっかりと自分のポイントまで引きよせ、繰返し繰返し打つこと

 

自分のフォームが修正されて

 

自分のフォームが固まり

 

しっかりとしたスイングで打つことができます。

スイングスピードが上がる!

ティーバッティングはバットをスイングすることで、素振りと同じで

 

スイングスピードが上がります。

 

しっかりとフォームを崩さないように地に足をつけ

 

下半身を意識しながら自分のフォームでスイングを心がければ

 

自然とスイングスピードが上がっていくでしょう。

 

また素振りと違って実際に

 

ボールをたたく

 

ことによりバットの芯でとらえる感覚が身につきます。

 

カズズ
芯がはずれると手に衝撃がくるので、衝撃が来ないように芯でとらえれるように修正しましょう。

ボールの弾道が見れる

ロングティーなどティーバッティングで打つことで、打ったボールの弾道を見ることができます。

 

これによって、来たボールに対して

 

 

どういうふうにバットを出せば

 

どのような角度でボールが飛ぶか?

 

 

など自分の打ちたい角度や弾道で打つ練習になります。

 

カズズ
また自分が思った角度と違いがあれば修正することできる練習となっています。

山田哲人が効果を認めている

トリプルスリーを2年連続達成した山田哲人が効果を認めているということです。

 

実績がある選手が効果を認め、練習に取り入れて結果を残しているだけに

 

ティーバッティング効果は大きいと言えます。

 

実際に山田哲人はティーバッティング練習は欠かさず行っていて

 

 

一番の大事な練習

 

ティーバッティングをやらないと身体が嫌っている。

 

 

と言うほどティーバッティングが重要さを認めています。

 

山田哲人自身で感じたティーバッティングの効果は

 

ティーバッティングを取り入れて練習することによって

 

苦手だったアウトコースの打率が上がった!

ティーバッティングでアウトコースを反復して、繰返し繰返し練習することによって苦手だったアウトコースを克服できた。

 

力が入るポイントが明確になって、長打やホームランを量産できた!

ティーバッティングで力の入るポイントやミートポイントがわかり、芯でボールをとらえることができ、結果的に長打力が養われホームランが量産できた。

 

アッパースイングのくせがあったが、レベルスイングに調整できた!

山田哲人はアッパースイングのくせがありましたが、ティーバッティングで練習することによって、上から振ると意識的に練習することで試合でもアッパーにならず、レベルスイングで振れて結果にも繋がっているのである。

ティーバッティングのデメリットは?

次にティーバッティングのデメリットを説明していきたいと思います。

身体の動きが実践的でない

ティーバッティングは、基本的には斜めからトスされたボールを正面に向かって打つことです。

 

これは、右バッターからすれば二塁側からセンター方向に打つということは

 

実際からすればボールを引っ張ることにつながってしまい

 

ファール方向にボールが行ってしまう角度になるために目指す動きではなくなってしまいます。

 

カズズ
これを防ぐためにも逆方向に打ちましょう!

ボールに回転を与える練習ができない!

バッティングはボールに回転を与える練習が大事になります。

 

これにはバットをボールの下に潜らせる感覚を練習で養わないといけませんが

 

ティーバッティングでは、ボールがネットを越えてしまうことを回避してしまうことで

 

ボールの上をたたくクセがついてしまうことです。

落合博満が否定的

バッティングセンスが抜群であの三冠王を3回も獲得した落合博満が否定的だということです。

 

落合氏はティーバッティングには否定的で

 

ティーバッティングはボールの角度が悪くて、実践的な練習法ではない。

 

また、ティーバッティングはフリーバッティングなどの準備運動で行われることが多く

 

練習のための練習はいらない

 

という考えです。

ティーバッティングの効果的な練習方法の置きティーとは?

ティーバッティングの効果的な練習方法を紹介して行きます。

 

ティーバッティングは、さまざまな練習方法があります。

 

置きティー

ってご存じでしょうか?

 

 

いわゆるティースタンドを使った練習方法で

 

棒やスタンドの上にボールをのせて打つ練習方法になります。

 

 

ティーバッティングに否定的だった落合氏も、この置きティーはオススメで

 

自分の間合いでボールを打てるので集中力が高まるとして効果的な練習方法だと言っています。

 

置きティーは同じ位置に固定しているため

 

確実に高低やコースに合わせたバッティング練習ができます。

 

また、トスしてもらうティーバッティングと違い

 

ひとりで自主的に練習できるメリットもありますね!

 

初心者にも比較的に練習しやすく、今は高額ではありますが

 

従来の置きティーと違い、ラバーが邪魔にならないものから

 

ボールに回転をかけやすいものまでさまざまな種類があるのでオススメです。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はティーバッティングについて紹介させていただきました。

 

ティーバッティングには賛否両論ありますが

 

最終的には自分にあった練習方法で練習することが大事です。

 

目的や意識づけをしっかりして

 

効率よく練習しましょう!

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました!

 

ではまた~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です