塩見泰隆とは?彼女や結婚や子供は?守備の評価は?ヤバイよイノシシより速いって!?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

プロ野球の新人選手って、新鮮でプレーもイキイキしていて見てても気持ちいいですよね。

 

そんな若手選手の中でも2017年にドラフトで入ってきた選手も最近は、少しずつ活躍してきましたね。

 

2017年にドラフトで入った選手で活躍してきた選手というと、日ハムの清宮幸太郎選手やヤクルトの村上宗隆選手の活躍が目立ちますね〜。

 

その他にもDeNAの上里和毅選手やオリックスの福田周平選手なんかの活躍もそうですね。

 

そんな中この選手の活躍も見逃せないですね。

 

東京ヤクルトスワローズの塩見泰隆選手です。

 

2017年二軍では、打率.322で22盗塁とルーキーながら好成績。

 

一軍ではなかなか結果が伴いませんが、これからやってくれるでしょう。

塩見泰隆選手のプロフィールを紹介!

氏名   塩見 泰隆(しおみ やすたか)

生年月日 1993年6月12日 (25歳)

出身地  神奈川県相模原市

出身校  武相高等学校

身長   179センチ

体重   77キロ

血液型  B型

入団   2017年ドラフト4位

背番号    9

あだ名

経歴

武相高等学校

帝京大学

JX-ENEOS

東京ヤクルトスワローズ(2018~)

応援歌

汎用

塩見泰隆とは?プロ入り前の活躍とプロ入り後の活躍を紹介!

塩見泰隆選手のプロ入り前とプロ入り後の活躍を紹介して行きたいと思います。

 

塩見泰隆選手は、神奈川相模原市出身の右投げ右打ちの外野手です。

 

元バレーボール選手のお父さんと、元陸上選手だったお母さんから生まれたプロ野球選手。

 

やはり、遺伝と言いますかスポーツ選手の子供は身体能力が高いですね。

 

そんな塩見選手が野球を始めたのは小学生。

 

そこからメキメキ野球選手として成長していき、高校は武相高校に進学します。

 

甲子園に出場することは、叶いませんでしたが、3年夏の県大会では桐蔭を延長12回まで追い詰めたほどの活躍を見せました。

 

その後大学は帝京大学でプレーを磨いて、社会人野球に進みJX-ENEOSに入社。

 

入社一年目は怪我などのアクシデントもありましたが、二年目はスタメンに定着します。

 

そして2017年のドラフトでヤクルトに4位指名され入団。

 

晴れてプロ野球選手となりました。

 

プロ入り後は、ルーキーイヤーで二軍で打率.322で持ち前の足をいかした盗塁も22盗塁と活躍。

 

怪我もあって一軍ではあまり活躍できませんでした。

 

2018年も二軍で打率.306、ホームラン4本、8盗塁と活躍し、一軍でもプロ初安打も記録しました。

選手の特徴やプレースタイル!守備の評価は?

塩見泰隆選手はとにかく足が速く、盗塁技術技術のもある選手です。

 

走攻守バランスのとれた選手で、守備は積極果敢で足が速く瞬発力があるので守備範囲は広い。

 

なので、これから一軍活躍すれば、ファインプレーも多く見られるでしょう。

 

身体能力も高い選手なので、これからの成長が楽しみな選手ですね。

 

バッティングはまだ荒削りですが、ポテンシャルはかなりあるので、これから山田哲人選手と肩を並べる選手に成長なるか!期待しましょう。

彼女や結婚や子供は?

そんな塩見泰隆選手ですが、結婚はしているのでしょうか?

 

2019年6月6日現在で25歳と若い選手では、ありますが、一般の人でも結婚していてもおかしくはない年齢ですが、塩見選手はどうなんでしょうかね?

 

調べましたところ、2019年6月6日現在は結婚しておらず、彼女といった女性の情報もありませんでした。

 

2017年の入団と、まだ入団して間もないので今は野球に専念というのがホンネでしょう。

 

これから活躍して、一軍に上がり定着してからと思っているんですかね。

 

まだ若い選手なので、それからでも遅くないですね。

 

とにかくそうなるように、はやく一軍で活躍する姿を見せてほしいですね。

 

今後の活躍に注目ですね。

ヤバイよヤバイよイノシシより速いって!?盗塁技術もすごい!

塩見泰隆選手は、とにかく足が速いと有名な選手ですが、イノシシより速いってうわさがあります。

 

調べてみると、塩見泰隆選手は帝京大学時代の練習上は山間部だったので度々野生のイノシシが出没していたもよう。

 

しかも、その野生のイノシシと併走して追いかけて回していたそう。

 

普通はイノシシなんか出てきたら、突っ込んで来そうで逃げると思いますが…

 

塩見選手は、冗談まじりで追いかけ回していたのだから驚きですね。笑

 

それだけ足には自信があるということでしょう。これから一軍でも、その足を武器に活躍してほしいですね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は東京ヤクルトスワローズの塩見泰隆選手について紹介させていただきました。

 

塩見選手はイノシシと併走していたほどの足の速さ。

 

二軍では活躍しているものの、一軍ではまだあまり活躍できていません。

 

やはり一軍はレベルが違うのでしょうかね!?

 

これから塩見選手もレベルアップして、ヒットで出塁しバシバシ盗塁決めてほしいですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です