天才イケメン川端慎吾の2019は?2軍で調整中の現在は?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

川端慎吾選手は現在一軍ではなく、2軍で調整中です。

 

現在東京ヤクルトスワローズのペナントシーズンはいいスタートを切ったと言っていいほど好調です。

 

その中でも川端慎吾選手とポジションを争う、廣岡大志選手をはじめ村上宗隆選手や太田賢吾選手など若手が出てきたため

 

実績がある天才バッターの川端選手でさえ2軍に追いやられるほど厳しい世界。

 

2019年4月13日現在31歳という中堅選手ですが、怪我の影響もあるにせよ、これほどの選手が2軍にいるヤクルトの戦力はあがって来てますね。

 

今回はそんなイケメン天才バッターの2019年の4月現在の動向を探ってみました。

川端慎吾選手のプロフィール

氏名   川端慎吾(かわばたしんご)

生年月日 1987年10月16日 (30歳)

出身地  大阪府貝塚市

出身校  和歌山県市立和歌山商業高等学校

身長   185センチ

体重   86キロ

血液型  O型

入団   2005年高校生ドラフト3巡目

背番号    5

あだ名  

経歴

和歌山市立和歌山商業高等学校

東京ヤクルトスワローズ(2006~)

応援歌

通常

バットに夢をのせ 放つその打球で ツバメを勝利へ 導け慎吾

かっとばせ~ か~わばた~

 

チャンス川端

強靭な向かい風は 背中で受け止めて 追い風にすればいいさ
oh oh oh oh
不可能なんてないよ (慎吾)可能だらけ(慎吾)絶望なんてないよ(慎吾)希望だらけさ
オイ!オイ!オイ!オイ!オイ!…
オ~ レッツゴー慎吾!

川端慎吾選手の2019年4月現在は?


川端慎吾選手の2019年の4月14日現在は、主にファームの試合に出場し続けています。

 

2018年の4月3日の頭部死球の影響からかそこから、なかなか本来のバッティングの調子を取り戻せないのでしょうか。

 

現在は2軍で調整中です。

 

もともと川端選手はヘルニアので苦しんでいるのでその影響もあるのかもしれませんね。

 

まあそれとは、うらはらで現在川端選手の2軍成績は好調そのもの。

 

17試合に出場して打率もヤクルトの2軍の中ではトップの打率.343で、2015年の首位打者のバットコントロールを見せつけていますね。

 

この調子で行くとゆくゆくは一軍昇格も近そうですが、一軍にいる野手もそうそうたるメンツなので川端選手の昇格は球団しだいではないでしょうか?

 

ヤクルトも現在シーズン首位で好調なので、選手登録など何もいじりたくないでしょうから、昇格時期などはまだ未定ではないでしょうか。

 

でもこれだけの実績のある選手なので、いつか必ず一軍で必要な戦力の一人なのでどこかで昇格してくるのは間違いなさそうですね。

天才イケメンの人気者の復帰をファンも待ち望む

川端選手は、イケメンでとても人気の選手。

 

天才的なバットコントロールでヒットを量産。

 

イケメンで野球センスもあればファンからも慕われますね。

 

2015年は首位打者と最多安打も獲得し、実績もある選手なので、どこかで大爆発が起きるかもしれませんね。

2018年はそこそこの成績を残すが怪我がネック!?


川端選手の2018年の成績は97試合に出場し打率.259で本塁打3、打点31で2018年シーズンを終わりました。

 

まあこれがルーキーの選手なら、なかなか良い成績ですが2015年首位打者と最多安打をとった選手にとっては、物足りない成績。

 

頭部の死球や持病のヘルニアの影響からか、なかなか本来の成績には程遠く、本人自身も納得いった成績ではなかったのでしょう。

 

本来川端選手は怪我さえなければ、コンスタントに打率3割くらいはクリアできる選手と評判高い選手なので、2019年は怪我が無いように慎重に調整しているのかもしれませんね。

まとめ

川端選手はとても人気のある選手。

 

今の段階では、天才的なバットコントロールを1軍の舞台で観れないのはさみしいですが

 

キッチリと調整して今度は怪我なくシーズンを終えれるようにしてほしいですね。

 

川端選手には元気な姿で、2015年の成績をこえれるくらいの成績をファンは期待しているでしょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です