ポジハメくんの意味とは?元ネタや由来とネガハメやおじさんについて


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

みなさんは、ポジハメくんって知っていますか?

 

普通にポジハメくんって聞くと、なにかゆるキャラなどの

 

ご当地キャラクターや球団マスコットキャラクターなどかな?

 

と思う方が多いと思いますが

 

野球には、関連しますが球団マスコットキャラクターではないです。

 

ポジハメくんについて知らない人も多いと思いますので

 

今回は、そんなポジハメくんについて紹介して行きたいと思います。

ポジハメくんとは?

ポジハメくんは何かアニメのキャラクターみたいな名前ではありますよね?

 

ぶろ太
ポジハメくん~!何か便利な道具出してよ~!

 

しかし、ぶろ太さんの言っているようにドラ○もんのようなアニメのキャラクターでも

 

created by Rinker
エスケイジャパン キャラクター・ファンシー事業部

 

ドアラのような球団マスコットキャラクターでもないんです。

 

中日ドラゴンズ もふもふ ドアラ ぬいぐるみ (ピンク) – –
中日ドラゴンズ

 

ぶろ太
ドラえもんみたいな、アニメキャラクターちゃうんか?あっ!ドラえもんって言ってもうた!www

 

ポジハメくんとは、野球に関連する言葉なんです。

 

ぶろ太
はやく言えよ!

 

ぶろ太さんがそう言ってるので説明しますと

 

 

ポジハメくんとは、(*^◯^*)こういう顔文字で表される

 

ポジティブで純粋な横浜DeNAベイスターズファンを総称するAAである。

 

 

ポジティブのポジと横浜DeNAベイスターズの蔑称であるハメカスのハメをとって

 

ポジハメくんと呼ばれるようになりました。

 

ぶろ太
ポジハメくんキター!

 

横浜DeNAベイスターズは、チーム成績が低迷した暗黒の時代がありファンからバカにしたような呼び名のハメカスという蔑称が生まれました。

 

ハメカスの呼び名は

 

ヨコハマ→雑魚ハメ→雑魚ハメカス→ハメカス

 

という進化をしてポジハメの一部となりました。

 

ぶろ太
チームが弱いとバカにされるような蔑称がつけられるんやな…

ポジハメくんの元ネタや由来は?

では何故このようなポジハメくんと呼ばれる顔文字が横浜DeNAベイスターズファンを総称するようになったのでしょうか?

 

それには、こんなエピソードがありました。

 

2013年に日本はWBCに出場しましたがチーム事情や有力な選手がいないという理由から誰一人日本代表として横浜DeNAベイスターズからは選出されませんでした。

 

ただ台湾代表からは横浜DeNAベイスターズの王溢正(ワンイーゼン)選手が選出されました。

 

ぶろ太
ワンちゃんキター!

 

そんな中、ひとりの横浜ファンの少年と思われるユーザーがYahoo知恵袋に登場し

 

「WBC台湾代表のワンイーゼンは今日でますかね?横浜ファンの僕にとってはワンイーゼンが唯一の横浜からのWBC代表なので横浜にもこんな選手がいるんだ!と全国に発信して欲しいんです(*^○^*)」

 

と横浜唯一の選手である希望と期待に満ち溢れていました。

 

しかし、その少年のポジティブで純粋なコメントとは、うらはらに

 

王溢正選手はWBCのキューバ戦で登板しますが

 

ホームランを含む3連打を打たれて一人もアウトを取れずに6失点と大炎上してしまいます。

 

台湾代表も0対14でコールド負けで

 

なんでや阪神関係ないやろ!33ー4並みの大敗をしてしまいます。

 

なんでや阪神関係ないやろ!

 

なんでや阪神関係ないやろ!33ー4についてはコチラの記事で詳しく紹介しています!オススメなのでぜひ参考にして下さいね!

 

⇒なんでや阪神関係ないやろとは?ネットやツイッターなどのSNSでよく見る33-4って何?

 

そんな横浜唯一の選手が炎上してしまうという出来事からネットやTwitterでは

 

ぶろ太
横浜のワンちゃん全然あかんかったやん!www 横浜唯一の選手やったのに…

 

と書きこまれ

 

またYahoo知恵袋の回答も

 

出来れば無関係を装いたい炎上ぶりですね

 

 

まさにベイスボールを体現したすばらしいピッチングですね

 

などバカにしたような回答がなんJで流行り

 

期待を大きく裏切ったことがネタにされました。

 

やきゅ美
わざわざ顔文字まで作って、あの超有名なYahoo知恵袋という場所まで借りて応援したのに炎上って!笑

 

とネタにされ広まって

 

横浜ファンの少年と思われるユーザーのYahoo知恵袋での質問までもが有名になってしまうという出来事となってしまいました。

 

これが、ポジハメくんの由来となり広まりました。

 

ポジハメくんの顔文字も、この少年の質問の語尾に使われていたのが元ネタで今では横浜ファンを示すくらいの絵文字となりました。

ポジハメくんの口癖や色々なポジハメくんについて!

ポジハメくんは、口癖があります。

 

ぶろ太
わかった!語尾にナリやろ!www

 

ポジハメくんの口癖はぶろ太さんが言っているような語尾にナリではなく

 

○○なんだ!

 

 

○○いるんだ!

 

基本的には基本的には語尾がんだ!が口癖となっています。

 

これは、元ネタの少年のポジティブな口調をそのまま再現したものになっており、反面それをネタにしたような使い方になっています。

ネガハメくん!

そんな、ポジティブなポジハメくんですが、あまりにも横浜DeNAベイスターズの負けが続いてしまうと

 

ポジハメくんからネガハメくんにかわってしまう。

 

顔文字は(ヽ*´○`*)で表されます。

 

これは、なんJ(ヽ*´○`*)を使ってネガティブなことを言ったのがきっかけで、おもしろがって他のなんJ民にも浸透して行きました。

ネガケロくん

別名ネガシマとも言います。

 

広島東洋カープを表す顔文字で(●▲●)で表されます。

 

ケロイドから由来されているため、あまり良い意味で使われておらず、どちらかと言うと蔑称の意味で使われている。

 

ポジハメくんとは、誕生した時期が近かったので、よくセットで使われることも多い。

 

ポジハメおじさんとは?

ポジハメおじさんは、国際ジャーナリスト浅井信雄氏のことです。

 

浅井氏はサンデーモーニングという番組でレギュラー出演していました。

 

その番組で横浜ベイスターズの話になるとよくまわりからコメントを求められていました。

 

ベイスターズ話になると顔をニヤつかせながら、聞いてもいない選手のネタまで話し出す姿が話題になり

 

ポジティブで純粋なポジハメくんと融合が可能となり

 

ポジハメおじさんとして広まって行きました。

 

2015年に前立腺癌のために、79歳でこの世をさりますが

 

天国でも横浜を応援していることでしょう。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は、ネットやなんJなどの野球板ちゃんねるで話題のポジハメくんについて記事を書かしていただきました。

 

ポジハメくんは、横浜ファンを現す顔文字となっていて

 

由来はポジティブで純粋な少年によるYahoo知恵袋での質問が元ネタとなっています。

 

その後、その少年はYahoo知恵袋には現れません。

 

しかしまた何年後かに

 

ポジハメさん

 

として少年から成長した姿で、ひょっこり現れるかもしれませんね!

 

その時の顔文字はどうなっているのでしょうか?

 

今回は、記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です