宗接唯人とは?彼女や結婚や子供は?守備の評価は?2019年現在と成績は?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

プロ野球選手の中にも、めずらしい苗字の人がって結構いますよね。

 

何これどう読むの?っていう選手も多いですよね。

 

一回覚えてしまえば、なんてことないですが、わからないうちは、とまどってしまいますよね。

 

この人も、そんなめずらしい苗字の選手で、なんと全国に約20世帯、約100人しかいないとされているめずらしい苗字の選手です。

 

その選手の名は

 

ぶろ太
君の名は。みたいに言うなや!www

 

千葉ロッテマリーンズの宗接(むねつぐ)唯人選手です。

 

宗接唯人選手は、2016年のドラフト7位でロッテに入団しました。

 

今回はそんな宗接唯人選手にせまってみましょう。

宗接唯人選手のプロフィールを紹介!

氏名   宗接 唯人(むねつぐ ゆいと)

生年月日 1994年7月6日 (24歳)

出身地  兵庫県宍粟市

出身校  神戸国際大学附属高等学校

身長   183センチ

体重   90キロ

血液型  O型

入団   2016年ドラフト7位

背番号    45

あだ名

経歴

神戸国際大学附属高等学校

亜細亜大学

千葉ロッテマリーンズ(2017~)

応援歌

汎用

宗接唯人とは?プロ入り前の活躍とプロ入り後の活躍を紹介!

宗接唯人選手のプロ入り前とプロ入り後の活躍を紹介して行きたいと思います。

 

宗接唯人選手は兵庫県宍粟市出身の2019年6月22日現在で24歳の選手です。

 

身長183センチ、体重90キロで右投げ右打ちのキャッチャーです。

 

体型はキャッチャーとしては理想的な体型で、本人も言うように体も強い。

 

そんな宗接唯人選手は、波賀小学校時代に野球を始める、キャッチャーとして同じポジションの現在阪神の監督である矢野燿大に憧れていたみたいですね。

 

中学は波賀中学に進学し、兵庫県夢舞クラブに入ります。

 

高校は、神戸国際大附属高校に進み、2年秋から4番でキャッチャーを任され、チームの中心の選手に。

 

甲子園には出場できず、高校では思った成績を残せませんでしたが、4番を任されるくらいの選手に。

 

さらに亜細亜大学に進学し、3年からレギュラーに定着し、明治野球大会で優勝。

 

4年春には規定打席にも到達し、リーグ3位の打率.372をマークしベストナインにも選ばれる。

 

その功績が認められ2016年ドラフトで千葉ロッテマリーンズに指名され入団に至りました。

 

入団後の2017年ルーキーイヤーでは、一軍には出場できませんでしたが、フレッシュオールスターに出場したり、二軍ではホームランも記録しプロへの階段をのぼります。

 

2018年には、二軍で102試合に出場、打率.204でホームラン7本、打点26をマークします。

 

6月中頃には、念願の一軍初昇格も。

 

初ヒットはかないませんでしたが、これから記録してほしいですね。

選手の特徴やプレースタイル!守備の評価は?

宗接唯人選手は、体重90キロと大きい体ながら、50メートルは6秒1と俊足。

 

盗塁できるキャッチャーとして、また強肩キャッチャーとして評判の選手です。

 

なかなか盗塁できるキャッチャーというのはいないので一軍のレベルの高いところで決めてほしいですね。

 

また二塁送球タイムが1.8〜1.9秒前後と強肩でスローイングが安定して速いのも売りの選手。

 

しかも二軍では、キャッチャー以外にも一塁や外野にも挑戦して、守備の器用さも伺えますね。

 

バッティングは、小技もできますし、パンチ力もありますが、やはり打率が低いので、まずは二軍で打率.280以上を目指したいですね。

彼女や結婚や子供は?

そんな宗接唯人選手ですが、結婚しているのでしょうか?

 

まだ若い選手だけに、結婚はまだにしても、彼女と言った女性の情報は出ているのでしょうか。

 

2019年6月22日現在24歳ということで、一般の人なら、結婚している人がもいるとは思いますが、宗接唯人選手はどうなんでしょう。

 

そんな宗接唯人は

 

20196月22日現在、宗接唯人選手は結婚はおろか彼女といった女性の情報もありませんでした。

 

やはり、まだ若いですし、しかも2016年に入団したばかりの選手ということで今は野球に専念したいのでしょうね。

 

他のライバル選手達も日々練習に励んでいるときに遊んでいる場合ではないと本人もわかっているのでしょう。

 

とにかく今は一軍に定着できるように、日々練習に励んでほしいですね。

 

活躍してくれば、余裕ができ女性の情報もあるかもしれませんね。

 

そのときにはまた追記したいと思います。

2019年現在と成績は?

宗接唯人選手は現在2019年6月22日二軍に滞在しています。

 

二軍では43試合に出場、打率.194、ホームラン3本、打点12の成績です。

 

やはりパンチ力はありますが、打率が少し低いですね。

 

キャッチャーとしての完璧な守備力があれば、もう少し一軍での出場も見えてきますが、まだ2016年に入団したばかり。

 

キャッチャーの経験を養って、一軍での勇姿を見せてほしいですね。

 

まだ一軍にでヒットのない宗接唯人選手ですが、これから頑張って、はやくプロ初ヒットを成し遂げてほしいですね。

 

期待しましょう。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は千葉ロッテマリーンズの宗接唯人選手について紹介させていただきました。

 

宗接唯人選手は、マリーンズの俊足キャッチャー。

 

肩には定評があり、強さもそうですが、安定した送球ができる選手。

 

最近では、キャッチャーの他にも、一塁や外野手でのポジションでも出場しています。

 

少しでも出場の幅が広がるように、色々試行錯誤して頑張ってほしいですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です