ストーブリーグとは?由来は?プロ野球はいつからいつまで?様々なドラマがある?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

プロ野球もいよいよキャンプインという時期になりました。

 

長いシーズンが終わって、開幕を待ちわびていたファンにとっては、やっと春が来たという感じだと思います。

 

球春という言葉があるぐらいですから、ほんとに待ち遠しかったですよね。

 

シーズン中は、好きなチームの試合展開や選手の活躍に一喜一憂する日々が続きますが、シーズンが終わってからも熱い戦いが繰り広げられています。

 

それが、ストーブリーグです。

 

ストーブリーグという言葉自体は耳にされることも多いかと思いますが

 

今回は、そんな熱いストーブリーグについて見ていきましょう。

そもそもストーブリーグとは?その由来って何?

ストーブリーグというのは、まあ簡単に言ってしまえば

 

スポーツのシーズンオフの期間に繰り広げられるスポーツ選手の契約更改や移籍といった動きのことです。

 

アメリカなどではhot stove leagueという表現がされます。

 

シーズンが終わったあと、別のリーグでの戦いが開催されるとかというわけではないのですが、この期間の一連の出来事を指して、ストーブリーグという呼び方をします。

 

その言葉の通りストーブがいる季節に繰り広げられる戦いといっていいのかと思います。

プロ野球のストーブリーグっていつからいつまで?

ストーブリーグはシーズンオフの期間のことですが、別に明確に期間が決まっているわけではないです。

 

だいたい、レギュラーシーズンが終わり、クライマックスシリーズ、日本シリーズが終わった時期から、色々な動きが本格化していきます。

 

もちろんチームによっては、レギュラーシーズンが終了すれば、すぐにストーブリーグに突入、あるいはレギュラーシーズンの終盤にはストーブリーグに突入しているようなチームも出てきますが。

 

ですから時期的には11月前半ぐらいからキャンプインの2月1日までがその期間と考えていいいでしょう。

 

もちろんキャンプ中やオープン戦の期間中も、まだトレードなんかはありますから

 

ストーブリーグとも言えますが、やはりちょっと季節外れな気もしますよね?

プロ野球のストーブリーグではどんなことがあるの?

プロ野球のストーブリーグには色々なドラマが繰り広げられます。

 

新しくプロ野球の飛び込んでくる選手も誕生しますし、球界を去る選手もいます。

 

そして、移籍等で新天地へ移っていく選手もいます。

 

監督やコーチなんかのスタッフについても同じことが言えます。

 

最近では、一番大きな動きというのはFA(フリーエージェント)だと思います。

 

トレード等の補強のこれが決まってから本格的に動き出すことも多いですもんね。

 

昨年は特に、2年連続MVPの丸佳浩選手がFA宣言をして、広島東洋カープから読売ジャイアンツに移籍しましたよね。

 

ジャイアンツはその他にもFAで埼玉西武ライオンズから炭谷銀次郎選手を獲得しました。

 

そして、話題を呼んだのがこの2人の変わりに長野久義選手と内海哲也選手という生え抜きのチームの顔ともいうべき選手が人的保障でジャイアンツを去ったということです。

 

ぶろ太
そらドラマやわ!

 

FA以外では、トレードなどもこの時期に行われることが多いです。

 

これらの動きは、普通の会社ならば転勤や所属変更みたいなものかもしれません。

 

トレードに関しては昔に比べると、ドライに受けとめられるようになった気がします。

 

昔は「トレードに出される。」みたいな表現をされることもありましたもんね。

 

本来ならば新たな活躍の場が与えられるということで、選手にとってマイナスな話ではないはずですが、元のチームに不必要になったという面ばかりが強調されていたんでしょうね。

 

また、普通の会社でいう、新入社員や退職者が出るのもこの時期です。

 

ドラフト会議は日本シリーズの前に行われることが多いですが、入団会見とかはこの時期で、みんな夢が叶って、いい顔してますもんね。

 

そして、引退や戦力外通知を受けて球界を去る選手も出てきます。

 

最近はトライアウトという戦力外通知を受けた選手のうち現役続行を希望する選手が集まってプレーする機会というのも設けられていて

 

そこでも、家族を呼んで最後の雄姿を見せたりといったことがあり、そこにも色々なドラマがありますよね。

 

後、地道なものとしては、契約更改というのがあります。

 

これも最近は複数年契約や額の大きさもあって話題を呼ぶことが多いですね。

他のスポーツでもストーブリーグみたいなものってあるの?

他のスポーツでもオフシーズンには契約や移籍なんて話が繰り広げられますから、当然ストーブリーグのようなものはあります。

 

例えば、夏場に契約更改なんかが行われるスポーツの場合は、呼び名が変わって、プールサイドリーグあるいはビーチサイドリーグと呼んだりするようです。

 

なんだか、こちらの方が、明るい開放的な感じがしますね、やってることは同じなんでしょうが。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はストーブリーグについて見てきました。

 

本来ならば選手が身体のケアをしたりリフレッシュにあてるこの期間ですが、やっぱりそこでも色々と熱いドラマが繰り広げられるんですね。

 

できれば、好きなチームのストーブリーグの開幕は遅い方がいいですが。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です