ポストシーズンの意味とは?メジャーリーグと日本のプロ野球も解説!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

みなさんは、プロ野球やメジャーリーグの野球を見たことがありますか?

 

日本のプロ野球は、テレビ中継でたまにやっていますが

 

メジャーリーグは、あまりテレビ中継では、やっていませんね。

 

しかし、最近はケーブルテレビなどのCS放送が普及して

 

日本でもメジャーリーグの試合を手軽に観ることができるようになりましたね。

 

そんな、メジャーリーグですが

 

シーズン終盤にも、なってくると、こんな言葉をよく耳にしませんか?

 

ポストシーズン

 

この言葉は、ある特別な期間を言いますが

 

野球に詳しい方もポストシーズンについて知らない人も多いかと思いますので

 

今回は、ポストシーズンについてスポットライトを当てて紹介したいと思います。

ポストシーズンの意味とは?

最近は大谷翔平選手など日本からメジャーリーグに挑戦する選手が増え

 

ニュースでもメジャーリーグの試合の結果が紹介されたりと、日本でもメジャーリーグが浸透してきましたね。

 

やきゅ美
大谷くん活躍してるもんね!ただちょっとケガして心配~!

 

大谷選手を筆頭に、田中将大選手やダルビッシュ有選手など日本からもメジャーリーグで活躍する選手が増えましたね。

 

ぶろ太
日本の野球のレベルが上がってきた証拠やな!

 

そんなメジャーリーグですが、メジャーリーグの試合速報やニュースを観ているとポストシーズンという言葉をよく聞きませんか?

 

ポストシーズンは、メジャーリーグで重要な期間を指しています。

 

それを説明して行きたいと思います。

 

ポストシーズンとは

 

スポーツ(野球などの球技)のレギュラーシーズン終了後に行われる、チャンピオンを決める一定数の試合のことでプレーオフとも呼ばれます。

 

アメリカのメジャースポーツ

 

特にアメリカの4大プロスポーツリーグ

 

ベースボール、アメリカンフットボール、バスケットボール、アイスホッケー

 

で取り入れられていて、レギュラーシーズンを戦いシーズン終了後に、上位のチームが進出しトーナメント形式で行われます。

メジャーリーグのポストシーズンとは?

メジャーリーグのポストシーズンについて紹介します。

 

メジャーリーグのポストシーズンとは

 

プレーオフとワールドシリーズを合わせてポストシーズンと呼ばれていて

 

レギュラーシーズンが終わった10月から開催されています。

 

最終的には、アメリカンリーグとナショナルリーグで優勝したチームがワールドシリーズで対戦してチャンピオンを決めます。

 

カズズ
日本でいうと、セ・リーグとパ・リーグでクライマックスシリーズを制したチームが日本シリーズで戦うみたいな感じですかね!

 

詳しく説明すると

 

アメリカンリーグは、東地区5チーム、中地区5チーム、西地区5チームに分かれていて

 

同様に

 

ナショナルリーグも、東地区5チーム、中地区5チーム、西地区5チーム

 

に分かれています。

 

最終的にはこのアメリカンリーグとナショナルリーグのそれぞれ5チームずつ、計10チームがプレーオフに進出します。

 

詳細は

 

アメリカンリーグとナショナルリーグでそれぞれレギュラーシーズンを戦って、地区ごとの優勝チームの3チームとワイルドカードの2チームとなっています。

 

ワイルドカードは、地区優勝以外の12チームのうち上位2チームに与えられ1試合限定のワイルドカードゲームを戦い勝利したチームがディビジョンシリーズへ進出できます。

 

カズズ
このとき、地区1位やワイルドカード2位のチームが複数あれば、更にプレーオフが行われます。

 

ぶろ太
メジャーリーグには、ワイルドカードとか、ディビジョンシリーズとか、いっぱいあるんやな!

 

ディビジョンシリーズは

 

アメリカンリーグとナショナルリーグの両リーグで2カードずつ組まれ

 

地区優勝で一番勝率の高いチームvs.ワイルドカードゲームの勝者

 

 

地区優勝で二番目に勝率の高いチームvs.地区優勝で三番目に勝率の高いチーム

 

で対戦カードが組まれ、最大5ゲームの予定で

 

先に3勝し、勝ち上がった2チームがリーグチャンピオンシップシリーズに進みます。

 

ぶろ太
リーグチャンピオンシップシリーズまで出てきた…

 

リーグチャンピオンシップシリーズは、7戦4勝制で先に4勝した時点でリーグ優勝になり、最終ステージのワールドシリーズに進みます。

 

ぶろ太
やっと最終ステージのワールドシリーズか!メジャーリーグのワールドシリーズチャンピオンになるのは、一筋縄にはいかへんなあ!

 

ワールドシリーズは

 

ナショナルリーグの優勝チームvs.アメリカンリーグの優勝チーム

 

で行われ、7戦4勝制で4勝したチームがワールドシリーズチャンピオンとなります。

 

これだけみても、ワールドシリーズチャンピオンになるまでには、数々の試合に勝利し勝ち上がって行かなければなりません。

 

なので、ワールドシリーズチャンピオンになるのは、とても光栄なことだと言えますね。

日本のプロ野球のポストシーズンとは?

日本のプロ野球のポストシーズンは、クライマックスシリーズと日本シリーズのことを言います。

 

クライマックスシリーズはファーストステージとファイナルステージに分かれています。

 

ファーストステージは

 

セ・リーグとパ・リーグの両リーグで行われ

 

レギュラーシーズンの2位と3位のチームが2位の本拠地で3試合戦います。

 

勝ち数が多いチームがクライマックスシリーズのファイナルステージに進出します。

 

1勝1敗1分けや3分けの場合は2位のチームがファイナルステージに進出します。

 

2試合で進出が決定した場合は(2勝や2位球団が1勝1分け)3試合目は行わないことになっています。

 

ファイナルステージは

 

セ・リーグとパ・リーグの両リーグで行われ

 

レギュラーシーズンの優勝チームとファーストステージの勝利チームが対戦します。

 

レギュラーシーズン優勝チームの本拠地で6試合行われ、レギュラーシーズン優勝チームには、1勝のアドバンテージが与えられます。

 

先に4勝したチーム(アドバンテージを含む)が日本シリーズに進出します。

 

引き分けを含めて、同じ勝ち数になった時はレギュラーシーズン優勝チームが日本シリーズに進出します。

 

日本シリーズ進出したチームが確定した時点で、残りの試合は行わない。

 

日本シリーズは

 

セ・リーグのクライマックスシリーズの勝者vs.パ・リーグのクライマックスシリーズの勝者が対戦して

 

日本一のタイトルを決める戦いである。

 

7試合で先に4勝した方のチームが日本一となり、以降の試合は行わない。

 

引き分けなどがあり、8戦目にもつれこむ場合もある。

 

その場合は、7戦目の次の日に7戦目と同じ球場で試合をします。

 

以降どちらのチームが4勝になるまで試合をして日本一を決めます。

 

ぶろ太
阪神タイガース日本一にならんかなあ!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は、ポストシーズンについての記事を書かしていただきました。

 

ポストシーズンを見ている方は、トーナメント形式でレギュラーシーズンとは、また違った楽しみ方ができます。

 

試合を行っているチームは、短期決戦なので、レギュラーシーズンとは、違った戦い方が必要になってきます。

 

選手も、そんなポストシーズンの先にある頂点を目指して今日も努力していることでしょう。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です