パスボールとは?エラーになる?盗塁や打点や自責点は?プロ野球記録も紹介


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

野球にミスはつきもので、守っている選手のミスはエラーという表現を使います。

 

出来て当然のこと、普通ならばできることができなかったという意味ですね。

 

一方、守備をしている選手のなかでも、最もボールに関わることが多いのがピッチャーとキャッチャーです。

 

中でも、キャッチャーはピッチャーの投げる全てのボールに対応しなければいけません。

 

そんなキャッチャーのミスとされるものにパスボールがあります。

 

今回は、そんなパスボールについて紹介していきたいと思います。

パスボールとは?ワイルドピッチとの違いは?

パスボールとワイルドピッチは結果としては同じものですが、その責任の所在ということで分かれてきます。

 

簡単に言えば、ワイルドピッチは、キャッチャーが通常のプレーの範囲では捕ることができないと思われるボールをキャッチャーが捕球できず、それに伴ってランナーが進塁した場合です。

 

それに対して、パスボールは、通常のプレーではキャッチャーが捕球できると思わるボールをキャッチャーが捕球できず、それに伴いランナーが進塁してしまった場合です。

 

ルールブックにも、同じような内容が記載されています。

 

まあ、もっと縮めれば、ピッチャーのミスならワイルドピッチ、キャッチャーのミスならパスボールということになります。

 

ただし、どちらもそれによってランナーが進塁した場合に限ってのことですから、ランナーがいない場合は、どちらも記録されません。

 

そして、このどちらに当たるかの判定は公式記録員が行うことになります。

 

カズズ
ワイルドピッチについてはコチラの記事でも詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。
ワイルドピッチとは?エラーや自責点や打点3つの記録を解説!

パスボールって記録上の扱いはエラーなの?

パスボールとワイルドピッチの違いについて説明しましたが、このパスボールはキャッチャーのエラーに分類されるのでしょうか。

 

実は、パスボールとワイルドピッチは、エラーには分類されません。

 

理由は、ピッチャーとキャッチャーはボールを扱う数が他の野手に較べて圧倒的に多いため、パスボールやワイルドピッチをエラーに含めてしまうと、不公平感が出てくるからです。

 

カズズ
確かに、通常の守備機会とは、違ったもののような気がしますね。

盗塁は記録されるの?

パスボールはエラーには該当しないわけですが、ではその他の記録に与える影響としてはどのようになるのでしょうか。

 

まず、ランナーの進塁に関してですが、当然かもしれませんが盗塁は記録されません。

 

ただし、ランナーがキャッチャーのパスボールを確認する前にスタートを切っていた場合は盗塁が記録されます。

 

例えば、1塁ランナーがスタートを切って、キャッチャーがパスボールをしてランナーが3塁まで進んだ場合、2塁への進塁は盗塁、3塁への進塁はパスボールによるものとなります。

打点はどうなるの?

次に打撃成績に与える影響です。

 

パスボールの結果ランナーがホームインした場合、バッターに打点はつくのでしょうか。これは、打点は記録されません。

 

まあ、自分が打ってランナーを返したわけではないですもんね。それが打点になったら運の要素がかなり多くなり不平感がでますもんね。

自責点はどうなるの?

最後に、ピッチャーの記録に対する影響です。

 

これも基本的には同じような考え方で、パスボールの影響によって進塁したランナーがホームインした場合は自責点にはカウントされず、防御率にも影響しません。

 

ルールブックでは、「ミスプレイの助けを借りなければ得点できなったと記録員が判断したときだけ、その走者の得点は自責点とならない。」とあります。

 

ただ、本家メジャーリーグでは若干取り扱いが違っていて、例えば、3塁にランナーがいてパスボールによって、そのランナーがホームインした後に、バッターがホームランを打った場合などは、どちらにしても点を取られえていたということで、自責点にカウントされてしまう場合もあるようです。

パスボールに関するプロ野球の記録は?

では、そんなパスボールに関して、プロ野球記録としてはどんなものがあるのでしょうか。

 

シーズン最多記録は、南海ホークス(現、福岡ソフトバンクホークス)の野村克也捕手と阪神タイガースの若菜嘉晴捕手の17のようです。

 

通算では、1位がやはり野村克也捕手の132となっています。

 

ぶろ太

そのへんは出場が多くなるとパスボールも多くなるよな!

 

また、2016年シーズンのオリックスバファローズは、パスボール0でシーズンを終えました。

 

ぶろ太

そんなこともあったんやな!すげー!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はパスボールについて紹介させていただきました。

 

パスボールの数については、キャッチャーとして出場した試合の数、そして受けたボールの数が大きく影響してきますよね。

 

阪神タイガースの梅野隆太郎捕手などもキャッチングがうまい、そしてボールを後ろにそらさないことで評価が高い捕手ですが、2019年シーズンは6個のパスボールを記録していて、これはセリーグでは最も多い数字となっています。

 

まあ、エラーと同じで防ごうとしても防ぎきれないものでもありますし、ピッチャーとの連携や出場機会も多い選手ですもんね。

 

いずれにしても、キャッチャーというのは大変なポジションですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です