ホームスチールとは?ボークを誘える?打点は?スコアの書き方やプロ野球記録も!

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

盗塁と言うと、ランナーの足の速さがポイントになります。

 

もちろん、そこにはスタートを切るための経験や駆け引きスライディングのスキル、ピッチャーのモーションの大きさ、キャッチャーの肩の強さなどいろいろな要素が絡まってきます。

 

そんな盗塁の中でも少し特殊なのが本塁への盗塁です。

 

ホームスチールとも言いますが、めったにあることではないですが、成功した場合のインパクトは強いものがあります。

 

今回は、そんなホームスチールについて紹介していきたいと思います。

ホームスチールとは?ホームスチールの種類は?ボークは誘えるの?

ホームスチールはその名の通り、本塁への盗塁です。本盗といったりもします。

 

相手の隙をついたプレーとなり、珍しいプレーです。そんなホームスチールですが、大きく分けて次のようなケースがあります。

ピッチャーの投球に合せてのホームスチール

普通の盗塁のようにスタートを切るわけですが、他の塁での盗塁以上にピッチャーの癖をしっかり把握し、隙をつく必要があります。

 

特にノーアウトやワンアウトのシチュエーションでは、ピッチャーはセットポジションで投げていますし、ランナーのことは十分警戒していますから、難しくなります。

 

チャンスがあるのはツーアウトの場面が多いです。

 

ツーアウトでランナーが他にいなければ、ピッチャーはセットポジションを取らないかもしれませんし、警戒していない場合、モーションが大きくなりがちです。

 

このような場合に、ピッチャーがモーションに入るか入らないかの微妙なタイミングでスタートを切れば成功する可能性があります。

他の塁のランナーと連携したホームスチール

実際にあるのはこのケースが多いかもしれません。

 

ランナーが他の塁にもいる場合です。

 

特に1塁にランナーがいる場合のダブルスチールなどは比較的成功しやすいです。

 

1塁ランナーが2塁へ向けてスタートを切って、キャッチャーの送球を見て3塁ランナーがスタートを切るのです。

 

ただ、この場合はホームインしてもその走塁が盗塁、ホームスチールと記録されるかどうかは微妙なようです。

 

後は、1塁や2塁のランナーに牽制した際にスタートを切る場合です。

 

カズズ
これも、的確な状況判断と勇気が必要なプレーですね。

キャッチャーの返球のタイミングを狙ったホームスチール、敬遠の場合のホームスチール

これは、ピッチャーの隙というよりもキャッチャーの隙をついたプレーです。

 

キャッチャーがピッチャーへ返球する際にスタートを切るケースです。

 

キャッチャーがゆるい山なりのボールを返している時など、一瞬の隙をついたプレーになります。

 

同じようなケースが敬遠の投球の際のホームスチールです。

 

プロ野球では申告敬遠という制度ができていますが、そうでない場合はピッチャーはゆるめのボールをホームベースから離れたところに投げることになりますから、そこにチャンスが生まれることがあります。

 

また、ランナーの動きに慌てたピッチャーが途中でモーションを止めてしまったりした場合等のボークを誘う場合もあります。

 

これは特に小学生や経験の浅いピッチャーの場合は犯してしまう可能性のあるものです。

ホームスチールの時の打点などの記録は?成功や失敗、スコアブックの書き方は?

では、ホームスチールの得点で打点は記録されるのでしょうか。

 

バッターの打撃による得点ではないので打点はつきません。

 

また、ピッチャーについては、ホームスチールに成功したランナーがエラーで出たランナーでない場合等は自責点にカウントされます。

 

また、スコアブックへの記入は、成功した場合はランナーの欄の左下部に「’S」と記入します。

 

失敗した場合は、投球の場合は2STO’、送球の場合は、1-2STO’と書きます。

ホームスチールに関するルールについて

ホームスチールについて見て来ましたが、次のようなケースではどうなるのでしょうか。

2アウトでホームスチールに成功したが、バッターが三振してしまった場合

この場合は先にホームベースに到達していてもホームスチールは認められません。

 

もちろん、ツーアウトでなければホームインは認められます。

ピッチャーの投球がホームインする前のランナーに当たってしまった場合

ピッチャーの投球がランナーに当たった瞬間にボールデッドになります。

 

そして、その瞬間にランナーには他のランナーも含め1つの進塁が認められます。

 

ただ、ボールがランナーに当たって瞬間をもって、その投球のストライク、ボールを判定することになります。

 

つまり2ストライクでその投球がストライクと判定された場合は、バッターは三振となります。

 

そして2アウトの場合は、三振の時点でプレーは止まっていますから、ランナーの進塁、得点は認められないことになります。

ホームスチールに関するプロ野球記録は?

では、実際にプロ野球ではどれぐらいホームスチールがあるのでしょうか。

 

NPBでのホームスチールの成功記録を持っているのは、戦後初の外国人選手となった与那嶺要選手です。

 

与那嶺選手は1951年から1960年までは読売ジャイアンツ 、1961年、1962年中日ドラゴンズ で活躍した選手ですが、その12年間に11個のホームスチールを成功させています。

 

カズズ
与那嶺選手はその他にも1試合2つのホームスチール、1シーズン5つのホームスチールの日本記録をもっています。

 

以外なところで、多くのホームスチールを成功させたのが、名捕手にして名監督、そしてID野球を浸透させた野村克也選手です。

 

決して足が速い選手ではなかったのですが、何と7個のホームスチールを成功させています。

 

いかに洞察力が大切かということですね。

 

また、ホームスチールで印象に残っているのが2004年のオールスターゲームで当時北海道日本ハムファイターズの新庄剛志選手のものではないでしょうか。

 

これは、オールスターという雰囲気もありキャッチャーが膝をついたまま、山なりのボールをピッチャーに返球した隙をついたものでした。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はホームスチールについて見てきました。

 

確かにめったにあるプレーではないですが、そこには野球のルールに関する知識や相手に対する洞察力、高い集中力などが必要な、実は高度なプレーだったんですね。

 

野球をされている方は一度は、決めてみたいものですよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です