南港中央野球場とは?球場は人工芝?プロや高校野球は開催される?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

大阪には京セラドーム大阪の他にいくつかの球場があります。

 

古くからあった大阪球場や藤井寺球場、日生球場といったスタジアムが姿を消した代わりに最近できたもののひとつに南港中央野球場というのがあります。

 

そして、この南港中央野球場、ひょっとしたらタカが舞っていたのかもしれないんです。

 

ぶろ太
タカアンドトシのタカか!?www

 

ぶろ太さんは、ほっといて南港中央野球場について見ていきましょう。

南港中央野球場とは?どんな球場?

南港中央野球場は、正式名称を大阪市南港中央野球場といって、1987年に大阪市によって竣工、1995年に改修されました。

 

当時大阪市内には、いくつかの球場が老朽化解体されていっていましたので、舞洲ベースボールスタジアムとともに人工島に建設されました。

 

大阪市所有のこの南港中央野球場は両翼98メートル、センター122メートルの立派な規模を誇っています。

 

グラウンドは全面人工芝で、ネット裏、内野に4000人のベンチ席があり、その他に外野の芝生席を合わせて10000人の収容が可能となっています。

 

電光掲示板式のスコアボードや6基の照明設備も完備されていて

 

利用料金は2時間あたり

 

平日は大人12000円、高校生9000円、中学生以下は6000円

 

土日祝日で、大人14000円、高校生10800円、中学生以下は7200円

 

となっています。

 

その他に照明設備やスコアボード、放送設備、更衣室等を使う場合は別に料金が必要になってきます。

 

有料ですが、263台の駐車場も完備しています。

南港中央野球場ってどこにあるの?

大阪府大阪市住之江区の南港中央公園内にあります。

 

大阪南港は大阪湾の南にある咲洲という人工島のなかにあり、南港ポートタウン線(ニュートラム)ポートタウン東駅から歩いて10分のところにあります。

 

車でしたら、阪神高速湾岸線南港北口からすぐのところにあります。

南港中央野球場ではプロ野球や高校野球は?どんなプレーが繰り広げられるの?


そんな南港中央野球場では、硬式野球の他に軟式やソフトボールの試合にも利用されます。

 

そして、プロ野球の試合こそ開催されませんが、高校や大学の公式戦が行われます。

 

高校野球では全国高等学校野球選手権大会大阪大会の会場のひとつともなります。

 

大学野球では、関西学生、関西六大学、近畿学生、阪神大学といったリーグの公式戦が開催されます。

 

そして、2015年に開催されたU-18ワールドカップでは、舞洲ベースボールスタジアム、豊中ローズ球場とともりグループリーグの試合会場ともなりました。

 

2015年9月3日にはスーパーラウンドのキューバとオーストラリアの試合が開催されました。

 

キューバやオーストラリアといってチームの代表がここで汗を流したわけですね。

南港中央野球場は舞洲ベースボールスタジアムに比べてここが素晴らしい!

同じく大阪湾の人口島にある舞洲ベースボールスタジアムとこの南港中央野球ですが、造りなどは非常に似通っています。

 

違う点と言えば、内野が黒土の舞洲ベースボールスタジアムに対してこの南港中央野球場は全面人工芝となっているため、そのメンテナンス状況等は問題としてあげられたりもします。

 

ではこの南港中央野球場のいいところはどこでしょうか。

 

一番は、公共交通によるアクセスの良さです。

 

舞洲ベースボールスタジアムの場合は、最寄駅からバスとなり輸送人員に限りがあるため、その不便さが言われたりもしますが

 

この南港中央野球場の場合は、ニュートラムの最寄駅からすぐとなりますから、ぐっと利便性があがります。

 

そして、舞洲に比べて周辺に商業施設等が多いので、食べ物や飲み物を買ったりといった場合にも便利ですね。

南港中央野球場でタカが舞っていたかもしれないってどういう意味?

プロ野球は開催されていないこの南港中央野球場ですが、実は、ここでタカが舞っていたかもしれないんです。

 

タカはタカでも、猛禽類の鷹でもなく、ホークスです。

 

それも福岡ソフトバンクホークスではなく、その前身の南海ホークスなんです。

 

ぶろ太
タカトシじゃなくて南海ホークスやったんか!

 

南海ホークスの本拠地は難波の中心にあったのですが、再開発等によって取り壊しが決定していました。

 

そんな時に、大阪球場の代わりに南海ホークスの本拠地として候補にあがったのがこの南港中央球場なんです。

 

実際には、南海ホークス自体が当時にダイエーに身売りをするという結果になったので、その話は実現しませんでしたが、実現していたら3万人収容規模の球場に改修される予定でした。

 

そして、そこで大阪湾の風のなか、タカが舞っていたかもしれませんね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は南港中央野球場について見てきました。

 

確かに、全面人工芝の屋外型の球場というのは関西では馴染みが少ないですが

 

そのアクセスの良さは抜群ですから、一度は訪れて、そしてプレーしてみてもいいかもしれないですよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です