メディシンボールとは?効果 種類 選び方!使い方やトレーニング法は?おすすめ人気6選も!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

メディシンボールという名前を聞いたことがありますか?

 

名前だけ聞くと何かのボールなんだろうなと想像すると思います。

 

まさにその通りで、メディシンボールとは筋トレのときに使うボールなのです。

 

テレビなどでトレーニングをしている人が重そうなボールを抱えながら体を動かしているところを見たことがありませんか?

 

まさにあれがメディシンボールなのです。

 

多くの人はなんとなく見たことがあるというだけで詳しくは知らないと思います。

 

そこで今回はメディシンボールについてまとめてみました。

メディシンボールとは?

メディシンボールとは今いろいろなところで使われているトレーニンググッズです。

 

特にアメリカなど海外では人気が高いです。

 

大きさは種類にもよりますがおおよそバスケットボールくらいです。

 

重さは1~15キロほど。

 

様々な種類のボールがあるので初めてメディシンボールを使う初心者から使い慣れた上級者、さらにプロのアスリートまで幅広く使うことが出来ます。

 

使い方はダンベルがわりに上げ下げすることはもちろん、投げる、叩きつけるといったトレーニングも出来ます。

 

目的に合わせて広く使うことができる便利な筋トレグッズです。

メディシンボールの効果は?

メディシンボールは使い方によって様々な効果を得ることができます。

 

主なものをまとめてみました。見た目とは裏腹で実に多くの望みを叶えてくれます。

 

ぶろ太
見た感じバスケのボールみたいやもんな!そんな効果あるの?って思っちゃうわ!

 

筋力がつく

腕や腹筋といったあらゆる筋肉をつけることが出来ます。

 

ボールの使い方によって筋肉がつく場所も変わってくるので、自分が鍛えたいところを重点的にすることも可能です。

 

さらにスポーツ選手であればその筋トレによってパフォーマンスの向上にもつながります。

 

とにかく体を鍛えたいという人もスポーツ選手にも効果を発揮します。

 

体幹を鍛えることができる

メディシンボールは今流行りの体感にも効果を発揮します。

 

いつもトレーニングで鍛える筋肉に加えてインナーマッスルも強くするのです。

 

その結果、姿勢がよくなる、体が引き締まる、体の歪みが改善されるといった変化を生み出します。

 

メディシンボールはじっくり内側から体を鍛えることにも向いているんですね。

 

リハビリもできる

メディシンボールの中でも軽めのボールを使用すればリハビリとしても使えます。

 

実際にリハビリ施設でメディシンボールが既に取り入れられているのです。

 

筋力が低下している人でも自分で無理なく持てる大きさのものを選び、ゆっくりトレーニングをしていけばだんだん元の筋肉に近づくことができます。

メディシンボールの種類は?

メディシンボールはただの重たいボールだと思いきや、実は細かく種類があるのです。

 

用途や目的によって自分に合ったものが見つけられるようにそれぞれの特徴を覚えておきましょう。

 

ゴムタイプ

ボールの素材がゴムで出来ているものです。

 

比較的安めの価格なので手に入れやすいです。

 

メディシンボールのスタンダードという感じで最も使われているのがこのタイプです。

 

お手入れもしやすく、ゴムで出来ているので掴みやすく使いやすいボールです。

 

筋力UPやバランスを鍛えるためのトレーニングに合っています。

 

ソフトタイプ

柔らかいクッションのような生地で作られているものです。

 

体に当たってもそれほど痛くないので安全に使うことが出来ます。

 

また弾力があまりないといった特徴から、お互いに投げ合ったり、地面に叩きつけたりといったトレーニングに向いています。

 

パワー・スピード系の力をつけたいならソフトタイプがオススメです。

 

グリップ付き

丸いボールの形をしているのにも関わらず掴めるようにグリップがついた一風変わった見た目のボールです。

 

しっかり掴めることからダンベルのように扱うことが出来ます。

 

また思いっきり投げ飛ばす動作も出来ます。一気に使用方法が広がるのが特徴です。

メディシンボールの選び方は?

メディシンボールにはたくさんの種類があるのでどれを選んだらいいか悩んでしまいます。

 

選び方の基準はズバリ「自分に合ったもの」

 

まずは自分が無理なく持てる重さを選びましょう。

 

重ければ重いほど良いというものではないので、あくまで適切な重さを選ぶようにしましょう。

 

そのあとは自分が考えているトレーニングメニューの中で使いやすいものを選びましょう。

メディシンボールでトレーニングするときの注意点

メディシンボールを使う際には注意点がありますので紹介して行きたいと思います。

 

怪我をしないように準備運動をしっかり行う!

まず使う前にはしっかりストレッチをしましょう。

 

手を使うので手首や腕のストレッチは欠かせません。

 

また投げたりする動作がある場合は体全体を軽く伸ばしておくといいでしょう。

 

まわりに気をつける!

十分な広さのスペースを確保し、人にボールが当たらないようにしましょう。

 

特に投げたり叩きつけたりするトレーニングのときは気をつける必要があります。

 

メディシンボールは重たく、スピードもある程度は出るので人に当たれば怪我のもとになります。

メディシンボールの使い方&トレーニング法

では実際にメディシンボールを使ったトレーニングにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

工夫次第でいろいろなトレーニングをすることが出来ますが、今回はよく使われるトレーニング法をまとめてみました。

 

メディシンボールシットアップ

腹筋を鍛えるトレーニングです。

 

メディシンボールを使ったトレーニングではかなり基本的なものなのでまずはこれから始めてみてもいいでしょう。

 

①床に仰向けに寝っ転がる

②足を90°くらいの角度になるように立てる

③メディシンボールを持ったまま頭の上で腕を伸ばす

④腕を伸ばしたまま状態を起き上がらせる

⑤完全に起きあがったらまたそのまま元に戻るように上体を寝かせる

⑥①~⑤を繰り返す

 

メディシンボールプランク

これは体幹を鍛えるトレーニングです。

 

手順も分かりやすいので誰でもすぐに始められます。

 

大きな負荷もかからないので怪我をする心配がなく、安心して取り組むことができます。

 

①ボールを地面に置く

②その上に両手を乗せ、手は伸ばす

③足を閉じて伸ばしたままつま先だけを床につける

④その状態をキープする

 

オーバーヘッドメディシンボールスラム

これはかなり激しい動きを伴います。

 

地面にボールを叩きつけるので、床を傷つけないように下には必ずマットを敷きましょう。

 

また、跳ね返ったボールに当たらないように注意しましょう。

 

衝撃を吸収しやすいソフトタイプを使うのがオススメです。

 

①直立し、頭の上で腕を伸ばしてボールを持つ

②そのまま下に振り下ろし、ボールを地面に叩きつける

 

おすすめ人気メディシンボール6選!

メディシンボールを使ってみたい!と思っても、いざいろいろな種類のボールを目の前にするとどれを選べばいいのか迷いますよね。

 

これからオススメのボールを紹介するのでぜひ参考にしてください。

 

自分の力・用途に合うものをしっかり把握した上で気になるものを選びましょう。

 

①GronG(グロング) メディシンボール トレーニングマニュアル付き

 

このメディシンボールはなんとトレーニングマニュアル付き。

 

どういったトレーニングをしていいのか分からない方にはオススメの商品です。

 

また素材はゴムになっていて表面はデコボコになっているため持ちやすいのも嬉しいですね。

 

3キロと5キロがあるので自分に合うものを探してみましょう。

 

また砂充填非バウンドタイプ

 

というものもあり、地面に強く叩きつけるといったこともできるタイプもあります。

 

②ボディメーカー メディシンボール

このボールの特徴は直径17センチという小ささ。

 

つかみやすく使いやすいですし、さらに限られたスペースの中で使えるのが魅力的です。

 

ゴム製で、ハードタイプのメディシンボールでは大人気の商品です。

 

ハードタイプが欲しいという方はまずはこれから始めてみてもいいかもしれませんね。

 

③アディダス デュアルグリップ メディシンボール

言わずと知れた有名ブランド、アディダスが出しているメディシンボールです。

 

グリップがついているため、掴んで遠くに飛ばす動作も行うことが出来ます。

 

大きさは26センチとかなり大きめです、値段はなんと17000円と高いです。

 

本格的にメディシンボールで鍛えたい、有名なブランドの高品質な製品が良いという方に向いている商品です。

 

④トーエイライト ソフトメディシンボール

直径14センチでかなり小さめです。

 

見た目も真っ青で可愛い印象のため、これで鍛えられるのかな?なんて思ってしまいますがしっかり重みはきちんとあります。

 

女性でも片手で持てるサイズなので女性にオススメしたい商品です。

 

小さいため屋内でも気軽にトレーニング出来て嬉しいですね。

 

⑤イグニオ ソフトウエイトボール

重量は1~3キロと選ぶことができ、軽めのメディシンボールをお求めの方にぴったりです。

 

さらに何より特徴的なのはその値段。1500円程度とかなり安価なのです。

 

メディシンボールをまずは少し試してみたいという方にオススメです。

 

⑥LINDSPORTS ひも付きメディシンボール

なんとヒモつきのメディシンボールです。

 

このヒモがあることでトレーニングの幅が一気に広がります。

 

遠心力を使うことが出来るので、ハンマー投げの練習にはぴったりですし、バスケの投げる練習にも合っています。

 

投げる動作が入っているスポーツをされている方はこのボールがオススメです。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はメディシンボールについて記事をかかせていただきました。

 

メディシンボールはバスケットボールほどの大きさの筋トレグッズです。

 

ただひとつのボールなのにも関わらず、筋肉も体幹も鍛えられるという大変な優れものです。

 

いろいろな種類がありますが、自分が無理なく使える重さのものを選びましょう。

 

トレーニングの方法は今回挙げた以外にも様々なトレーニング方法があります。

 

ぜひ自分にピッタリのものを見つけ、理想の体を手に入れましょう!

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です