からくりドームとドームランの意味とは?元ネタや由来を教えます!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

みなさんは、こんな言葉を聞いたことがありますか?

 

からくりドームドームラン

 

ネットやTwitterなどのSNSでも度々出てくるこの言葉

 

みなさん知ってますか?

 

知らない人もいるかと思いますので、今回は

 

からくりドームドームラン

 

について詳しく記事にして行きたいと思います。

からくりドームとは?

みなさんドーム球場で野球を観戦したことがありますか?

 

外の球場もいいですが、たまにはドーム球場で野球観戦するのもいいですね!

 

なんといっても、雨が降っても試合が行われるという最大のメリットがあります。

 

雨によって試合が中止になったり、試合途中に雨が降ってきたら、ファンも選手も嫌ですもんね。

 

そして、その他にメリットと言えば空調がきいてます、空調によって快適に試合を観戦できますし

 

選手にとっても、夏などに炎天下の甲子園などの外の球場にくらべたら、体力の消耗が軽減されたり、熱中症なども防げますね。

 

さて、そんなドーム球場ですが

 

からくりドームというドームをご存じですか?

 

ぶろ太
からくりドーム?そんなんあったか?京セラドームやったら知ってるけど!

 

では説明します。

 

からくりドームとは

 

読売ジャイアンツのホーム球場である、東京ドームの蔑称のことを言います。

 

カズズ
蔑称とは、さげすんだり、自分より下などバカにしたりする呼び方です。

 

からくりドームは略してからくりとも言われています。

からくりドームと言われるようになった由来や理由は?

では何故からくりドームと呼ばれるような蔑称がついてしまったんでしょうか?

 

それには、こんな由来や理由がありました。

 

空調を巧みに操ることで、自分のチーム(巨人)の飛距離を伸ばしホームランを増やしているという噂から、からくりドームと呼ばれるようになりました。

 

からくりとは、古くから使われている言葉で、動くための仕掛けや仕組みのことを言います。

 

ここでは、空調操作のことを、からくりと指し、からくりドームという蔑称がつけられました。

 

しかし、これらのことは、単なる噂の話で、実際に空調によってボールが飛ぶのか?実際に空調を操作しているのか?は証拠がないというのが事実です。

 

今はあまり見ないですが何年か前、何かの番組で東京ドームで打った阿部慎之助選手の打球がありえないところから浮き上がっているVTRを見たことがあります。

 

打球にドライブがかかっていた!と言われれば、それまでですが

 

空調操作により浮き上がった!と言われれば!?というような浮き上がり方でした。

 

からくりドーム信じるか信じないかは、あなた次第です。

ドームランとは?

この言葉もよく聞く言葉と思います。みなさんも一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ドームラン!

 

その名前のごとく、ドームとホームランを合体させた言葉となっています。

 

ドームランの意味ですが

 

東京ドームで放たれる、東京ドームならではのギリギリに入ったホームランのこと。

 

ぶろ太
えっ!そんな打球でホームランになる?甲子園やったら、ただの外野フライやん!

 

ってくらいの打球でもホームランになるために、名付けられました。

 

なので、非力なバッターでもホームランが出やすく

 

いまだかつて、ホームラン打ってないバッターやピッチャーでさえも、柵越えすることが多々あります。

 

逆にピッチャーにとっては、不利な球場といって間違いないです。

 

ピッチャーは外野フライで打ちとったと思ってホームランだったらショックですよね!

 

実際、そういった状況になって崩れたピッチャーは多いです。

 

なので、バッテリーも東京ドームでは、大きい外野フライも打たれないように気をつかっています。

 

そんなドームランですが

 

元々は、空調操作で自分のチーム(巨人)が攻撃の時に有利に操作して、ホームランを生むこと。

 

を指していましたが今ではギリギリに入ったホームランのことに変わってきました。

ドームランの元ネタや由来は?

ドームランの元ネタや由来を説明すると、

 

東京ドームというのは、アメリカのミネソタ州ミネアポリスのメトロドームがモデルとなって、できた球場である。

 

当事ホーム球場にしていたメジャー球団のツインズ。

 

カズズ
現在はミネソタ・ツインズのホーム球場はターゲット・フィールドです。

 

そのツインズがメトロドームで行われた試合で空調操作を利用してホームランを増やしていた。

 

カズズ
実際にメトロドームで働いていた人が空調操作していたと言ってるみたいですが立証はされていません。

 

という噂が広まった時に

 

メトロドームの空調操作を利用して生まれたホームランが

 

ドームランと呼ばれるようになりました。

 

カズズ
これが東京ドームでいう、ドームランの由来と言われています。

 

このことを受けて、モデルとなった東京ドームも空調操作を利用してホームランを増やしているんではないか?

 

ということが噂され広まっていきました。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は、ネットやTwitterなどのSNSなどでよく聞く言葉

 

からくりドームドームランについて記事を書かしていただきました。

 

東京ドームは、ホームランが入りやすいために、こういった用語が生まれたわけですが

 

バッターは、ホームランが入りやすいから、有利ですが

 

ピッチャーは、打ちとった打球がホームランになってしまったら

 

ショックですよね!

 

逆に言うと、一気に大量得点が入るのでリードしてとも安心できないですよね!

 

バッテリーは東京ドームで試合するときはドームラン対策が必須になってきますね!

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です