安部友裕とは?結婚や子供は?筋肉がすごい?入団拒否って本当?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

2年連続MVPの丸佳浩選手のFAでの移籍が決まった広島東洋カープですが

 

それでもなんとかなりそうなくらい選手層、特に野手の選手層は厚いです。

 

広島カープの野手の中でも、今1番熱い気持ちでいるのがこの安部友裕選手かもしれません。

 

丸選手との因縁のようなものもありますし、2018年シーズンが納得いくものでもなかったと思いますから

 

来年は非常に期待が持てるような気がします。

 

今回はそんな安部友裕選手について見ていきましょう。

安部友裕選手のプロフィール!


氏名   安部 友裕(あべ ともひろ)

生年月日 1989年6月24日 (29歳)

出身地  福岡県北九州市小倉北区

出身校  福岡工業大学附属城東高等学校

身長   181センチ

体重   81キロ

血液型  O

入団   2007年高校生ドラフト1巡目

背番号    6

あだ名  

経歴

福岡工業大学附属城東高等学校

広島東洋カープ(2008~)

応援歌

新しい時代に 今手を伸ばせ 終わらぬ夢の先に 導いてくれ

かっとばせ~ あっべ~

安部友裕選手とは?プロ入り前からプロ入り後の活躍!

安部友裕選手のプロ入り前からプロ入り後の活躍を紹介したいと思います。

プロ入り前の安部友裕選手は?

安部友裕選手は、1989年6月24日生まれです、出身地は福岡県北九州市小倉北区となっていますから、九州男児ですよね。

 

ぶろ太
関西やなかったんかいな!

 

野球を始めたのは小学校の2年生の時からで、現在のように左打ちになったのは中学2年の時のようです。

 

高校は地元福岡大大城東高校に進学しました。

 

2年生の時には名門校で既にレギュラーをつかんでいたのですが、夏の甲子園出場時には、怪我のためベンチを温めていたようです。

 

そして、最後の3年生の夏の県予選の時も足の故障で万全ではなかったようですから、不運としかいいようがありませんよね。

 

しかし、このような怪我や故障が多かったにも関わらず、3拍子揃った屈指の大型内野手として評価され

 

2007年10月3日に当時の高校生ドラフトでカープから1位指名を受け、入団することになりました。

 

プロ入り後の安部友裕選手の活躍は?

入団1年目の2008年シーズンからファームでは49試合に出場するなど活躍を見せた安部選手ですが、1軍での初出場は2011年となります。

 

その後、いろんな選手とのポジション争いに敗れたりもしたのですが

 

2016年シーズンでは主に相手投手が右ピッチャーの場合のサードのスタメンとして起用されるなど115試合に出場し、6本塁打を記録しています。

 

そして、盗塁も数は6個ながら100%の成功率となっています。

 

2017年には、123試合に出場し、規定打席にも到達した上で、打率3割1分、4本塁打、17盗塁を記録し、キャリアハイのシーズンとなりました。

 

さらなる飛躍が期待された2018年シーズンでしたが、不振やケガもありレギュラーシーズン中は不本意な成績に終わりましたが

 

福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズの第3戦の福岡ヤフオク!ドームでの試合では、地元で2本塁打を記録しています。

安部友裕選手のプレースタイルは?ライバルは西川龍馬選手?

そんな安部選手ですが、181センチ81キロの恵まれた身体を持った右投げ左打ちの大型内野手です。

 

カープの内野陣というと、お馴染みの田中選手や菊池選手が二遊間にいるため、主にサードでの出場となりますが

 

セカンドやショートもできるセンスを持っていますし、ここ数年はファーストでの出場もあります。

 

また、外野の守備にもついたことがありますから本当にセンスのかたまりのような選手なんでしょうね。

 

それを支えているのは遠投110メートルの強肩と50メートル5秒8の俊足です。

 

バッティングの方はアベレージヒッターのイメージもありますが

 

高校通算39本塁打だけあって、日本シリーズのようにここ一番では長打、ホームランも期待できます。

 

2017年シーズンにブレイクした安部選手ですが、それまではライバルとのポジション争いに敗れてきました。

 

2013年に菊池選手がセカンドのレギュラーとして定着したのは安部選手とのポジション争いを勝ち抜いてのものですし

 

翌2014年シーズンの後半にはルーキーの田中選手がショートのポジションに定着したのですが

 

この時もショートを守っていたのは安部選手でした。

 

このように、今を時めく、田中選手や菊池選手とのポジション争いに敗れてきたのでした。

 

しかし、2016年シーズンには今度は、ドラゴンズから来たルナ選手の怪我でサードを守ることになり、そのままポジションを取ってしまいました。

 

案外苦労人なんですね。

 

ぶろ太
苦労してるんやな~!

 

この安部選手の現在の主なポジションはサードで、当面のライバルは西川龍馬選手といっていいでしょう。

 

俊足の左バッターということでプレースタイルも似ていますし

 

2018年シーズンこそ、自身の不振やケガもあって遅れをとってしまった感もありますが、来シーズンに期待です。

安部友裕選手は結婚してる?子供は?

安部選手は、2014年の7月に結婚しています。

 

同じ福岡県出身の7歳年上の一般女性がお相手だそうです。

 

安部選手もイケメンだけに奥さんがどのような人か気になるところですが、色々調べましたが名前や画像などは公開されていませんでした。

 

ただ7歳年上の奥さんとは驚きですが、田中将大選手と里田まいさんの例もあって

 

野球選手は奥さんが年上の方が活躍するということもいわれているので、今後の活躍にきたいしたいですね。

 

お子さんができたという情報は今のところありませんが、おめでたい話をはやく聞かせてほしいですよね。

安部友裕選手の筋肉が凄い?

安部選手は、「カープの筋肉マン」と呼ばれたりもしています。

 

実際に150キロのバーベルを使ってトレーニングしている姿が紹介されています。

 

写真等で見ても、その筋肉美は凄いですね。

 

やきゅさん
いい筋肉やのう!

 

どちらかと言うと、パワーより瞬発力がありそうな筋肉という感じがしますね。

 

ただツボに入った時のパワーはハンパないですね。

 

筋肉のタイプ的にはゴリマッチョというより細マッチョタイプですかね。

入団拒否した?

そんな安部選手ですが、ドラフトでカープに指名された当初は入団拒否をしていたとも言われています。

 

それも一度だけかと思いきや、二度もカープからの誘いを断っています。

 

真相は定かではないですが、当時のカープが今のように強くなかったからとも言われていたり

 

両親が反対したという噂もあります。

 

親からしたら、もっと強いチームでの活躍を望んでいたのかもしれませんね。

 

当時のカープはチームも強くなく、年俸も当然ほかの巨人などに比べると見劣りする部分があるので

 

将来のことを考えると年俸の高い球団や地元の福岡が意中の球団だったのかもしれませんね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は広島東洋カープの安部友裕選手について見てきました。

 

安部選手がカープに高校生ドラフト1位指名された年に3位指名で入団したのが丸選手です。

 

丸選手や田中選手、菊池選手の活躍というのには複雑な想いがあったでしょうから

 

その丸選手の跡を埋めるのは、この安部選手かもしれませんね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です