ジュンケイグラブの硬式グローブや軟式グローブを紹介!価格や口コミや評判も

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

職人技という言葉が日本にはあります。

 

これはモノづくりにおいて、精魂込めて1つのモノを作り上げていく、大量生産とは一線を画したものになると思います。

 

野球の世界でも、そんな心意気が生産・供給に携わっているメーカーが、日本には、まだまだあります。

 

奈良県に、野球人の魂とも言うべきグラブを、こだわりに抜いて作り続けているメーカーがあります。

 

そこで作られているのが、ジュンケイグラブです。

 

今回は、そんなジュンケイグラブについて紹介していきたいと思います。

ジュンケイグラブとは?

ジュンケイグラブと言えば、オーダー仕様が有名です。

ジュンケイグラブとは、奈良県の磯城郡三宅町というところにある株式会社 JUNKEI-GLOVEという会社で作られているグラブです。

 

この会社は元々吉田順計商店という名前で昭和21年からグラブやミットの製造、開発を行ってきたようです。

 

少人数の職人さんによる一貫した体制でグラブの生産をされているようです。

 

工場での大量生産と違い、生産にあたる1人1人の職人さんもグラブやミットはおろか野球に対して深い愛情や見識を持っておられるようです。

 

工場での大量生産だと、パーツごとに違った人が作業をしていくわけですから、そこに意思統一のようなものはないですよね。

 

また、多くのプレーヤーとの対話が、今のジュンケイグラブへとつながっているようです。

ジュンケイグラブは基本的にはオーダー?その特徴や効果やメリットは?

プレーヤーの体格やプレースタイル、好みといったものを十分考慮して、1つのグラブを作り上げていくという考え方がベースにあるからです。

 

ただ、どうしてもジュンケイグラブを早く手にしたい人向けに、定番のグラブも用意されているようです。

 

そして、公式サイトでは、ジュンケイグラブを手に入れることのできるお店のことを、その在庫状況とともに紹介してくれています。

 

カズズ
いかに販売店さんとの連携も取られているかということですよね。この当たりも信頼に繋がるような気がします。

 

それでは、そんなジュンケイグラブの特徴について見ていきます。

 

革に対するこだわりは勿論のことで、いわゆる手に吸い付くような、そして使えば使うほど馴染んでいくような感覚と言われることもあります。

 

また、ジュンケイグラブをオーダーする際にはまずは、型を選ぶことから始まるのですが、その型の種類も実に沢山のものが用意されています。

 

特にポケットにこだわっておられるようで、「JUNKEI-GLOVEは あらゆるポジションに対応した 最適なポケット位置にこだわり続けています。 プレーヤーのパフォーマンスを最大限に引き出す 最適なグラブを見つけ出してください。」と書かれていました。

 

カタログから見ていくと、投手用9種類、オールラウンド3種類、内野手用24種類、外野手用9種類、キャッチャーミット2種類、ファーストミット1種類それに少年用2種類が掲載されています。

 

これは、1人1人のプレーヤーに細かく対応されているものです。

 

そして、革や型以外にも、糸、道具、それにグリスにまでこだわり続けておられるようです。

 

グラブの中でも、案外、消耗が激しいのが糸だそうです。ボールの衝撃によって傷んだり、キレたりするようです。

 

ジュンケイグラブでは、この糸にアラミドと言われる耐久性のあるものを使っていて、これは特許も取得されているようです。

 

また、通常グリスと言うと、裏革の接着剤として使われたりしますが、ジュンケイグラブでは、グリス本来の役割でもある革に油分を与えるという面に注目し、創業当時使われていた、伝説のグリスを蘇らせて、メンテンンス用にも使われているようです。

 

カズズ
そんなジュンケイグリスについてはコチラの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ジュンケイグリスJG-01を紹介!使い方や効果や評判は?伝統のグリスの歴史は?

限定カラー(アズキ、コイアイ、キキョウなど)もあるの?

また、ジュンケイグラブは幅広いオーダーに対応してくれているのですが、通常カタログに掲載されているもの以外にも限定のカラーが登場することがあります。

 

最近だと、アズキやコイアイ、キキョウといったものがありました。

 

アズキは文字通り、いわゆるレッドでもブラウンでもない小豆色、キキョウは桔梗の花を思わせるような鮮やかな紫がかったブルー、それにコイアイはデニムをイメージさせるような藍色となっています。

 

他にもクリスマスバージョンということで、トナカイに引かれたソリに乗ったサンタや雪の結晶があしらわれたものがあったようです。

 

カズズ
このような細かい部分にまで、対応できるところがジュンケイグラブの凄いころですよね。

 

ジュンケイグラブには硬式用と軟式用があるの?定番のラインナップは?

通常、グラブというのは硬式用、軟式用に分けられていて、軟式用というと、革の質や工場や作り手なども硬式用よりもワンランク下のものといった扱いがされ、その分値段もずいぶんと違ってきます。

 

しかし、ジュンケイグラブでは全てのグラブを最高の品質で作りあげていくという考え方があり、軟式用というよりは軟式仕様ということで、硬式と同じ作りのものを軟球に対応するために変えていったものになります。

 

ですから、社会人等軟式のトッププレーヤーにも高く評価されているそうです。

 

ジュンケイグラブはオーダー対応のものが有名ですが、定番のものも用意されていますから紹介していきます。

【型付け加工無料】【ジュンケイグリスJG-01をプレゼント中】【新定番アラミドシリーズ】ジュンケイグラブ JUNKEI-GLOVE 硬式用グラブ 投手用 JG-1112A レディッシュオレンジ
created by Rinker

 

スタンダードシリーズ

スタンダードシリーズは中学硬式から本格的にスタートする選手向けということになっています。

 

投手用1種類、内野手用2種類、外野手用1種類、それにユースモデルが3種類用意されています。

 

本体のカラーはブラック、レディッシュOR、キャロットがあるようです。

 

アラミドシリーズ

アドミドシリーズはジュンケイグラブが特許を取得している強靭なアドミド糸を使用したもので、ラベルにはアドミドシリーズ専用ラベルが使用されます。

 

こちらは、投手用1種類、内野手用3種類、外野手用1種類、それに捕手用ミット1種類、一塁手用ミット1種類がランナップされています。

 

こちらも本体のカラーはブラック、レディッシュOR、キャロットがあるようです。

 

セレクト和牛

ジュンケイ JUNKEI-GLOVE セレクト和牛 硬式内野手用グラブ JG-601A 右投用 硬式野球 内野手 大人 一般 店舗別注 アクトオリジナル
created by Rinker

また、限定で発売されたものとして、セレクト和牛というシリーズがあります。

 

これは、2016年に70周年記念モデルとして発売された和牛シリーズに基づいたものになります。

 

通常、和牛は「薄い、硬い」という特徴があり、ミット系に使われることが多かったようですが、ジュンケイグラブでは革の段階で質、厚みにこだわったものを選び、内野グラブに適した風合い・硬さの革になめしたものを使って生産された特別なものです。

 

また、本体と同じ革から作られた、レザーエンブレムが使用されていて、ほつれる事なくグラブとともに風合いを増していく、育っていくもののようです。

ジュンケイグラブの価格や口コミや評判は?

では、そんなジュンケイグラブの価格等について見ていきます。

 

まずはカタログから見ていきますが、オーダーの場合、基本的には次のようになっています。

 

オーダーの場合

  • 硬式・軟式仕様スタンダードシリーズグラブミット  60,000円プラス消費税
  • 硬式・軟式仕様アドミドシリーズグラブミット  63,000円プラス消費税

 

また、定番のものについては、次のようになっています。

 

オーダー定番

  • スタンダードシリーズ 49,000円プラス消費税
  • アドミドシリーズ 52,000円プラス消費税

 

次に、楽天市場でジュンケイグラブの製品を探してみると、次のような感じになっていました。

 

楽天などでは

  • 硬式スタンダードシリーズ 38,500円から53,900円(税込み)
  • 硬式アラミドシリーズグラブ 57,200円から69,300円(税込み)

 

軟式用についても同じような価格帯となっていました。

 

カズズ
リンクを貼っておきます。リンク先には硬式や軟式、ポジション別、少年用などがありますので確認してくださいね。
【型付け加工無料】【ジュンケイグリスJG-01をプレゼント中】【新定番アラミドシリーズ】ジュンケイグラブ JUNKEI-GLOVE 硬式用グラブ 投手用 JG-1112A レディッシュオレンジ
created by Rinker

 

また、ジュンケイグラブについては、ネット上でも、「最高の革を使っているため、使い込んでいくうちに、手の形にあってくる。」「こだわりにぬいていてかっこいい。」「男のロマン」といった声がありました。

 

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はジュンケイグラブについて見てきました。

 

確かに野球人にとっては、グラブはロマンであり、所有欲を満足させてくれるものでもあります。

 

もちろん、その性能や耐久性等に裏打ちされたものでなくてはいけないと思いますが。

 

グラウンドなどでも、ついつい他人のグラブが気になってしまうのは仕方がないことですよね。

 

そんな時、ジュンケイグラブを持っていれば、それだけで注目され、なんだか優越感に浸れそうな気がします。

 

もちろん、定番商品でもジュンケイグラブの良さは味わうことができるでしょうし、思いっきりこだわってオーダーしてみたいような気もしますよね。

 

みなさんもぜひジュンケイグラブを検討されてみてはいかがでしょうか?

【型付け加工無料】【ジュンケイグリスJG-01をプレゼント中】【新定番アラミドシリーズ】ジュンケイグラブ JUNKEI-GLOVE 硬式用グラブ 投手用 JG-1112A レディッシュオレンジ
created by Rinker

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です