【ロープトレーナー自作】作り方や材料など詳しく紹介します!

どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

ロープを使ったトレーニングと言うと、フィジカルな筋トレの世界でも最近注目されています。

 

しかし、野球の練習器具の中にも、同じようにロープを使ったものがあります。

 

ロープトレーナーと呼ばれるものがそれです。今回は、そんなロープトレーナーの自作について、紹介していきます。

 

家での自主練にはとても役に立つものだと思いますから、参考にしてくださいね。

そもそもロープトレーナーとは?

最初にロープトレーナーについて簡単におさらいしておきます。

 

ロープトレーナーは、アメリカ発の練習器具です。

 

MLBで殿堂入りを果たしたジョン・スモルツという方が開発に携わったもので、ボールにロープ状のものを取り付けることが出来るようになっています。

 

シャドーピッチングの際に使うのですが、肩や肘に負担をかけない正しいフォームを身に付けるとともに、インナーマッスルを鍛えるのにも役立つと評判のものです。

 

スモルツさんが故障に悩まされた経験が、この商品の開発のきっかけとなっているようです。

 

ボールを投げる際の動作の中で、故障に繋がりやすいものとして、身体の後ろで肘を抜いてくる動作があります。

 

これは、少し前まで、特に日本では当たり前のように指導されていたものですが、肩や肘に大きな負担がかかります。

 

そのフォームでロープトレーナーを使ってシャドーピッチングをすると、頭の後ろにロープが当たってしまいます。

 

それが、身体の横の無理のないポジションで自然なテークバックをすると、ロープが頭に当たることなく、腕をスムーズに振り切ることができます。このような自然なフォームを体感し、身に付けることができるようにと開発されたのが、このロープトレーナーです。

 

ロープは取り外しが出来て、本数を変えることで、負荷を調整できるようになっています。

ロープトレーナーって自作できる?

では、そんなロープトレーナー、勿論、購入することもできますが、自作することも可能です。

 

市販されているロープトレーナーは、ボールにロープをはめ込む、取り外しも出来るように作られていますが、自分で作る場合は、ボールにロープをくっつければいいことになります。

 

特殊な材料等も必要ありませんから、自作してみるのもいいかもしれませんね。

ロープトレーナーの作り方は?材料は?

それでは、ロープトレーナーの作り方について見ていきます。

 

材料は、ボール、そしてロープです。あとは、工具として、穴を開けるための、電動ドリルが必要となりますが、DIYを楽しまれる方などは、ご家庭でお持ちだと思います。

 

作り方もとてもシンプルで、まずはボールに穴をあけます。

 

この時、使うボールは、硬球でも軟球でも、どちらでもいいと思いますし、勿論、使い古したものでも大丈夫です。

 

ボールの両端に2か所穴を開けて、あとはそこにロープを通します。

 

片方で結び目を作って止めて、カットして、残りの方を適当な長さに切ります。そして、そこに同じようにロープを何本か編み込む、結びつければ自作のロープトレーナーの出来上がりです。

 

カズズ
あとから追加するロープの本数などによって、負荷を調整することも可能となってきます。

 

ロープトレーナー自作の材料はAmazonでも手に入る?

ロープトレーナーを自作するための材料は、ホームセンターなどにもありますし、勿論、Amazonなどの通販サイトでも手に入れることができます。

 

カズズ
まずはロープです。なお、価格等は2021年7月1日現在のAmazonでのものとなっています。

 

クレモナロープ 12mmx5m 両端テープ止め 1,900円

そして、ボールですが、勿論、使い古したもので大丈夫ですが、ちなみに硬式の練習球は次のようなものが販売されています。

 

GP (ジーピー) 野球 硬式ボール 練習球 天然皮革 580円

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

シャドーピッチング用のロープトレーナーの自作について見てきました。

 

今回は、ホンモノのロープトレーナーにできるだけ近いものを、そして持った感覚を大切にするためにロープと硬式球を使ってみましたが、他のもの、例えば、テニスなどでゴムを紐がついたセルフ練習用のボールなどでもアレンジ次第では、その効果の一部を確かめることができるかもしれませんから、その作る過程も楽しんでくださいね。

 

ぶろ太

家に代用するものがあったらそれでもいいしな!

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です