ミズノレベルスイングバーとは?使い方や練習方法は?効果やメリットも!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

今回は野球ギアを紹介したいと思います。

 

その名もレベルスイングバーです。

 

レベルスイングバーは、あの有名なミズノ社製のバッティングトレーニングギアのひとつで、一目見たら

 

ぶろ太
なんじゃこれ!めちゃ長いやん!如意棒かこれ!?

 

とインパクト絶大のトレーニングギアです。

 

今回はそんなミズノのレベルスイングバーについて見ていきます。

ミズノ レベルスイングバーとは?


レベルスイングバーは、自然とレベルスイングが身につくような練習器具です。

 

バットというか長い棒状のものの先に少し太くなったヘッド部分がついています。

 

野球のバットと同じような感覚を出すために、グリップエンドがついているのも特徴となっています。

 

長さは、約1.5メートルほどあって、重さは約615グラムとなっています。

 

本体部分の素材はFRPで、ヘッド部分にはEVA発砲という素材が装着されていて重さを感じることができるようになっています。

 

また、このヘッド部分の素材は、柔らかいものなので、長いものを振り回す際の安全面への配慮ともなっています。

ミズノ レベルスイングバーの使い方や練習方法は?

レベルスイングバーの基本的な使い方や練習方法は、このレベルスイングバーを振ることになります。

ぶろ太
そのままやん!www

通常のバットに比べてかなり長いものなのですが、同じようにスイングするつもりで、ゆっくりと振っていきます。

 

また、スポンジボールなどでティーバッティングをすることもできます。

 

かなり長いものを振ることになりますから、手だけでスイングすることはできません。

 

そして、先についたヘッド部分が重しのような役目をしているので、ヘッド部分が下がらないように意識しながら振っていく必要があります。

 

カズズ
イメージしやすいようにコチラに詳しい動画がありましたので紹介しておきますね。

 

効果やメリットは?

野球のスイング軌道には大きく分けて3つあると言われています。

 

昔は、よく推奨されていた上から叩くようなダウンスイング昔は否定的な見方が多かったですが最近はMLBのフライボール革命などの影響もあって見直されている、すくいあげるようなアッパースイングそして、その中間的な存在のレベルスイングです。

 

こうやって見てみると、野球理論にも流行り廃りのようなものがあり、スイングの場合にもダウンスイングからアッパースイングへとトレンドは変化してきていますが、普遍とも言えるのがレベルスイングです。

 

自分の方に向かってくるボールを打つわけですから、レベルスイングの方がインパクトゾーンが長くとれますから、自分のポイントで芯で打てる確率もあがることになります。

 

しかし、このようなことは、理屈でわかっていてもなかなか、体感できない部分でもあります。

 

そんな時にお助けとなるのが、このミズノのレベルスイングバーのような練習器具です。

 

先ほども少し説明させていただきましたが、レベルスイングバーはかなり長いものを振ることになりますから、手だけでスイングすることはなかなかできません。

 

またヘッド部分が重しのような役目でヘッド部分が下がらないように意識しながら振っていく必要があります。

 

そのようなことを意識しながら、このレベルスイングバーを振っていると自然と身体全体を使って腰の回転でバットスイングができるようになり、またヘッドが落ちない感覚も身に付けることができます。

 

また、重さはそれほどでもないのですが、先端が重い長いものを、ヘッドが落ちないように振っていくため、リストの強化にもつながります。

 

そして、レベルスイングバーは普通のバットよりもかなり長いので、スイングの軌道をイメージしやすいと言ったメリットも。

 

それらが、スイングの強さに繋がり、バッティングのパフォーマンスの向上に繋がっていきます。

坂本勇人選手も使っていた?

実は、このレベルスイングバー、NPBのある有名選手が使って話題になったことがあるのです。

 

2019年シーズンは開幕から36試合連続出塁し、打率、打点、本塁打全てでリーグ上位の成績を維持している絶好調の東京読売ジャイアンツ坂本勇人選手です。

 

坂本選手が2020年には31歳という若さで2,000本安打を達成しそうな天才的なバッターであることは、皆さん、ご存知だと思いますが、その坂本選手が不調に陥った時に、スランプから脱出するために、このレベルスイングバーを使っていたのです。

 

2017年のシーズン終盤、9月の打率が1割台と低迷していた坂本選手は、阪神タイガース戦前の甲子園の室内練習場での練習の際に

 

このレベルスイングバーをタイガースから借りて、専用のスポンジボールでティーバッティングをしたのです。

 

普通のバットに持ち替えた際に、随分とスイングがよくなった感じがしたそうです。

ミズノ レベルスイングバーの値段や評判は?

レベルスイングバーはミズノの公式オンラインショップでは、本体価格6,500円で販売されています。

 

そして、“何回も振っていると、手首が強くなり、スイング軌道がよくなった”というレビューが寄せられています。

 

また、2019年5月17日現在、Amazon primeでは、5,377円という値段で販売されています。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はミズノのレベルスイングバーについて見てきました。

 

ダウンスイングとかアッパースイング、そしてレベルスイングといったスイング軌道を身に作るだけではなく、腕だけでなく身体全体でスイングすることが身につく、そしてバッティングの際に強い打球を打つために必要なリストの強化にもつながるものです。

 

昔から長いものを使ってスイングの修正を行っていたことはありますが、グリップエンドがついていたり、安全面への配慮もしてあってずいぶんと使い安くなっています。

 

今現在バッティングがビミョーって方は、一度試されてみては?

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です