ボークのルールとは?牽制のとき、キャッチャーにもボークが?


どうもみなさんこんにちは。カズズです。今回はボークについて記事にしたいと思います。

 

皆さんはテレビでプロ野球を観戦していて

 

え!

 

って思ったことありませんか?

 

何で勝手に1塁から2塁に進塁してるの?

 

贔屓にしている球団側が守りに入っていて勝手に進塁されてたら

 

ふざけんなよ!!!

 

って思うかもしれませんが、実は勝手にじゃなく、反則行為をしてしまった為に進塁されたのです。

 

それもれっきとした野球のルールなんです。

 

様々あるスポーツの中で、ルールが比較的多く難しいのが野球です。

 

守備側も攻撃側にも様々なルールがあるのですが、特にピッチャーの反則行為となる「ボーク」が非常にわかりにくいです。

 

これからピッチャーを目指す人は、まずどのようなボークがあり、何に注意しなければいけないのかを知っておきましょう。

ボークになるとどうなるの?

ランナーがいるとき

ボールデットとなって各ランナーは1つ進みます。

 

ただしバッターがそのボールで出塁した(ワンベース以上)の場合はボークは、なかったものとされる。

ランナーがいないとき

反則投球となってボールカウントが一つ増えます。

 

ただしバッターがそのボールで出塁した(ワンベース以上)場合は結果が優先される。

セットポジションを完全静止しないで投球モーションに入るとボーク

ピッチャーは、セットポジションで完全静止しなければいけないというルールがあります。

グローブの中にボールを入れた状態で一度静止する必要があるのですが

この静止を怠ってしまうとボークを取られてしまいます。

 

プロ野球選手でも稀に見られる反則なんですが、少年野球に比較的多く見られます。

このボークを予防するためにも必要なのが、焦らないことです。

 

ピンチに立たされてしまった時に焦りがでてしまい静止を忘れてしまうことが多いので

焦らずプレイできるように心がけるようにしましょう。

 

また、焦ったとしても静止できるようにするために、一つ一つ動作に区切りをつけることもおすすめです。

 

投球動作を途中でやめてしまうとボーク

ピッチャーは、ピッチャープレート触れた時から一連の流れで投球をしなければいけません。

 

一連の流れの途中で投球をやめてしまうとボークを取られてしまいます。よくあるケースなのが、キャッチャーのサインを2度見するボークです。

 

このボークは、セットポジションに入ってから適応されるのではなく、プレートを踏みサインを見ているところから始まります。

 

キャッチャーのサインを確認した後にセットポジションに入るのですが、もう一度確認しようとして途中で止まったりサイン確認時の体勢に戻ることがあるのですが、これは一連の流れに反した動きになるためボークです。

 

もう一つ、審判でも迷うのが二段モーションです。

 

投球フォーム中に足を上げるのですが、この時に一度止まりそこからさらに上げる投球方法があり、これを二段モーションと言います。

 

この二段モーションは、一連の流れの動作に反してしまうと考えられているためボークを取られてしまいます。

 

ただ、どのくらい止まっているのかにより二段モーションになるならないの判断が分かれてしまうため、ピッチャー並びに指導者にとって難しいルールです。

 

予防するためには、まずキャッチャーのサイン確認が確実にできたところで動き出すことと、二段モーションにならない投球フォームを身につけることです。

 

牽制球に関するボーク

ピッチャールールで難しいのが、牽制球に関するボークです。

 

ランナーの進塁をできるだけ阻止するためにも牽制球や偽投が必要なのですが、ミスをすると進塁されてしまうため危険が伴うプレイでもあります。

 

特にボークをすると、無条件で進塁させてしまいますので、できるだけ避けなければいけません。

 

牽制時は、プレートから足を外さずなおかつ足を塁の方に向けないで投げるとボークを取られてしまいます。

 

プレートを外すことが出来なくても、足が塁の方に向いていれば問題はないので、ボークを取られてしまうことは少ないです。

 

注意しなければいけないのが偽投です。偽投は制限が多く、多少のミスでもボークを取られてしまいます。

 

実は、ピッチャーとしての1塁と3塁の偽投は禁止されています。そのため、ピッチャーではなく野手として行わなければいけません。

 

ピッチャーなのか野手なのかの判断基準が、プレートを踏んでいるのかどうかなため、偽投を行う際にはプレートから足を外す必要があります。

 

焦っている時や冷静な判断ができない時に起こりやすいため、少年野球に非常に多く見られるボークです。

 

予防するためには、偽投する際のプレート外しはオーバーアクションでも良いので、外したことがわかりやすい動作を身につけるようにしましょう。

 

体に動きを覚えさせることによって、冷静な判断ができていない時でもしっかりとプレートを外せるようになるためおすすめです。

 

キャッチャーにもボークがある!

僕もそんなボーク知らなかったんですが

 

あるみたいです!

 

てか僕もボークて……

 

さ…さむい…

 

そのキャッチャーのボークの内容をざっくりいうと

 

打者を敬遠するときにピッチャーがボールを離すまでは、キャッチャーはキャッチャーズボックスの中にいないとボークになる。

 

これらキャッチャーのボークはプロではあまりボークをとられないと思いますが、これからキャッチャーをしようと思ってるアマチュアの方はボークをとられる可能性があるので頭に入れといてもいいと思います。

 

まとめ

ボークすれば進塁させてしまい、試合を決定づけてしまう可能性もあるため、なんとしてでも避けなければいけません。

 

曖昧な動きやボークかもと疑われてしまうようなギリギリの動きは、危険性が高まりますので見直しと改善が必要です。

 

一度ボークを取られてしまったら、試合後に何が行けなくて取られてしまったのかを把握し、速やかに改善できるようにしていきましょう。

 

また、一度もボークを取られていなかったとしても、今後も取られないようにするために、動きの確認と危険性がある動作の改善をしていきたいですね~。

 

それではまた~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です