杉本裕太郎とは?彼女や結婚や子供は?守備の評価は?ラオウって?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

今回は杉本裕太郎選手を紹介したいと思います。

 

この選手は、なんと言っても恵まれた身体の持ち主で身長は190センチで体重は94キロと打ったら打球が飛びそうな体格ですね。笑

 

北斗の拳のラオウとも呼ばれているみたいで、その大きな身体から呼ばれていると思っていたら、北斗の拳のラオウが好きだからみたいですね。

 

チャンスに強く2018年は満塁ホームランを2本打つなど打てば長打が多く、インパクトの強い魅力的な選手です。

 

ではそんなオリックスのラオウとも呼ばれる杉本裕太郎選手について見ていきましょう。

杉本裕太郎選手のプロフィールを紹介!

氏名   杉本 裕太郎(すぎもと ゆうたろう)

生年月日 1991年4月5日 (28歳)

出身地  徳島県阿南市

出身校  徳島県立徳島商業高等学校

身長   190センチ

体重   94キロ

血液型  B型

入団   2015年ドラフト10位

背番号    99

あだ名

経歴

徳島県立徳島商業高等学校

青山学院大学

JR西日本

オリックス・バファローズ(2016~)

応援歌

汎用

杉本裕太郎とは?プロ入り前の活躍とプロ入り後の活躍を紹介!

杉本裕太郎選手のプロ入り前とプロ入り後の活躍を紹介して行きたいと思います。

 

杉本裕太郎選手は、徳島県阿南市出身の右投げ右打ちの外野手です。

 

2019年6月3日現在で28歳で身長190センチで体重は94キロと大きな選手です。

 

小学生から野球を始め、中学では軟式野球をしていました。

 

高校は地元の、徳島県立徳島商業高校に進学し、1年夏にピッチャーとして甲子園に出場します。

 

その後は甲子園には行けませんでしたが高校時代はピッチャーとしてクローザーをしたり、中心選手として活躍したりと、野球選手としては、かなりの経験を積んだ選手と言えますね。

 

その後青山学院大学に進学し、バッターに転向し大活躍を見せます。

 

大学時代は、サイクル安打を達成したり、ベストナインに選ばれるなどの功績。

 

そしてJR西日本に入社し社会人を経て2015年ドラフト10巡目ながらオリックスに指名され入団しました。

 

プロ入り後のルーキーイヤーほ一軍で試合は1試合にとどまりプロ初ヒットもお預け。

 

2年目にプロ初ヒット放ち、しかもそれが先頭打者ホームランという史上3人目の快挙。

 

2018年には、2試合連続満塁ホームランを放つなど強烈なインパクトのある選手です。

 

2019年も6月3日現在で通算5安打を放っていますが、うち4本はホームランという、なんとも長打力が高い選手です。

選手の特徴やプレースタイル!守備の評価は?

杉本裕太郎選手は、そのパワーあふれる長打力が魅力な選手。

 

アウトかホームランかというくらいの選手で、2019年6月3日現在で、通算10安打ですが、シングルヒット1、ツーベース2、ホームラン7、というなんともメチャクチャな成績。

 

しかも満塁ホームランも2連続で放った経験もあるのでアニメのキャラクターのような選手ですね。

 

これが杉本裕太郎選手のわかりやすい最大の特徴です。笑

 

身体が大きいわりに、とても足が速く、守備も堅実でうまい。

 

肩もピッチャーをしていたので、とても良く、イチローや田口壮に匹敵するくらいの評価を受けています。

 

こういう長打力がある選手がいると相手ピッチャーは嫌でしょうね。

 

満塁ホームランもあるので、特にランナーがいる場面での登場は、相手ピッチャーはかなりのプレッシャーでしょう。

 

この魅力をこれからも継続していってほしいですね。

彼女や結婚や子供は?

そんな杉本裕太郎選手ですが、結婚はしているのでしょうか?

 

2019年6月3日現在で28歳ということで、年齢的には、結婚していてもおかしくはない年齢ですが、杉本選手はどうなんでしょうか。

 

調べましたところ杉本裕太郎選手は、2018年12月30日に結婚していたことが判明されました。

 

なので実際結婚していた日にちは、それより前となりますね。

 

12月30日に結婚がわかったときには、披露宴も済ませていて、大阪市内で新婚生活も始まっていた模様です。

 

気になるお相手は、芸能人!?ではなくて、一般の同い年の女性です。

 

お名前などの情報は今のところ出ておらず、子供さんの情報も今のところ出ていませんでした。

 

もう少し結婚生活が落ち着いたら、子供さんの情報もありそうですね。

 

また情報が入り次第追記していきたいと思います。

ラオウと呼ばれる理由は?


杉本裕太郎選手は、ニュースや記事などで度々「ラオウ」と言われたり、表記されることが多い選手です。

 

身長は190センチ、体重は90キロあるので、てっきり身体つきや、プレースタイルがラオウみたいにインパクトがあるので、そう呼ばれいるのだと思っていましたがどうやら違うみたいですね。

 

ラオウと呼ばれる理由は、北斗の拳に出てくるラオウのファンだから、だそうです。笑

 

ラオウが好きな理由は、それくらい強い男になりたいからだそうで

 

ラオウの名言である「我が人生に一片の悔いなし!」と昇天しながら言う名言を座右の銘としてグローブにも刺繍をしているみたいですね。

 

特技も、ラオウの必殺技である剛掌派と言うのですから、かなりのハマりっぷりですね。

 

登場曲も北斗の拳の主題歌であるクリスタルキングの曲を採用しているくらいですからドドドハマりと呼べるくらい好きなんでしょうね。

 

プレースタイルもラオウに匹敵するくらいのパワーやインパクトのある選手と言え、オリックスのラオウと呼ばれるのにふさわしいですね。

 

さらなるラオウっぷりに期待ですね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は杉本裕太郎選手について紹介させていただきました。

 

杉本裕太郎選手は、長打力が魅力的なインパクトのある選手。

 

元ピッチャーで、守備は堅実、肩も強い、足もはやい大きな外野手です。

 

北斗の拳のケンシロウの最大のライバルで義理の兄であるラオウファンであることから、オリックスのラオウと呼ばれ親しまれています。

 

これからもそのラオウのように、インパクトのあるプレーを期待したいですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です