山崎勝己とは?彼女や結婚や子供は?守備の評価や2019の成績や現在は?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

プロ野球選手の中には、生え抜きの選手、いわゆるずっと同じチームで野球人生を終える選手やトレードやFAを行使して他球団に移籍する選手がいますね。

 

もっと出場機会を増やしたい、子供のころからの憧れのチームに移籍したい、金銭面の問題など、選手自身も今よりよい環境で野球できればという思いでFA移籍する選手も多いと思って。

 

今回紹介する山崎勝己選手もそんな選手のひとりです。

 

山崎選手は、福岡ソフトバンクがまだダイエーだった2000年に入団した選手です。

 

2013年オフシーズンにオリックスがFAで山崎選手を獲得、入団にいたりました。

 

今回はそんな山崎勝己選手について紹介していきたいと思います。

山崎勝己選手のプロフィールを紹介!

氏名   山崎 勝己(やまざき かつき)

生年月日 1982年8月16日 (36歳)

出身地  兵庫県伊丹市

出身校  報徳学園高等学校

身長   180センチ

体重   88キロ

血液型  O型

入団   2000年ドラフト4位

背番号    62

あだ名  カツオ

経歴

報徳学園高等学校

福岡ダイエーホークス

福岡ソフトバンクホークス(2001~2013)

オリックス・バファローズ(2014~)

応援歌

土埃に塗れ ホーム守り抜く男 マスク取りいざ勝負 痛打浴びせたれ

山崎勝己とは?プロ入り前の活躍とプロ入り後の活躍を紹介!

山崎勝己選手のプロ入り前とプロ入り後の活躍を紹介して行きたいと思います。

 

山崎選手は、兵庫県伊丹市出身の現在2019年6月1日現在36歳、ベテランキャッチャーです。

 

小学生のころは、あのメジャーで活躍し、現在読売ジャイアンツの中島裕之とバッテリーを組んで全国大会にも出た経験のある、小学生にして、かなりの経験を積んだ選手。

 

中学で硬式野球を始め、高校は報徳学園高校に進み、1年には夏の甲子園に出場するなどの経験も。

 

山崎選手はかなり強肩で、座ったまま二塁に投げるくらい。

 

そんな功績が認められ、2000年ドラフト4位で福岡ダイエーホークス、現ソフトバンクホークスに入団しました。

 

プロ入り後は、ダイエーには絶対的キャッチャーの城島健司選手がいましたので、ダイエーホークスだった4年の在籍期間は1度も一軍昇格もできませんでした。

 

2005年にやっとチーム名が福岡ソフトバンクホークスになり、プロ初安打を放ちました。

 

転機が訪れたのは2006年。城島選手がマリナーズにFAしたのです。

 

正捕手の座を的場直樹選手と争いながら、一軍に定着。

 

盗塁阻止率や打率は悪かったものの、堅実な守備で正捕手の座を奪います。

 

ソフトバンクになってからは、選手補強も積極的で中日から戦力外になった田上秀則選手を補強したり、高谷裕亮選手などが頭角をあらわし正捕手を奪われたり、併用されるなどありました。

 

しかし、2013年までは一軍でもそこそこ出場するくらいの活躍がありましたが、試合に持って出たい、などの理由でFAを行使。

 

2013年オフにオリックスが獲得を発表しました。

 

しかし、オリックスでも正捕手は獲得できずにこの時のオリックスの正捕手は伊藤光選手。

 

2番手に甘んじます。その後、伊藤光選手も横浜DeNAに移籍しますが、若月健矢選手や伏見寅威選手などが頭角をあらわし、正捕手までは至らず現在にいたります。

選手の特徴やプレースタイル!守備の評価は?

山崎勝己選手は堅実な守備と頭脳的なリードが特徴的な選手です。

 

バッティングの方は、少しもの足りない部分はありますが、守備で貢献している選手。

 

同じチームである、西村凌選手いわく

 

山崎選手は、とにかくいろんなことを考える選手でキャッチャーとして頭の中はレベルが違う。

 

そんなリード面は、大胆なところもあるが、ピッチャーの良いところを引き出しつつ、一番打たれにくいような配球を選択する選手。

 

どんなキャッチャーでも、そんなこと考えている選手も多いでしょうが、山崎選手は経験がかなりある。

 

今まで修羅場をくぐってきた選手だからこそ、リード面も光る。

 

今は若いキャッチャー陣に、コーチングしつつプレーしています。

彼女や結婚や子供は?

山崎勝己選手は2006年の12月に結婚されています。

 

お相手は、当時大阪府の吹田市で会社員をされていた野崎明美さんと呼ばれる一般の方です。

 

2003年に友人の紹介で知り合い、そのまま意気投合して結婚にいたりました。

 

当時山崎選手は24歳で、今現在奥さんである明美さんは26歳での結婚。

 

歳上の奥さんで、色々助けてもらったり、相談相手になってもらってたんでしょうね。

 

子供の情報は意外にもありませんので、実際子供がいるかどうかは不明です。

 

またハッキリとした情報が入り次第追記したいと思います。

山崎勝己選手の2019年の成績は?

では山崎勝己選手の今シーズンの成績はどうなんでしょうか?

 

今現在2019年の6月1日現在オリックスの一軍にいるキャッチャーは、若月健矢選手、高城俊人選手、伏見寅威選手です。

 

今現在は3人体制です。山崎勝己選手も、2019年一軍は今現在の時点で3試合ほど登録があっただけ。

 

二軍の試合にもあまり出ず、調整中のようですね。

 

ベテラン捕手なだけに、球団側は選手としては、もちろん、若手の育成や将来の首脳陣候補として考えているみたいですね。

 

まだシーズンも、浅いのでこれから先ベテランの力が必要な時に一軍に昇格するかもしれませんね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は山崎勝己選手について記事を書かせていただきました。

 

山崎選手は2019年6月1日現在で36歳のベテランキャッチャーです。

 

キャッチャーは経験が大事な要素のはひとつで、そういう意味では経験がかなりある選手。

 

若手キャッチャーの育成に、そしてチームが窮地に陥ったとき、必要となる選手。

 

選手としても、指導者としてもこれからのオリックスに重要な選手ですね。

 

豊富な経験をいかして、チームを救ってほしいですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です