三家和真とは?彼女や結婚や子供は?守備の評価は?2019年現在と成績は?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

プロ野球選手になるには難しい、一握りだと言われますが、この選手はまさにそれを痛感させられたんではないでしょうか。

 

千葉ロッテマリーンズの三家和真選手です。

 

三家選手は、広島東洋カープに育成ドラフトと入団しますが、入団後怪我になかされ戦力外に。

 

トライアウトを受けるもオファーは来ず、独立リーグへ入団。

 

入団後もNPBの復帰を目指しながらプレーします。

 

そして2016年千葉ロッテマリーンズの秋季入団テストを受け見事合格。

 

晴れて4年ぶりのNPB復帰となりました。

 

プロ野球選手になるのは難しいですが、なってからも、ずっとプロ野球選手にいられるのって難しいんですね。

 

こんなはそんな苦労人である千葉ロッテマリーンズの三家和真選手について紹介して行きたいと思います。

三家和真選手のプロフィールを紹介!

氏名   三家 和真(みけ かずま)

生年月日 1993年8月13日 (25歳)

出身地  和歌山県和歌山市

出身校  和歌山市立和歌山高等学校

身長   180センチ

体重   80キロ

血液型  B型

入団   2011年育成ドラフト4位

背番号    61

あだ名

経歴

和歌山県和歌山高等学校

広島東洋カープ(2012~2013)

信濃グランセローズ(2014)

石川ミリオンスターズ(2015~2016)

千葉ロッテマリーンズ(2017~)

応援歌

 

三家和真とは?プロ入り前の活躍とプロ入り後の活躍を紹介!

三家和真選手のプロ入り前とプロ入り後の活躍を紹介して行きたいと思います。

 

三家和真選手は、和歌山県和歌山市出身の2019年6月26日現在で25歳の選手です。

 

身長180センチ、体重80キロで右投げのスイッチヒッターです。

 

登録ポジションは外野手ですが、内野も守れるユーティリティプレーヤーです。

 

そんな三家和真選手ですが、中学は地元和歌山市の和歌山市立西浜中学校へ進学し、和歌山キングタイガースに所属して汗を流していました。

 

高校は和歌山市立和歌山高等学校へ進学。

 

1年から頭角をあらわしレギュラーに定着。

 

1年夏には5番ショートのポジションで活躍します。

 

2年夏にはセンターで県大会ベスト4の成績を残します。

 

3年夏には3番センターで活躍、県大会決勝まで進み1対7で負けましたが、智辯和歌山高校と熱戦を繰り広げましたね。

 

春夏甲子園出場はなりませんでしたが、高校のときの活躍が認められ、2011年育成ドラフトで広島東洋カープから4位の指名を受け、育成選手として入団しました。

 

2012年広島時代は、育成選手として体力づくりから専念し、二軍でも試合に出場しましたが、秋にひざの故障。

 

2013年治療に専念しますが、戦力外通告を受けます。

 

三家選手は現役続行を希望、12球団合同トライアウトに参加しますが、オファーはなかった。なのでしばらくのあいだゲーム会社にアルバイトとして働いていました。

 

2014年にBCリーグの合同トライアウトに参加し、信濃グランセローズから1巡目指名を受け入団、52試合に出場もその年で退団します。

 

2015年は同じBCリーグである石川ミリオンスターズに入団、66試合に出場。

 

2016年も69試合に出場し、シーズン終了後に千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプ入団テストを受け結果を残して、見事合格し念願の支配下登録選手として契約。

 

4年ぶりのNPB復帰となりました。

 

ここまで来るには相当苦労もあったでしょうが、その苦労が報われた瞬間でした。

 

2017年は二軍で好調、そして5月21日に一軍登録、23日に代打で一軍デビューを果たしました。

 

一軍ではヒットこそ打てませんでしたが、4試合に出場した。

 

2018年は一軍出場はありませんでしたが、二軍でチームトップの111試合に出場、内外野もこなし、打率.272と奮闘しました。

選手の特徴やプレースタイル!守備の評価は?

三家和真選手の一番の特徴はそのユーティリティ性です。

 

内外野をこなすプレーヤーでしかもスイッチヒッターという特殊な選手です。

 

ユーティリティスイッチヒッターと言いましょうか。笑

 

足は50メートル6秒で俊足です。

 

2018年二軍では111試合に出場し、盗塁は4つ決めていますが、試合数にしては少ないのでもう少し盗塁技術もあげてほしいですね。

 

守備は堅実にこなしますが、二軍でショートの守備では20失策と荒さが残るので、もう少しレベルアップしてほしいですね。

 

若い選手なので、伸びしろはまだまだあると思うので守備面での確実性を磨いていけば、一軍での出場ももう少し見られるのではないでしょうか。

 

バッティングは、ミート力も、パンチ力も兼ね備え非凡なものがあるので期待ですね。

彼女や結婚や子供は?

そんな三家和真選手ですが、結婚しているのでしょうか?

 

まだ若い選手だけに、結婚はまだにしても、彼女と言った情報の情報は出ているのでしょうか。

 

20196月26日現在、三家和真選手は結婚もまだしていませんし、彼女といった女性の情報もありませんでした。

 

やはり、まだ若いですし、しかも一度戦力外になり、はい上がった選手ということで野球のことで精一杯なのかもしれませんね。

 

まわりのライバル達も日々練習に励んでいるときに遊んでいる場合ではないと本人もわかっているのでしょう。

 

まだ一軍で初ヒットもまだですし、とにかく今は一軍で1試合でも多く出場できるように日々練習に励んでほしいですね。

2019年現在と成績は?

2019年6月26日現在は、なんと一軍に帯同しています。

 

今はセパ交流戦が終わりオールスター前の休みですが23日までは一軍に帯同。

 

21日には試合にも出場し、1打数だけですがファーストゴロで、プロ初ヒットはお預けでした。

 

ちなみに二軍成績はこれまで48試合に出場し、打率.263、4本塁打、18打点と好調でした。

 

この調子でいけば、今シーズン中にプロ初ヒットも決めてくれそうですね。

 

期待しましょう。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は三家和真選手について紹介させていただきました。

 

三家和真選手は、一度育成選手として広島に入団したものの、戦力外を受け、再びNPBに復帰した選手です。

 

「あきらめなければ夢はかなう」

 

を実現した選手で、私達が想像できないくらいに、相当努力されたと思います。

 

三家選手のように、私自身も日々の生活の中でこの選手のような努力を見習わなければならないと思った次第です。

 

ユーティリティスイッチヒッターを貫き頑張ってほしいですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です