鈴木大地とは?彼女や結婚や子供は?守備の評価は?ホクロが多い!?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

今回は千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手について紹介したいと思います。

 

鈴木大地と言えば元水泳選手で、1988年ソウルオリンピック100メートル背泳ぎの金メダリストの鈴木大地さんを思い出す人も多いと思いますが、実は水泳の鈴木大地さんにあやかってつけられたみたいですね。

 

同姓同名なだけに、ロッテの鈴木大地選手自身は子供の頃に病院で名前を呼ばれることが恥ずかしかったみたいですね。

 

さすがに金メダリストと同じ名前だったら

 

「ざわざわ…」

 

ってなりますもんね。笑

 

でも今や鈴木大地選手と言えば

 

「野球の鈴木大地」と呼ばれるくらいプロ野球での活躍が著しく目立っていますね。

 

今や千葉ロッテマリーンズに欠かせない存在となっています。

 

ではそんな鈴木大地選手について見ていきたいと思います。

鈴木大地選手のプロフィールを紹介!

氏名   鈴木 大地(すずき だいち)

生年月日 1989年8月18日 (29歳)

出身地  静岡県駿東郡小山町

出身校  桐蔭学園高等学校

身長   175センチ

体重   79キロ

血液型  O型

入団   2011年ドラフト3位

背番号    7

あだ名  だいち

経歴

桐蔭学園高等学校

東洋大学

千葉ロッテマリーンズ(2012~)

応援歌

【1】今こそ羽ばたけ 遙かなる空へ 風になれ大地 ひたむきに進め
【2】大地 力の限り 踏み出せ魂を震わせて 大地 希望の空へ 風を超えて突き進め

鈴木大地とは?プロ入り前の活躍とプロ入り後の活躍を紹介!

鈴木大地選手のプロ入り前とプロ入り後の活躍を紹介して行きたいと思います。

 

鈴木大地選手は、静岡県駿東郡小山町出身の2019年7月23日現在で29歳の選手です。

 

身長175センチ、体重79キロの右投げ左打ちの内野手です。

 

そんな鈴木大地選手ですが、小学校は地元小山町足柄小学校出身で北郷ファイターズに所属。

 

中学は静岡裾野シニアで野球をし、全国大会の経験も持っています。

 

カズズ

中学から、かなりの経験を持った選手ですね。

 

そして、高校は神奈川県の桐蔭学園高校に進学、1年夏からベンチ入りし、2年秋からショートのポジションでレギュラーに定着。

 

高校時代は、念願の甲子園出場はなりませんでしたが、野球人生を歩む中でかなりの経験をこの高校時代で積みあげました。

 

そして東洋大学に進学すると、1年春から東都大学のリーグ戦に出場する。

 

秋季リーグ戦から守備を買われてサードのレギュラーに。

 

2010年春季リーグからは4番と福キャプテンを任され、そこから打撃が爆発。

 

春季リーグで打率.340の記録を残すと春秋連続でベストナインに。

 

4年にはキャプテンに就任し、ポジションはショートに。

 

ショートでも春秋連続ベストナインに輝く。

 

鈴木大地選手が東洋大学に在学中は、リーグ優勝5回と全国制覇4回を経験。

 

それだけではなく、国際大会でも活躍。

 

第5回世界大学野球選手権大会で銅メダルに貢献、第38回日米大学野球選手権大会でもショートや、サードで出場。

 

そんな功績が認められ2011年ドラフトで3巡目で千葉ロッテマリーンズから指名を受け入団に至りました。

 

プロ入り後のルーキーイヤーの2012年は春の一軍キャンプに呼ばれましたが、インフルエンザもあり結局リタイア。

 

それでも6月2日に一軍デビュー。

 

代打の出場でしたが、一軍の試合に出ることができました。

 

そして6月11日には初ヒットも記録し、この年は62試合に出場し、打率.274と好成績を残します。

 

2年目の2013年は、開幕はセカンドでしたが、4月25日からショートのレギュラーとして定着。

 

打撃も開花し、プロ初ホームランも記録。

 

チャンスの強さもあり、ショートとしてベストナインにも輝く。

 

試合も全144試合に出場、ホームランも終わってみれば5本放つなどパワーもみせ、チームの中心的存在となりました。

 

2014年はキャプテンに就任、セカンドやショートを守り全144試合に出場し、打率.287とチームに貢献した。

 

2015年は全試合出場はなりませんでしたが、それでも142試合に出場し、打率.263で6本塁打の成績。

 

2016年も全143試合出場し、ショートでベストナインに輝き1億円プレーヤーにもなる。

 

2017年は守備の負担を減らし、バッティングを重視するために、セカンドにコンバート。

 

見事に11本塁打と2けたホームランと長打力がアップし、守備ではセカンドでゴールデングラブ賞を獲得。

 

全143試合出場も記録。

 

2018年は、選手会長にも就任し、ポジションもセカンドからサードにコンバート。

 

守備は苦戦するものの、全143試合に出場、打率.266でホームランは8本放つ。

選手の特徴やプレースタイル!守備の評価は?

鈴木大地選手の特徴はまず、一軍で試合に出場する計算ができる選手。

 

怪我や打撃不振で一軍抹消を余儀なくされる選手がいる中この選手は、2年目以降ほぼ全試合出場を記録しています。

 

そして打率も.260〜280後半を記録しているのですから、貢献度は高いです。

 

バントもうまいですし、小技もできる選手。

 

守備の方は、堅実で卒なくこなすタイプです。

 

守備範囲は広くはないが、安定感がある。肩も強くはないが送球が正確で安定している。

 

守備はショート、セカンド、サード、ファースト、レフトも経験があり、いざと言うときにはユーティリティー性がきく選手です。

 

足もはやく、50メートルは6秒前半、盗塁技術も毎年あがっていて、2018年は最高となる8盗塁も記録していて、2けた盗塁も目前ですね。

 

キャプテンシーもある選手で、チームに欠かせない存在、そんな鈴木選手ですが、バッターボックスに入る時は必ずあいさつをする。

 

カズズ

打席に入る前もルーティンで高くジャンプしているところも見られますね。

 

野球は子供にも人気のスポーツなので、プロに入っても、こういった礼儀の正しさも見習えお手本になる選手ですね。

⇒3ヶ月で15km球速アップ!?球速が上がらなければ全額返金!? 詳しくはコチラのピッチング・スピードアッププログラムから!!!

彼女や結婚や子供は?

そんな鈴木大地選手ですが、結婚しているのでしょうか?

 

そろそろ中堅選手に、さしかかる選手で、年齢も2019年7月23日現在で29歳と、一般の人なら結婚している人も多いかと思いますが鈴木大地選手はどうなんでしょうか。

 

もし仮に結婚はまだとしたら、彼女と言った情報はあるのでしょうか。

 

野球選手のこういった女性関係や家族構成も気になる人も多いかと思いますので調べてみました。

 

鈴木大地選手は2013年の12月21日に婚姻届を提出しています。

 

なので既婚者ということですね。

 

2014年1月5日に結婚していたことが判明しました。

 

お相手は、東洋大学からの付き合いの一般女性の優香さんという方です。

 

東洋大学3年の2010年5月から交際をスタートさせて、3年7ヶ月付き合ったのちのゴールインでした。

 

馴れ初めは2009年の夏に知人の紹介で知り合いました。

 

鈴木選手自身は、優香さんのことを、いなくてはならない存在で料理面での健康管理や、つらい時などに精神面でも支えになっていることで結婚を意識するようになったみたいですね。

 

やはり、プロ野球選手はあんな大勢の中でプレーするくらいですから、精神的にきついと思いますね。

 

そんな中、優香さんのように心の支えになってくれる人に対して心を動かされたのでしょうね。

 

これからも2人よりそって力を合わせて、良いプレーができるように頑張ってほしいですね。

 

年齢的にも、そろそろ子供の情報もありそうな感じでしたが、今のところはそういった情報はありませんでした。

 

愛犬は2匹いるみたいですが、子供はこれからですかね。

 

また情報が入り次第、追記していきたいと思います。

鈴木大地選手はホクロが多い!?

やはりプロ野球選手は、有名人なのでこういった情報が飛びかいますよね。

 

ホクロなんてどうでもいいやん!

 

と思う人も多いと思いますが、画像を見ると確かに、放っておけないくらいツッコミたくなるんではないでしょうか。笑

 

プロ野球選手で、ホクロが多い選手は、桑田真澄さんを思い出しますが、それをしのぐほどのホクロの数ですね。

 

大小さまざまな大きさのホクロを持っている鈴木大地選手。

 

ホクロの数は96個という噂まで飛んでいます。

 

他の人は、これほどまでにホクロがないので、これをチャームポイントとしてさらに活躍してホクロが多いプロ野球選手のレジェンドとして君臨してほしいですね。

 

そしていつの日か、ホクロの数くらいのホームランが打てるように頑張ってほしいですね。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回は鈴木大地選手について紹介させていただきました。

 

鈴木大地選手は、水泳の金メダリストの鈴木大地選手にあやかって名前がつけられました。

 

今はプロ野球選手の鈴木大地選手も、かなり有名になりましたね。

 

チャームポイントはホクロ。

 

そしてプレースタイルは、バットコントロールが良くスタンドに持っていけるパワーもついてきましたね。

 

奥さんの優香さんとともにこれからもっと良い成績が残せるように、力を合わせて頑張ってほしいですね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です