シンクロ打法とは?効果的なやり方と練習方法教えます!


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

今回は打法についてのお話です。

 

みなさんは、野球でシンクロ打法という言葉はお聞きしたことはあるでしょうか?

 

打法という言葉を使うのでもちろん打者の打ち方を表します。

 

打法には様々な打ち方があり、あの有名な落合博満選手の神主打法や、王貞治選手の一本足打法などがあります。

 

その中で今回紹介させていただくのがシンクロ打法になります。

 

シンクロ打法は野球を始めた頃にまず初めに使っているような基本になるような打ち方になります。

 

シンクロ打法は名前のように、合わせる打ち方で、投手にタイミングを合わせて打つ打法になります。

 

野球をプレーされた方ならわかると思いますが、ピッチャーに合わせてタイミングを合わせろ!と言われたことはないでしょうか。

 

まさに、自然に使っている打ち方であり野球の打ち方の基本になるのです。

シンクロ打法とは?

冒頭でも述べたように投手に合わせてタイミングを取る打ち方です。

 

では、タイミングはどうように取るのかという疑問ですが…

 

投手の投球動作に合わせてタイミングを取るのでは長すぎます、そして投手であればタイミングを合わされないように投球スピードを上げたり、下げたり工夫されます。

 

これではタイミングが計れません。

 

シンクロ打法は投手の投球動作に合わせてタイミングを計るのですが

 

一番重要なポイントは投手が足を上げ、お尻を下げてリリースを行うまでが一番のタイミングを合わせる瞬間になります。

 

何故、そのタイミングなのかというと統計上でも出ているように上記の瞬間はほとんどの投手が同じ時間で投げているのです。

 

そのため、その瞬間のタイミングを合わせることが出来たならタイミングはドンピシャで合うのである。

 

これが、手塚一志さんが発見したシンクロ打法なのです。

 

手塚さんが発見した経緯は江藤智選手のフリーバッティング時に踵でタイミングを計っていたことであったそうです。

シンクロ打法のやり方や練習方法!

次にシンクロ打法のやり方や、練習方法をご紹介していきます。

 

前の目次でも説明しましたが、シンクロ打法とは投手が投げるリリースポイントに合わせ打つ打ち方のことを言います。

 

もちろん、全選手が投手に合わせてタイミングを取りますが、前の目次で述べたように足を上げたタイミングからリリースポイントでタイミングを取るのです。

 

上手くタイミングを取れるようになるにはやはり練習を行うしかありません。

 

それではどのような練習を行うと良いのでしょうか。

 

ご紹介していきましょう。

 

バッティングマシーンではなく投手を要して打撃練習!

シンクロ打法に最も重要なことは、投手に対してタイミングを計るということです。

 

これは、感覚も必要なことです。

 

例えば、初めて野球を行う人が投手が投げるタイミングを計ることができるでしょうか。

 

それは難しいです。

 

ただ、タイミングを計るための練習を行い、感覚が身に着くことが出来ればそれほど難しいことではないのでしょう。

 

投手が足を上げてから、リリースポイントまでの時間は変わらないと出ています。

 

そのため、その時のタイミングを取れるように感覚を身に付けることが出来たならば、どの投手に対しても難しいことではないのです。

 

そして、何故バッティングマシーンでは良くないのか?というのは

 

バッティングマシーンは一定のリズムでボールを投げ込んでくれます。

 

そのため、タイミングを取ることは素人でもできます。

 

やはり、投球動作が違うためバッティングピッチャーを要して行う方が感覚は身に付きやすいとされています。

 

それが全てではありませんが、試合に向けていろんな投球動作のピッチャーに合わせて練習を行うと良いです。

ぶろ太
バッティングセンターでは、あかんのか!

シンクロ打法の効果

どの打ち方でも言えることではありますが、タイミングが合わすことは打撃時にタイミングが合えばボールに力を加えることができます。

 

飛距離も伸ばせます、そして強い打球を飛ばすことが可能になります。

 

もちろんどんな打法でもタイミングを計りますが、ただピッチャーは様々な投法があります。

 

どのように打者のタイミングを外すかを考えて投球をします。

 

一番打者のタイミングを外されない打法がシンクロ打法です。

 

投手の投法に左右されないのである。

 

これが最もシンクロ打法の効果です。

 

そして天才打者と言われた、巨人の高橋監督がいい例です。

 

タイミングを外されているバッティングは少ないです。

 

これは高橋監督が当時現役だった頃の動画を見ていただけたらわかります。

 

高橋監督がタイミングを外されていることは少ないです。

 

是非、シンクロ打法を取り入れようとしている方は高橋監督の打撃フォームを参考にしてみるのが良いです。

 

どんな打ち方でも練習が必要です。

 

練習した者が本番でも勝負強い打撃が出来ることは間違いないでしょう。

シンクロ打法を使う選手達

プロ野球選手ではいろんな選手がタイミングを計って投手から投げられたボールを打っています。

 

その中でもシンクロ打法を使う選手は多くいます。

 

現巨人の監督でもある高橋由伸監督。

 

高橋監督の現役の頃の打ち方は最もわかりやすい、シンクロ打法である。

 

天才打者と言われた高橋監督は踵で投手とのタイミングを計り、ヒットを量産していました。

 

現ヤクルトスワローズの山田選手もシンクロ打法の一人である。

 

タイミングを計るためにバットを回しながら打つ姿がありますが、あれは単に回しているのではなく、ピッチャーとのタイミングを計っていたのです。

 

そして山田選手もトリプルスリーなど活躍をしています。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はシンクロ打法について記事を書かしていただきました。

 

シンクロ打法はプロ野球選手までいくともちろんプロの世界なので打者にタイミングを合わされないように工夫をしている投手が多くいます。

 

しかし、小学生や中学生、高校生までならもの凄く有効な打ち方の一つではないでしょうか。

 

タイミングを取る方法は人様々なので是非、自分に合ったタイミングを取る方法を探してみてはいかがでしょうか。

 

また、プロ野球を見るときもそんな所に注目してみたら面白いのではないでしょうか。

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です