セイバーメトリクスとは?打の指標や誕生の背景と本を紹介!


どうもみなさん!こんにちは!カズズです!

 

みなさんは、セイバーメトリクスってご存知ですか。

 

スペルはSABRmetricsと書きます。

 

metricsとは測定基準などの意味で使われます。

 

そしてSABRとはアメリカ野球学会の略称です。

 

この二つの単語を組み合わせた造語なんですが、ざっくりと訳してしまうと「ベースボールにおける統計学」といったところでしょうか。

 

それでは、今回はイバーメトリクスについて見ていきましょう。

 

セイバーメトリクス誕生の背景!

さて、そんなセイバーメトリクスですが、元々はどんなところからスタートしたのでしょうか。

 

それは1970年代後半のアメリカで、ビル・ジェームズという人物が編み出したと言われています。

 

といっても、彼はメジャーリーグの監督やコーチ、選手あるいはスコアラーといった存在ではなく、もちろん球団職員でもありませんでしたし、アマチュア野球の関係者でもありません。

 

なんと、工場の警備員をしていた人物なんです。

 

ぶろ太
まじか!野球の関係者じゃないんか!

 

そんなジェームズが、愛好する野球のシミュレーションゲームのために編み出したものなんです。

 

そして、愛好家の間で徐々に広がっていったのですが

 

当初はバントや盗塁などを否定し今までのセオリーを無視したものとしてメジャー球団等からは見向きもされませんでしたが

 

後にある球団の成功例から注目されるようになったのです。

 

セイバーメトリクスとは?

では、セイバーメトリクスとは具体的にはどんなものなんでしょうか?

 

ここでは一例として打者に関する指標を見てみます。

 

野球に関するデータというのは、もちろん以前から存在していました。

 

例えば、打者に関しては打率なんて言葉があります。

 

ご存じのとおり、安打数を打数で割ったもので、どれぐらいの打数毎にヒットが出るかといったことを示す数値です。

 

首位打者なんかはこの数字をもとに決められます。

 

しかし、この指標の欠陥は、シングルヒットとホームランが同じように評価されていたり、またヒットと同じような価値のあるはずの四死球を加味していないことです。

 

もちろん、出塁率とか他の指標もありますが、それでもすべての要素を加味しているとは言えません。

 

そこで、これらの数字も加味したうえで総合的な評価しようとしたものがセイバーメトリクスなんです。

 

そして、これらの出塁率や長打率から割り出した打者を評価するための指標が、「OPS」と呼ばれるもので打者の総合的な能力を示す指標として用いられます。

 

同じような考え方が守備や走塁等に導入されています。

 

セイバーメトリクスの本を紹介!

それでは、実際の野球の現場でセイバーメトリクスはどのように用いられているのでしょうか?

 

みなさん、「マネー・ボール」という作品はご存じでしょうか。

 

映画化などもされた実話に基づく作品で、本やDVDなども出版されています。

 

あらすじは、1990年代の後半、オークランド・アスレチックスはGMとして、サンディー・アンダーソンという人物を迎え入れました。

 

しかし、彼は、野球経験のない弁護士出身だった。

 

そんな彼が低予算でのチーム強化のために、用いたのがジェームズの理論、セイバーメトリクスだったのです。

 

後にアンダーソンの後任になったビリー・ビーンもこの考え方を受け継ぎ、そして、プレーオフ進出を果たしたのでした。

 

そしてこの考え方は他の球団にも広がり、ボストン・レッドソックスは2004年には「バンビーノの呪い」とも呼ばれるぐらいの長い低迷期を脱出し、ワールドシリーズチャンピオンとなるのでした。

 

ざーっとあらすじを説明しましたが、野球に興味がある方は楽しんで読むことができるおすすめの本です。

 

セイバーメトリクスはもちろんのこと、球団運営という観点や、色んな視点で野球を楽しむことが出来るのでおすすめです。

 

興味がある方はぜひ読まれてみてはいかがでしょうか?

 

 

また、日本ではテレビドラマ化もされた池井戸潤さんの「ルーズヴェルト・ゲーム」でも同じような話がでてきます。

 

進化するセイバーメトリクス

そんなある種野球に革命的な考え方を持ち込んだセイバーメトリクスですが、もちろん、進化していっています。

 

我々が普段あまり目にするようなことのないデータも用いて、いろんな評価が行われています。

 

例えば、打球の速度や角度、ピッチャーについても球速の他にスピン量といった

 

普段我々が直接目にすることがないような数値を用いて評価が行われたり

 

その他にもビッグデータと呼ばれる膨大な量のデータを用いた分析により

 

守備や攻撃が分析されたりしています。

 

これらは測定技術や統計技術の進化によってもたらされたものですが、今まで漠然と処理されていたものが明確化されることに一役をかっています。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はセイバーマトリクスについて見てきました。

 

セイバーメトリクスは既存の考え方やプレーを否定する部分もあるのは確かですが

 

一方では今までだったら注目されていなかったプレーが見直されたり

 

評価が低かった選手があらためて高い評価を受けるようになったことのも事実です。

 

それが結果として勝利に結びつけば今後も導入や進化がすすんでいくことは間違いないでしょう。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です