野球のハーフスイングとは?判定の基準や野球の規則ではどうなってるの?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

野球でハーフスイングって言葉がありますよね。

 

ぶろ太
ああ!バッターが振ったか、振ってないかっていうあれか!

 

ハーフスイングという言葉は、野球以外でもよく聞きます。

 

例えば、ゴルフなどでも使われます。

 

ゴルフの場合は、ハーフスイングというのは、ボールを打つゴルファーが意図的に行うもので、それによって球筋や飛距離をコントロールするものですが、野球の場合は少し違います。

 

野球で言うハーフスイングは、どちらかと言うとバッターが意図しないようなスイングに対して使われることが多いのです。

 

その判定を巡って、ドラマが繰り広げられる時もあります。

 

それでは今回はハーフスイングについて見ていきましょう。

野球のハーフスイングとは?

野球のスイングは、ピッチャーが投げたボールにバットを当てることを目的として行われます。

 

結果としては、バットに当たるか当たらないかの2つに1つです。

 

当たらなかった場合は、空振りでストライクとなります。

 

一方、打とうとしてスイングをしかけたが、あるいはしようとしたが、途中で止める場合が出てきます。

 

ストライクと思ったがボールだったとか、狙ったボールではなかったとか、タイミングが外されたとか言う場合です。

 

このように途中で止められたスイングのことをハーフスイングといいます。

 

英語では、元々はchecked swingと呼ばれていましたが、最近はHalf swingと呼ばれるようになっているようです。

ハーフスイングの判定の基準は?野球規則ではどうなっているの?

野球におけるハーフスイングについては説明しましたが、では、ハーフスイングかどうかの具体的な判定の基準はあるのでしょうか。

 

まず、野球規則を見てみると、実はこのハーフスイングに対する基準というのはないんです。

 

先ほども述べたようにスイングをするかしないか、そしてバットに当たるか当たらないかということしか野球規則上では存在しないのです。

 

ですから、実際の試合の際には、ストライクかボールかを判定する役割を担う球審にその判断が委ねられることになります。

 

よく言われるのは、バッターの手首が返ったかどうかが1つの判断基準にはなるようですが

 

手首が返らなくても、そのままバットや身体が回ってしまえばスイングとされることがあります。

 

このように、ハーフスイングの判断は非常に微妙なものがあるので球審の独断ではなく、塁審の意見を聞くことが許されています。

 

球審がスイングしていないという判定をしたときに塁審に確認を求める権利が守備側には認められています。

 

そして、そのような場合には、その判断を球審に一任することになります。

 

よく球場やテレビ中継などでも、球審が1塁や3塁の塁審に向かって手を差し出し、そして塁審がアウトやセーフのジェスチャーをしている場面を見かけると思います。

 

下記の動画みたいな感じですね。

アウトの場合はスイングした、セーフの場合はスイングしていないという判定になります。

 

スイングがどこまで行われたかが見やすいように、右バッターの場合は1塁の塁審に、左バッターの場合は3塁の塁審が判断することになります。

 

現在の野球では、ビデオ判定をリクエストすることができますが、ハーフスイングは結果としてはストライクかボールかを判断することになりますから、リクエストの対象外となります。

ハーフスイングをスローで見てみると?ハーフスイングを巡ってこんなドラマがあった?

よくテレビなどでは、ハーフスイングの場面がスローで再生されることがあります。

 

こうやってスロー再生されたものを見てみると、スイングでないという判定がされたものも含めて、だいたいのハーフスイングはスイングしているようにも見えますね。

 

やはり、ピッチャーが投げるボールを打ち返すには相当早い時期から動作を開始しないといけないですし

 

強いスイングを心がけないといけないですから、スイングの動作に入れば途中で止めてしまうというのは、困難なことなのでしょうね。

 

あとハーフスイングを巡ってはこんな珍事がありました。

 

1981年8月15日の東京ヤクルトスワローズと読売ジャイアンツの試合で、ジャイアンツのバッター松本選手のハーフスイングに対して、ストライクの判断が下されました。

 

しかし、そのボールをキャッチャーが逸らしたために、振り逃げで松本選手は1塁に出塁してしまったのです。

 

このプレーに対して、ヤクルトの当時の武上監督が、スイングではないのではないかという抗議を行い、この抗議が認められて、ストライクからボールという風に判定が覆ったのです。

 

つまり、振り逃げでの出塁は取り消しです。

 

ただこのあと松本選手がホームランを打ってしまうというオチがあったのですが。

 

ぶろ太
すっげーオチやな!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はハーフスイングについて見てきました。

 

特にスリーストライク目などは、アウトになるかどうかがかかっていますから、バッターはなんとかスイングでないように見せようとします。

 

その努力は、傍目で見ていると面白いですし、そのアピールが上手な選手もいますよね。

 

他のスポーツと違って野球のハーフスイングを巡っては、そのようなドラマが繰り広げられるのです。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です