イースタンリーグとは?今現在のの参加球団は?イースタンリーグについて


まいど!どうもこんにちは。カズズです。

 

今回の記事の内容はプロ野球二軍リーグのイースタンリーグについて記事にしたいと思います。

 

イースタンリーグとはいったいどんなものなんですかね!?

 

ではさっそく行きたいと思います。

 

イースタンリーグとは?

イースタンリーグとは関東よりも北に本拠を持っているチームの二軍でつくられたリーグのことです。

 

カズズ

そもそもイースタン英語で(Eastern)とは東側とか東方のという意味があるのでそこからきているのだと思います。

 

 イースタンリーグの今現在の参加チームは?

北海道日本ハムファイターズ(ファイターズスタジアム)

 

東北楽天ゴールデンイーグルス(楽天イーグルス泉練習場、楽天イーグルス利府球場)

 

埼玉西武ライオンズ(西武第二球場)

 

千葉ロッテマリーンズ(ロッテ浦和球場)

 

読売ジャイアンツ(読売ジャイアンツ球場)

 

東京ヤクルトスワローズ(ヤクルト戸田球場)

 

横浜DeNAベイスターズ(横須賀スタジアム)

 

ちなみに横浜DeNAベイスターズは2000年から2010年のシーズン終了までは湘南シーレックスという名称でした!

 

カズズ
目を閉じ~れば♪笑

 

なぜイースタンリーグ、ウエスタンリーグなのか?

プロ野球一軍はセントラルリーグ、パシフィックリーグに対し何故二軍はイースタンリーグ、ウエスタンリーグなのか?

 

カズズ
この理由はやはり経営の問題で二軍は一軍のようにお金がないため交通費や宿泊費を抑えるために近くのチームと試合を行う!遠征費を抑える目的で東日本と西日本でわかれてるんです。

 

イースタンリーグは一軍と違うところってあるの?

イースタンリーグは一軍と違うところはあるんでしょうか?

 

あるとすればいったいどういうところなのでしょうか?

 

詳しく解説していきます。

 

チーム数の違い!

 

まず、あきらかに違うところがあります。それはセントラルリーグ6チームパシフィックリーグ6チームに対しイースタンリーグ7チームウエスタンリーグ5チームというアンバランスな形になっている。

 

カズズ
なぜそんなアンバランスな形になったかというと、東日本と西日本で本拠地にしている球団が違うからです。皆さん知ってらっしゃる方も多いと思いますが、2004年まではイースタンリーグもウエスタンリーグも6球団でした。しかし経営不振だった近鉄とオリックスが合併しオリックス・バファローズができたことでウエスタンリーグが5球団に、新たに東北楽天イーグルスができたことにより7球団に!!

 

このことにより今現在はイースタンリーグ7チームウエスタンリーグ5チームというアンバランスな形となっている。

DH制

 

DH制についても違うところがあります。それはイースタンリーグに所属している7チームのなかで、一軍がパ・リーグが主催(楽天、ロッテ、日ハム、西武)する試合はDH制となります。

ロッテ×巨人(試合会場:ロッテ浦和球場)はDH制採用となる。

 

イースタンリーグの所属している7チームのなかで、一軍がセ・リーグが主催(巨人、ヤクルト、DeNA)する試合も2009年にDH制を採用することが可能となりました。

 

セ・リーグが主催の場合はDH制にするかしないかは、試合ごとに各チームに任されます。

 

巨人×ヤクルト(試合会場:読売ジャイアンツ球場)などの試合はDH制にするかしないかチームで任されます。

 

カズズ
一軍ではセ・リーグではDHはないですが、イースタンリーグでは、セ・リーグに所属しているチームの主催試合でもDH制が採用されてるんですね!

 

その他違うところ

 

その他違うところは延長戦のイニング数です。一軍の延長戦は例外(日本シリーズ1~7戦は15回等)を除き12回までに対しイースタンリーグは原則11回までで再試合などはしないことになってます。

 

あと一軍では無いプロ・アマ交流試合やセミプロの独立リーグのチームと交流試合も(練習試合なのでチーム成績や個人の成績は反映されない)行われています。

 

またイースタン・リーグ チャレンジ・マッチという教育リーグがあるところも一軍とは違うところです。

 

カズズ
延長戦のイニングの違いやプロ・アマ交流試合があったり、教育リーグなんかもあったりして色々1軍との違いがあるんですね!

 

まとめ

 

今回はプロ野球二軍のイースタンリーグについて記事を書かしていただきました。

 

野球観戦が好きな方はプロ・アマ交流試合などがあって一軍の試合とはまた違った感覚で楽しめるのではないでしょうか?

 

イースタンリーグについて思うこと

 

はイースタンリーグ、ウエスタンリーグ共通して言えることなんですがベテランや中堅選手など一軍で活躍していた選手がケガをしたり調子をくずして調子を再びあげるための復活の場であり

 

 

また若手の経験を積ませるための育成の場、教育の場、そして若手にとっては一軍の切符を勝ちとるためのたたかいの場といえるでしょう。

 

ここでいいライバル関係を築き一軍で活躍できる日を夢見て切磋琢磨してがんばってほしいです。

 

今日は記事を読んでくれてありがとうございました~

 

ではまた~!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です