カット打法とは?狙いは?有名な野球選手は千葉選手や中島卓也選手?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

白熱する試合でのピッチャーとバッターとの真剣勝負、力対力の息詰まるような対戦の中には色々な駆け引きが繰り広げられます。

 

そんな中でバッターは自分が打てる好きなボールがくるまでファウルで粘るといったシーンを見かけることがあると思います。

 

ピッチャーがだんだん追い込まれた感じになってくるのが見て取れることもありますよね。

 

今回は、そんな技術、駆け引きの1つカット打法について紹介していきたいと思います。

カット打法とは?

カット打法とは、バッターが追い込まれたカウントで、ピッチャーの投げたボールをファウルする打法のことです。

 

追い込まれているバッターというのは、それまでよりもストライクゾーンを広げて打ちに行かなければいけないですよね。

 

当然、ボール気味の球にも手を出さなければいけません。

 

しかし、これらのボールは簡単にジャストミートしてヒットにすることはできません。

 

また、追い込まれると狙っているのと違うボールでも手を出さないといけないことになります。

 

そこで、登場するのがファウルを打つカット打法です。

カット打法にはどんな狙いがあるの?

カット打法は、ファールを打つことが目的ですが、その狙いは、どこにあるのでしょうか?具体的に見ていきます。

 

四球狙い

簡単にヒットが打てないようなピッチャーの場合は、際どいボールをカットしていると、相手ピッチャーは更に際どいコースに投げたくなりますから、ボールを投げてしまうことになります。

 

それが結果として、四球になり出塁に繋がります。

ピッチャーを消耗させる?

調子のいいピッチャーと対戦すると、簡単には打ち崩すことができません。

 

そこで、ファールで粘ってピッチャーに球数を投げさせることで消耗させて失投を待ったり、ピッチャー交代に繋げるといった戦法もあります。

 

守備をだれさせる?

守備で大切なのはリズムだと言われます。

 

ポンポンと試合が進んで行けば、守る野手も守りやすいですよね。

 

しかし、ファウルで数多く粘られたりすると、野手のリズムが崩れていしまいます。

 

それが守備のエラーに繋がったりもするようです。

カット打法は卑怯と言われることもあるけど選球眼や技術が必要?

クリーンヒットでなくファウルを打つカット打法が簡単かと言えばそうではありません。

 

カット打法でもボール球は見逃さなければいけないですから、もちろん選球眼が必要となってきますし、カットするボールとヒットを狙いにいくボールを瞬時に判断しなければいけないことにもなります。

 

また、ファールゾーンにボールを運ぶためのバットコントールが必要となってきますし、ボールを捉える位置も、普段とは違ってきます。

 

カズズ
このようにカット打法にも相当な技術が必要となります。

 

カット打法で有名な野球選手2人の特徴やプロフィールやエピソードなどを紹介!

ではカット打法で有名な選手について紹介していきたいと思います。

花巻東高校千葉翔太選手

カット打法で色々と話題になった選手と言えば、高校野球ファンなら思い出すのが13年夏の甲子園の花巻東高校千葉翔太選手ではないでしょうか。

 

千葉選手は158センチと小柄な選手で俊足の左投げ左打の外野手です。

 

この大会、2番打者として出場した千葉選手は、追い込まれるとファールを打つカット打法で準々決勝まで15打数10安打、そして5四球という成績を残していました。

 

準々決勝の鳴門高校戦では、千葉選手1人で相手のエース坂東投手に41球も投げさせたのでした。

 

しかし、彼のカット打法が注目されるにつれ、その扱いについて議論が出るようになり、準々決勝が終わると、注意を受けるようになります。

 

内容は、簡単に言うと「バントとみなすかもしれないよ。」というものでした。

 

確かにプロ野球と違って高校野球には、バントの定義とともに、「自分の好む投球を待つために、打者が意識的にファウルにするような、いわゆる“カット打法”は、そのときの打者の動作(バットをスイングしたか否か)により、審判員がバントと判断する場合もある。」という規則があったんです。

 

そして、次の試合で千葉選手はカット打法を封印し、そのせいかどうかはわかりませんが、ノーヒットに終わりチームも破れています。

 

カズズ
その後、千葉選手は、卒業し、日大から社会人野球の九州三菱自動車に進んでいます。

 

北海道日本ハム中島卓也選手!

プロ野球でカット打法の名手と言えば、北海道日本ハムファイターズの中島卓也選手をあげないわけにはいかないでしょう。

 

中島選手は、1991年1月11生まれで2008年のドラフト会議で指名を受けて入団を果たしたのですが、178センチ72キロとなっていますから、千葉選手ほど小柄というわけではありません。

 

しかし、プロ入りまではオーバーフェンスのホームランを1本も打ったことがなく、プロ入り後の通算ホームランも2本と決して長打力に恵まれた選手ではありません。

 

そんな中島選手の持ち味の1つは、巧みなバットコントロールで際どいボールをカットする技術です。

 

2015年、2016年にはファウルの数で両リーグトップだったりもしました。結果、2019年シーズン終了時点で通算打率は2割4分2厘と決して高くはありませんが、通算出塁率は3割を超えています。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

 

今回はカット打法について見てきました。

 

その評価については色々あるかもしれませんが、それも確かな技術であり、駆け引きですよね。

 

高校野球で球数制限が議論されていますが、実施される中では、カット打法が話題に上ることがあるかもしれません。

 

しかし、難しいボールをカットして逃げるというのは、バッターにとって必要な技術の1つであることに違いはありません。

 

そして、それをさせまいとするピッチャーやバッテリーとの間で好勝負を産まれる要素の1つであることは間違いないですよね。

 

今回は記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です