沢村賞の7つの選考基準と歴代受賞者に外国人!?


どうもみなさん!こんにちは。カズズです。

 

今回は野球の表彰の沢村賞について記事にしたいと思います。

 

野球ファンならご存知の方も多いと思いますが、あまり詳しくない人にとっては何の賞なの?となりますよね!

 

今回はその点について取り上げてみました。

沢村賞とは

正式名称は沢村栄治賞といいます。7項目の基準(15勝以上、150奪三振以上、10完投以上、防御率2.50以下、200投球回以上、25試合以上登板、勝率6割以上)があり、選考委員会がシーズン最も優れた先発完投型投手(12球団のうち1名)を決め、その決まった選手に送られる投手タイトルになります。

 

カズズ
ただし必ず7項目クリアしなければいけないという規定はありません。

 

受賞者には金杯と賞金300万が送られます。よく写真やニュースで見かけますよね。

 

カズズ
沢村賞については原則1人ですが、過去の1966年に村山実と堀内恒夫の2人、2003年に井川慶と斉藤和巳の2人が沢村賞に同時に選出されています。

沢村栄治って人の名前?

そうなんです。昔沢村栄治さんという戦前に投手として大活躍していた方がいました。

 

その方は豪速投手として名を馳せており、日米野球でベーブ・ルース選手らから三振を奪った事で話題になりました。

 

その後も色々な記録や賞を得て一躍時の人に。そして更に凄いことに、プロ野球草創期、読売巨人軍(ジャイアンツ)のエースとして3度もノーヒットノーランを達成しています。

 

正直今ではなかなかお目にかかれない名選手ですよね!

 

ただ残念ながらそれも長くは続きませんでした。

 

まだ戦時中だった時代、徴兵時に負傷し引退を余儀なくされ短い野球人生に幕を閉じました。後に1944年、27歳という若さで戦死。

 

そういった事から栄誉と功績を称えて1947年に制定され彼の名前が起用されたそうです。

沢村賞を受賞した選手とは

歴代を辿ると素晴らしい選手ばかりですが、有名ですと、誰しもがわかるであろう、最近息子さんがよくTVに出演されている桑田真澄さん。

 

平成時代の大リーグ選手ですね!元巨人軍で元メジャーリーガーです。

 

PL学園時代、清原和博とのKKコンビで名が知れわたり、プロ入り後は1990年代の読売ジャイアンツ(巨人)を、斎藤雅樹、槙原寛己とともに先発で3本柱の一人として支えていました。

 

投手としては小さな体格ながら、理想的な投球フォーム(特にカーブを得意とする)と、野球に取り組む真摯な態度によって、彼を模範とするプロスポーツ選手も多いですね。

 

ぼく自身、桑田さんの活躍はずっと見てきましだが、本当に素晴らしい選手ですよ。

 

後は海外で活躍している上原浩治投手。

 

1998年のドラフトでは松坂大輔と並ぶ目玉と目されていました。浪人しアルバイトとジムに明け暮れていた日々を経験しています。

 

現・長嶋茂雄終身名誉監督に気に入られ、ドラフトで読売ジャイアンツを逆指名し、メジャーに行くまでは読売ジャイアンツで活躍していました。

 

他にも横浜商業高校を卒業後、西武ライオンズに7年在籍の後に、レッドソックスやメッツへ在籍。今は福岡ソフトバンクホークスに在籍中の松坂大輔投手。ただ、負け数も多かった為か反対意見もあったとのこと。投球数などの評価が受賞の決め手になりました。

 

他にもたくさんいます。井川慶、ダルビッシュ有、金子千尋、湧井秀章、岩隈久志、前田健太、田中将大投手など、有名な方ばかり受賞されていますね!ある程度名選手になった方々はメジャーに挑戦されますが、沢村賞もほんの追加点なのかもしれませんね。

 

今年2017年は、巨人軍に在籍中の菅野智之が受賞されています。

 

ちなみに外国人投手の受賞者はまだクリス・ジョンソンジーン・バッキーの2名しかいないそうです!

 

そう思うと、日本人プロ野球選手は誇らしいです。今後の外国人投手に期待ですね!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?今回は沢村賞について書かせていただきました。

 

近年のプロ野球では、投手の分担で先発完投型が減ってきて200投球回というのは厳しくなっているようです。

 

新たに今年2018年から沢村賞の基準は先発で登板した全試合に占める投球回数7回で自責点3点以内という補足の項目が付け加えられたそうです。

 

でもやっぱり僕的には先発投手は先発完投を目指して毎回投げてほしいですし、200回投球回というのをめざしてほしいと思いますね。

 

次の沢村賞はぜひランディ・メッセンジャー投手藤浪晋太郎投手に期待したいです。

 

今回も記事を読んでくれてありがとうございました。

 

ではまた~。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です